バジルガードプラス大型犬用の通販。フィラリア予防ならペットくすり

メニュー

0¥0
ホーム

バジルガードプラス大型犬用

フィラリア
  • ブランド: バジル
  • 在庫: 在庫あり
  • 消費期限: 2019-09-30

※只今、15%オフ期間限定プロモーション実施中!

数量 1つあたり 販売価格
1 ¥3,229 ¥3,229
¥3,798
2 ¥3,060
(19%お得)
¥6,120
¥7,200
3 ¥2,975
(21%お得)
¥8,925
¥10,500
¥3,798 ¥3,798
※上記数量以上の大量注文のお見積りはこちら
安心安全のペットくすり の商品

バジルガードプラス大型犬用のおすすめポイント!

  • 1か月に1回の投与でフィラリアと内部寄生虫の予防と駆除が可能です。
  • カルドメックのジェネリックです。コストを抑えてしっかり予防できます。
  • チュアブル錠なので投与楽々。

商品情報

  • バジルガードプラス大型犬用は1か月に1回投与することでフィラリアだけでなく、回虫や鉤虫の予防駆除ができる薬です。大型犬の薬は金額も高くカルドメックのジェネリック商品のバジルガードプラスでしっかり予防可能です。
  • バジルガードプラスはベーリンガーインゲルハイム社のカルドメックのジェネリックです。
  • 成分はカルドメックと全く同じ、確実にフィラリア症を予防します。
  • 成分は「イベルメクチン」と「パモ酸ピランテル」です。
  • バジルガードプラスにはこの二つの成分が含まれていて、それぞれの作用機序が異なるためにしっかりフィラリアや回虫。鉤虫を駆虫することができます。
  • フィラリア症はフィラリアの子虫を持つ蚊に刺されることで感染する病気です。フィラリアは感染してしばらくの間皮下組織の中を移動しています。
  • その後血管に入り最終寄生場所の心臓を目指しますが、犬の体内にフィラリ子虫が侵入してから血管に入るまでに約1~1.5か月かかります。
  • 1か月に1回バジルガードプラスを投与することで血管にフィラリア子虫が侵入するまでに駆虫することができます。
  • 投与間隔が1か月に以上開いてしまうと駆虫できなくなります。必ず1か月に1回決まった日に投与してください。
  • フィラリア症は感染初期には症状がほぼ出ないために気づくことができません。咳や腹水、コーラ様の尿が排泄されるなどの症状が出た時には末期で治療が困難です。
  • 皮膚につける薬だとしっかり予防ができるのか不安な方、薬を飲むことが苦手なわんちゃんでもドッグフードに混ぜて投与することができます。
  • バジルガードプラスは、フィラリア症だけでなく下痢や血便の原因になる回虫や鉤虫に対しても駆虫効果があります。
  • 回虫や鉤虫は散歩中や公園などで土壌中に混じった虫卵を取り込むなどが原因で感染します。
  • 母犬が体内に休眠状態の回虫卵を持っている場合には胎盤や乳汁を介して子犬に感染することもあります。
  • 内部寄生虫の感染は予防することと定期的に駆虫することが大切です。
  • バジルガードプラスならば予防と駆虫が同時にでき大変便利です。
  • 体重が23~45㎏までの犬用です。それ以上の体重の場合は適切な薬の組み合わせで投与してください。
    ≪例≫
    体重50㎏の犬の場合
    バジルガードプラス大型犬用 1錠
    バジルガードプラス小型犬用 1錠
    それぞれ1錠ずつを同時に投与してください。

バジルガードプラス大型犬用のご使用方法

  • 投与前に必ずフィラリア検査を行い、感染がないことを確認してください。
  • バジルガードプラス大型犬用は体重が23~45㎏までの犬用です。体重を確認して投与してください。
  • 体調不良の時は獣医師の診察を受け、獣医師の判断を仰いでください。
  • 本剤に類似するフィラリア予防薬を投与した際に嘔吐や下痢などが確認された場合は、投与をしてもよいかどうかの判断を獣医師に相談してください。
  • 生後6週間以上の犬に使用してください。
  • 該当サイズを一か月、1個を投与

    • バジルガードプラス小型犬用:11kg以下
    • バジルガードプラス中型犬用:12kg~22kg
    • バジルガードプラス大型犬用:23kg~45kg
    • 45kg以上の犬に対しては、これらのチュアブルを適切に組み合わせて使用してください。

    ※よく噛ませてから飲ませるようにしてください。噛まずに飲み込んでしまう癖がある犬は、予めお薬を砕いて投与することをお勧めします。

    01

    投与前に体重を確認してください。

    02

    1シートに6錠入っていますので、シートから慎重に1錠取り出してください。変質や変色がないかを確認して下さい。

    03

    直接口に入れて飲ませる、フードに混ぜるなどして飲ませてください。砕いても構いませんが、すべて食べたことを確認してください。

    04

    全部食べたことを確認してください。食べ残しがあると予防の効果が期待できません。

    05

    残りの薬は直射日光、高温多湿を避け保管してください。

    動物病院で手に入れる場合

    動物病院でフィラリア予防薬を購入する際には、必ず血液検査を受ける必要があります。動物病院や地域によって費用は異なります。診察料が1000~1500円、フィラリア検査費用が約2000円、フィラリア予防薬代金が2,500~3,000円程度かかります。このフィラリア代金は1錠分ですので、年間で計算すると大型犬ですのでかなりの金額がかかります。

