テラマイシン3.5mgの通販。犬猫の角膜炎・結膜炎のお薬ならペットくすり。

メニュー

0¥0
ホーム

テラマイシン3.5mg

角膜炎/結膜炎
  • ブランド: ファイザー
  • 在庫: 在庫あり
  • 消費期限: 2023-01-31

数量 1つあたり 販売価格
1 ¥2,198 ¥2,198
2 ¥2,000
(9%お得)
¥4,000
3 ¥1,900
(13%お得)
¥5,700
¥2,198 ¥2,198
※上記数量以上の大量注文のお見積りはこちら
安心安全のペットくすり の商品

テラマイシン3.5mgのおすすめポイント

  • 緑膿菌を含む広い範囲の病原菌に効果がある2種類の抗生物質が入った、目に直接塗る軟膏です。
  • 犬や猫に多い結膜炎や、目をこすったりして起きる細菌感染からなる炎症などを治療できます。

※現在、テラマイシン3.5mgは、簡易箱にて配送させていただいております。

テラマイシン3.5mgとは

  • テラマイシン眼軟膏は、オキシテトラサイクリン塩酸塩とポリミキシンBという2種類の抗生物質を含んだ軟膏で、直接眼球に塗布するタイプの治療薬です。液体の点眼薬とは異なり、点眼して薬剤が流れてしまうことがなく、しっかりと目の表面に付着して浸透します。
  • オキシテトラサイクリン塩酸塩はテトラサイクリン系の抗生物質で、グラム陽性菌と陰性菌に効果があり、細菌類が必要なタンパク質の合成阻害をすることにより菌の増殖を抑えます。グラム染色による陽性と陰性の違いは、細菌の細胞壁の構造によるもので、グラム陽性菌は紫に染まる菌で、グラム陰性はグラム染色で赤色になる菌の総称です。例えば、犬や猫の感染症で常に問題視されている球菌のスタフィロコッカスは、グラム陽性菌の仲間で、オキシテトラサイクリン塩酸塩で治療が可能です。
  • ポリミキシンBはポリペプチド系抗生物質で、細菌の細胞膜に影響を及ぼして殺菌作用を示します。特に注目すべき点は、薬剤耐性菌として人間の病院でも度々取りざたされているグラム陰性菌である緑膿菌に効果があることです。緑膿菌は、犬や猫の感染症でも常に問題を起こす菌として注意が必要な細菌の1つです。テラマイシン眼軟膏は、こういった動物の感染症で問題になりやすい細菌に効果があります。
  • 犬や猫の場合、人間と異なり、動物同士でじゃれ合ったりして角膜を傷つけてしまったり、茂みに入った折に木の枝に目が触れてしまったり、たまたま目が痒くなってかきむしってしまったり、など、目の病気に非常になりやすいです。また、目に不具合があった場合にはひたすら目をいじったり、目に症状が出やすい感染症もあります。本剤は、このような原因から起こる感染症や結膜炎などに対して効果があります。
  • 犬や猫の目の病気で多い角膜炎や角膜潰瘍は、目の最も外側の膜である角膜の病気です。角膜炎は炎症を起こした状態で、角膜潰瘍は角膜に傷がついてしまった状態で、特に目が出っ張ったタイプの犬(シーズー、パグ、フレンチブルドッグ、など)が何かにぶつかったり、猫同士の喧嘩により爪が目に入ってしまう、といった物理的な刺激が原因の場合や、特に猫でよく遭遇する細菌やウイルスの感染でも症状が出ます。いずれの場合でも、本剤は、二次感染の予防と直接の原因である細菌の繁殖を抑える目的で投与することができます。
  • 人間と同様に犬や猫も結膜炎になることがあります。結膜は眼瞼結膜と眼球結膜に分類されますが、前者は瞼の裏側であり、後者は白眼の部分で、その部位の炎症が結膜炎です。一般に結膜炎と言って想像するのは、おそらく涙がよく出たり、目が腫れぼったい様子だったり、白眼の部分が赤くなっている状態だと思いますが、動物でも全く同じことが言えます。この原因は、角膜炎などと同様に外からの物理的刺激や細菌・ウイルス感染などです。本剤は、そう言った症状に対しても効果が期待できます。
  • 目の症状に応じて、投与する回数や期間が異なりますが、1日2〜 4回程度を目安に塗布します。(獣医師の指示に従って塗布して下さい。)
  • 本剤は人間薬でも有名なファイザー製薬の製品で、世界中で広く使われている信頼された人気商品です。
  • テラマイシン3.5mgの成分情報

