外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

ストロメクトールジェネリック12mgをシェア

糞線虫症・疥癬(人間用)

ストロメクトールジェネリック12mg

高評価商品
1件のカスタマーレビュー
新型コロナによる配送遅延が生じています

【新型コロナウイルス対策】海外で新型コロナウイルスに効果があるとして治験が進められているストロメクトールのジェネリック医薬品です。寄生虫を駆除することができるストロメクトール錠3mgのジェネリック医薬品です。本来は糞線虫症や疥癬の治療に用いるお薬です。

消費期限 2022-12-31
使用対象 人間用
有効成分 1錠にイベルメクチン(Ivermectin)12mg
症状 糞線虫症、疥癬
形状 タブレット剤
内容量 50錠/箱
保管方法 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
ブランドSun Pharmaceutical (サン・ファーマ)

まとめ買いが経済的!

購入数 一箱あたり 販売価格 獲得予定ポイント
¥8,590 ¥8,590 pt
購入数 割引率 一箱あたり 販売価格
3箱 18% ¥6,990 ¥20,970
2箱 11% ¥7,580 ¥15,160
人気 1箱 ¥8,590 ¥8,590

買えば買うほどポイント貯まる 詳細

大量注文のお見積りはこちら

ストロメクトールジェネリック12mgのおすすめポイント

  • 寄生虫に感染するおそれのある海外や地域に行くので不安な方におススメです。
  • 現在先発品を飲んでいるが、安価なジェネリック医薬品をお探しの方におススメ。
  • 新型コロナに感染するおそれがあり、あらかじめお守りとして手元にお薬をおいておきたい方におススメ。

ストロメクトールジェネリック12mgとは

  • ストロメクトールジェネリック12mgは、寄生虫を駆除することができるストロメクトール錠3mgのジェネリック医薬品です。
  • 寄生虫(糞線虫、ヒゼンダニ)に作用し、麻痺を起こし、寄生虫を死にいたらせ、駆除します。通常、腸管糞線虫症、疥癬の治療に用いられます。
  • Sun Pharmaceutical Industries Limited(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。
  • 服用することで糞線虫症や疥癬の治療に用いることができます。
  • また、有効成分のイベルメクチンは新型コロナウイルスに対して治療効果があると報告され、現在日本の北里大学が新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認申請準備を進めています。(出典 : 日刊工業新聞"【新型コロナ】治療薬「イベルメクチン」、北里大が1年以内に承認申請へ" 2020年6月3日)
  • 本来はイベルメクチンは寄生虫の治療薬なのですが、遺伝子の複製阻害やタンパク質生成阻害作用が寄生虫だけでなくウイルスに対しても作用するようで、それによって新型コロナウイルスの数を減らすのだろうと考えられています。
  • 今後先発品のストロメクトールは新型コロナウイルスの治療薬になるかもしれないとして、ジェネリック医薬品のストロメクトールジェネリック12mgも現在注目を集めています。

病院で手に入れる場合

日本では、先発品であるストロメクトール錠3mgを病院から処方してもらうことができます。
50錠分のストロメクトールジェネリック12mgと同じ量を処方してもらうには、ストロメクトール錠3mgが200錠必要です。
日本の病院から、ストロメクトール錠3mgを200錠処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
ストロメクトール錠3mgの価格:1錠671円(2020年4月~)×200錠=134,200円
合計137,700~138,700円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約41,310~41,610円かかります。
ただし、現在は需要が高くなりすぎてメーカーの方で出荷調整がされており、なかなか手に入れることができない状態になっています。

ストロメクトールジェネリック12mgのご使用方法

腸管糞線虫症

  • 通常、イベルメクチンとして体重1kg当たり約200µgを2週間間隔で2回経口投与する。
  • 本剤は水とともに服用する。
  • 患者体重毎の1回当たりの服用量目安は以下の通りです。
    体重(kg):mg数
    15-24:3mg
    25-35:6mg
    36-50:9mg
    51-65:12mg
    66-79:15mg
    80以上:約200μg/kg

疥癬

  • 通常、イベルメクチンとして体重1kg当たり約200µgを1回経口投与する。
  • 本剤は水とともに服用する。
  • 患者体重毎の1回当たりの服用量目安は以下の通りです。
    体重(kg):mg数
    15-24:3mg
    25-35:6mg
    36-50:9mg
    51-65:12mg
    66-79:15mg
    80以上:約200μg/kg

ストロメクトールジェネリック12mgのご使用上の注意

<効能・効果に関連する使用上の注意>

  • 疥癬については、確定診断された患者又はその患者と接触の機会があり、かつ疥癬の症状を呈する者に使用すること。

腸管糞線虫症ってどんな病気?

  • イベルメクチンは寄生虫による糞線虫症の知用に用いられます。
  • 糞線虫症とは寄生虫によって発疹、肺症状(咳嗽、喘鳴)、好酸球増多、下痢、腹痛などの症状を発症します。
  • 治療せずに放置すると、敗血症や化膿性髄膜炎などの合併症などを起こしてしまいことがあります。

保管上の注意

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については薬局や医療機関に相談してください。

使用禁忌・併用禁忌

<次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。>

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。易感染性(HIV感染およびHTLV-1感染も含む)、オンコセルカ症またはロア糸状虫症である。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

ストロメクトールジェネリック12mgの副作用

  • 主な副作用として、吐き気、嘔吐、肝機能異常、かゆみ、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 高熱(38℃以上)、眼の充血、唇のただれ[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]
  • 体がだるい、食欲がない、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]
  • 鼻血、歯ぐきの出血、手足などの皮下出血[血小板減少]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

執筆者/ 参考資料・出典

薬剤師:白鳥勇磨
参考資料・出典

ストロメクトール錠3mgの情報

添付文書

インタビューフォーム

くすりのしおり(日本語)

くすりのしおり(English)

ペットくすりがお得で安心な理由!

  • 100%正規品保証!

    ペットくすりの商品は大手製薬会社の厳しい審査基準を通過した100%正規品。安心してご利用いただけます。

  • 10年以上の運営実績!

    たくさんのお客様に支えられて、ペットくすりは運営歴10年を超えました。個人輸入が初めての方でも豊富な実績が安心を保証します。

  • 発送済み荷物の追跡可能!

    「海外からきちんと荷物が届くのか不安」という方でも、発送済みのお荷物は一つ一つ追跡番号が付き、追跡できるので安心です!

  • 獣医師に無料で相談できる!

    お薬選びや使い方などで迷ったとき、獣医師に「無料で、何度でも」相談できるのはペットくすりだけ!(サービスの詳細はこちら

  • 買えば買うほどお得に!

    ペットくすりでは、一度にたくさん買えば買うほど一箱あたりの金額がお安くなるシステムを取り入れています。まとめ買い・多頭飼いに嬉しい制度!

  • ポイントが貯まる!

    お客様の購入金額に応じて次回使えるポイントが貯まります!購入金額に応じてポイント還元率も増え、とってもお得♪

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 4.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 100.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

80% のお客様がこの商品をオススメしています

一緒にこちらの商品もいかがですか?