    バジルガードプラス大型犬用のご使用上の注意

    • 本来の目的以外の投与はできません。
    • 定められた量と使用方法を守って投与してください。
    • 投与前には必ずフィラリア検査を行い陰性であることを確認してください。
    • 感染があることを知らずに投与するとショック状態を起こすことがあります。
    • 体重にかかわらず1錠全部を投与してください。
    • コリーなどイベルメクチンに感受性の高い犬種がいます。投与することで神経症状を起こすことがあります。該当犬種のフィラリア症予防薬の投与については必ず獣医師に相談してください。

      ※投与を慎重に行う犬種 

      体内にはP糖タンパク質という物質があり、毒性を持つものなどを細胞外に出す役割を持っています。P糖タンパク質はMDR1遺伝子が生成していますが、この遺伝子の有無が薬の排泄に大きくかかわり、持っていない場合P糖タンパク質がうまく作られず、特定の薬に対して中毒を起こすことがあります。スムースコリー、ラフコリー、シェルティー、オーストラリアンシェパード、ホワイトスイスシェパードなどは、MDR1遺伝子の変異を持つ確率が高いといわれています。イベルメクチンに対する感受性が高く中毒症状を起こす場合があります。
    • 必ず血液検査にてフィラリア感染の無いことを確認した上で与えてください。フィラリアに感染したペットに投与すると、ショックを起こしたり死亡する事があります。
    • ご使用の際に、1つずつ取り出してください。残りの錠剤は箱にもどして保管してください。
    • 直射日光を避け、適切に管理された室内(15度~30度)で保管すること。
    • 小児の手の届かない場所に保管すること。

    命に関わる病気、犬フィラリア感染症とは?

    犬フィラリア感染症は、蚊が媒介する犬糸状虫や犬心臓糸状虫など“犬フィラリア”と呼ばれる寄生虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して発生し、それらの“犬フィラリア”が寄生することで、血液の流れが悪くなり、場合によっては死に至ることもある恐ろしい病気です。

    オーナーの方への注意事項

    • 間違って飲み込んでしまった場合は、必ず医師の診断を受けてください。
    • 投与後は石けんで良く手を洗ってください。
    • 小さな子供さんがいる場合は薬を間違って食べないように注意してください。

    ペットへの注意事項

    • 健康状態に心配があるときは獣医師の診断を受けてください。
    • 検査を受けないでフィラリア予防薬を投与した場合、ショック状態を起こすことがあります。
    • 必ず血液検査を行いフィラリアにかかっていないことを確認してください。
    • 投与後、食欲不振、嘔吐、下痢、ふらつきなどの異常が起こることがあります。少しでも異常を感じたら、獣医師の診察を受けてください。
    • 本剤の投与後に皮膚の痒みや発赤などが見られた場合は早めに獣医師の診察を受けてください。
    • フィラリア予防薬は1か月おきに投与することで予防効果を発揮する薬です。投与間隔が伸びないように決まった日に投与してください。
    • ほかのフィラリア予防薬や消化管内寄生虫の駆虫薬と同時に投与することはできません。

    保管上の注意

    • 小児の手の届かないところに保管してください。
    • 直射日光を避け、高温にならない場所に保管してください。
    • 食品と同じ場所に保管しないようにしてください。
    • 室温が15~30℃で保存してください。

    使用禁忌・併用禁忌

    • コリー犬及びその系統の犬、シェパード系統の犬に対し、イベルメクチンが神経毒性を示す場合があります。この系統の犬に投与する場合は慎重に投与し、投与する前に獣医師の判断を仰いでください。
    • ほかのフィラリアの予防薬、内部寄生虫の駆除薬と同時に投与しないでください。
    • 疥癬やアカラスの治療中でイベルメクチンを投与しているときには使用しないでください。

    関連商品

    バジルガードプラスのラインナップ

    執筆者/ 参考資料・出典

    獣医師: 平松育子
    参考資料・出典

    ペットくすりがお得で安心な理由!

    100%正規品保証!

    ペットくすりの商品は大手製薬会社の厳しい審査基準を通過した100%正規品。安心してご利用いただけます。

    10年以上の運営実績!

    たくさんのお客様に支えられて、ペットくすりは運営歴10年を超えました。個人輸入が初めての方でも豊富な実績が安心を保証します。

    発送済み荷物の追跡可能!

    「海外からきちんと荷物が届くのか不安」という方でも、発送済みのお荷物は一つ一つ追跡番号が付き、追跡できるので安心です!

    獣医さんに無料で相談できる!

    お薬選びや使い方などで迷ったとき、獣医さんに「無料で、何度でも」相談できるのはペットくすりだけ!(サービスの詳細はこちら

    買えば買うほどお得に!

    ペットくすりでは、一度にたくさん買えば買うほど一箱あたりの金額がお安くなるシステムを取り入れています。まとめ買い・多頭飼いに嬉しい制度!

    ポイントが貯まる!

    お客様の購入金額に応じて次回使えるポイントが貯まります!購入金額に応じてポイント還元率も増え、とってもお得♪

    商品情報
    成分 イベルメクチン272mcg、ピランテルパモ酸塩USP227mg
    メーカー バジル
    保管方法 直射日光を避け、適切に管理された室内(15度~30度)で保管
    内容量 6錠
    形状 円形のチュアブル
    カスタマーレビュー
    2 レビュー | 評価 5.0 / 5
    星5つ 100.00%
    星4つ 0%
    星3つ 0%
    星2つ 0%
    星1つ 0%

    100% のお客様が
    この商品をオススメしています

    ※レビューは個人的な意見です。使用する前必ず専門機関で相談してください。

    レビューを書く

    レビューはログイン後に投稿できます。

    click!! --> modal window open