    • テラマイシンは3.5mgは有効成分としてオキシテトラサイクリン5mgとポリミキシンB1mgが配合されている軟膏で、ファイザー社が販売しています。
    • 最近感染による目の病気で使用しする眼軟膏です。オキシテトラサイクリン及びポリミキシンBは抗生物質です。
    • オキシテトラサイクリンとは広域スペクトルのテトラサイクリン系の抗生物質です。主に感染症の治療で使用されています。
    • 広域スペクトルといって様々な菌、例えばグラム陽性菌、グラム陰性菌、リケッチア、クラミジア、スピロヘータなどに有効です。
    • 細菌が必要とするタンパク質を合成できないようにするため増殖を防ぐがことができます。
    • ポリミキシンBも抗生物質でありグラム陰性桿菌に対して高い殺菌作用を持ちます。
    • 細菌の細胞膜に結合し構造を変化させ細胞自体を死に追いやります。
    • ただしグラム陽性菌にはほとんど効果を示さないためオキシテトラサイクリンと複合させることで様々な菌に有効となります。
    • 犬猫では細菌感染による結膜炎や角膜炎、まぶたの疾患、クラミジアによる感染に使用されます。
    • 特に猫の目に関してはウイルス性の結膜炎などが多くそれにより角膜が傷つきやすく、眼に異常をきたすことが多いので早めにテラマイシンのような抗生剤を使う必要があります。

    テラマイシン3.5mgのご使用方法

  • 必ず両手を洗浄してから、本剤を扱うようにして下さい。また、処置した後、患部やその周辺から病原菌が広がることがないように、患部などに触れた手は、再度十分に洗浄して下さい。
  • 動物が処置を嫌がる場合には、必ず、抑える(保定をする)人と2人で投与を行いましょう。特に 痛みなどにより処置を嫌がっている場合に、1人で無理な処置をして失敗をしてしまうと、再度処置する際に非常に攻撃的になることがありますので、注意して下さい。
  • 動物が処置を嫌がる場合は、トリーツなどを使って確実に指示された回数の投与をして下さい。
  • 初めて投与する場合には、必ず獣医師や動物看護師の指導を受けるようにして下さい。
  • 01

    箱から本剤を取り出して、未開封であることを確認して下さい。万が一開封されている場合には、使用しないで下さい。この際、先端部分は絶対に直接手で触らないで下さい。雑菌が入る原因になります。

    02

    治療する動物の目の周りに目やになどが付着している場合は、綺麗に拭き取って清潔にします。

    03

    動物を犬座姿勢(お座りの姿勢)にして、軽くマズルを下から掴んで保定します。

    04

    動物は正面から何かを目に近づけることを怖がります。親指と人差し指で軟膏のチューブを持って、その手を動物の頭の後ろの方から近づけます。この際にこの手(小指側)で頭頂部を軽く保定するとよいでしょう。

    05

    マズルを抑えている手の親指、或いは人差し指で投与が必要な目の下瞼を優しく下げてやります。

    06

    下げた瞼に適量(獣医師の指示通りの量)の軟膏を絞り出します。この際に、絶対にチューブの先端が動物に触れないようにして下さい。直接行うことが難しい場合には、綿棒などの先に軟膏を適量載せて、下瞼に載せて下さい。

    07

    軟膏は動物の体温によって溶けて浸透していきます。投与した後は、動物が目を触らないように経過をしっかり観察して下さい。

    08

    ほとんどの場合、目を触らせないためにエリザベスカラーを着用するように獣医師から指示があります。着用指示があった場合には、投与後、すぐに装着するようにして下さい。

    動物病院で手に入れる場合

    動物病院で本剤を手に入れる場合には、まず、診察を受け、目の病気の診断をしてもらうことが必要です。以下に、入手のために必要な費用の目安を紹介します。※本剤は診断が下っていない場合には絶対に投与してはいけない薬剤のため、獣医師の診断は必須です。

    • 初診料 1,000〜1,500円程度(都内一般病院、再診料は半額程度)
    • 検査料 1,500円〜(症状に応じて検査の種類は異なり、値段には幅があります)
    • 眼軟膏 1本 1,500円〜(病院により幅があります)
    • 合計 5,000円程度

    テラマイシン3.5mgのご使用上の注意

    本剤は抗生物質が含まれているため、獣医師の指示に従って治療を終了して下さい。飼い主さんの判断で治療を断念、或いは長期化すると、耐性菌などによる感染が広がる危険があります。

    テラマイシンのチューブを開封したら必ず清潔な指や他の場所に取り患部に接触してください。
    眼軟膏に限らず菌が混入すると、そこで耐性菌ができてしまう可能性があるからです。
    必ず清潔に保つようにしてください。
    また、使用期限が切れてしまったもの、開封してからかなり日が経っているモノに関しては、殺菌効果が薄くなってしまうため新しいものに変えてください。
    使用後は軟膏がついたことにより眼を気にしてしまう犬や猫が多いため、目を地面に擦りつけたり前の手や後ろ足で欠かないように注意してください。
    場合によってはエリザベスカラーを装着すると安全です。
    軟膏を塗ったことにより涙が出たり目やにが増えるようであれば一旦テラマイシンを中止し動物病院を受診するようにしましょう。
    同じ抗生剤の軟膏を塗り続けると耐性菌という強い菌が作られてしまう可能性があります。
    耐性菌を作らないためにも予防的に塗るのではなく必要な時のみ短期間使用するようにしましょう。

    オーナーの方への注意事項

    • 処置前後の手洗いは忘れずに行って下さい。

    ペットへの注意事項

    • 塗布後に異常が認められた場合には、直ちに獣医師の診察を受けて下さい。

    テラマイシン3.5mgの副作用について

    基本的には抗生剤を含んだ目薬のため副作用は少ないです。
    しかしテラマイシンを使い続けていたり、他の抗生剤によって長期的に治療をしていると耐性菌といわれる、通常よりも抗生剤に対して耐性を持っている菌が増えてしまいます。
    耐性菌が増殖すると薬が効かないため症状が悪化することがあります。
    そのまま使い続けても耐性菌が増えるだけなので効果を感じなくなったら中止しましょう。
    また、外用薬全般に言えることですがアレルギー症状が出ることがあります。
    抗生剤が合わない場合に目に赤みやかゆみが生じることがあります。
    物理的に眼軟膏塗った際に眼に違和感を感じて犬猫が目を引っ掻いてしまうことがあります。
    目を引っ掻いてしまうと角膜に傷がついてしまうことがあるため塗布後は注意してください。
    掻かないように見ていたり、眼に神経が集中しないように気を紛らわせたりすると良いです。
    また眼はデリケートな組織なので他の目薬を自分の判断で併用したりするのはやめましょう。
    少しでも違和感を感じた場合は様子を見ず動物病院を受診しましょう。

    保管上の注意

    • 20〜25℃以下で保管して下さい。
    • 小さなお子様の手の届かない場所に保管して下さい。

    使用禁忌・併用禁忌

    • 本剤の成分である、オキシテトラサイクリンやポリミキシンBにアレルギーがある場合には、絶対に投与しないで下さい。

    関連商品

    この商品の類似商品

    執筆者/ 参考資料・出典

    ルブス 理穂 Riho RUBEUS DVM PhD

    ペットくすりがお得で安心な理由!

    100%正規品保証!

    ペットくすりの商品は大手製薬会社の厳しい審査基準を通過した100%正規品。安心してご利用いただけます。

    10年以上の運営実績!

    たくさんのお客様に支えられて、ペットくすりは運営歴10年を超えました。個人輸入が初めての方でも豊富な実績が安心を保証します。

    発送済み荷物の追跡可能!

    「海外からきちんと荷物が届くのか不安」という方でも、発送済みのお荷物は一つ一つ追跡番号が付き、追跡できるので安心です!

    獣医さんに無料で相談できる!

    お薬選びや使い方などで迷ったとき、獣医さんに「無料で、何度でも」相談できるのはペットくすりだけ!(サービスの詳細はこちら

    買えば買うほどお得に!

    ペットくすりでは、一度にたくさん買えば買うほど一箱あたりの金額がお安くなるシステムを取り入れています。まとめ買い・多頭飼いに嬉しい制度!

    ポイントが貯まる!

    お客様の購入金額に応じて次回使えるポイントが貯まります!購入金額に応じてポイント還元率も増え、とってもお得♪

    商品情報
    成分 オキシテトラサイクリン5mg、ポリミキシンB 1mg
    メーカー ファイザー
    保管方法 25℃以下
    内容量 3.5mg
    形状 軟膏
    カスタマーレビュー
    11 レビュー | 評価 4.5 / 5
    星5つ 54.55%
    星4つ 36.36%
    星3つ 9.09%
    星2つ 0%
    星1つ 0%

    90% のお客様が
    この商品をオススメしています

    ※レビューは個人的な意見です。使用する前必ず専門機関で相談してください。

    レビューを書く

    レビューはログイン後に投稿できます。

    click!! --> modal window open