チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg120錠の通販。犬の甲状腺ホルモン剤ならペットくすり

メニュー

0¥0
ホーム

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg120錠

甲状腺ホルモン剤
  • ブランド: ABBOTT PHARMA
  • 在庫: 17 残り僅かです。ご注文はお早めに。
  • 消費期限: 2020-06-30
数量 1つあたり 販売価格
1 ¥2,398 ¥2,398
2 ¥2,200
(8%お得)
¥4,400
3 ¥2,100
(12%お得)
¥6,300
¥2,398 ¥2,398
※上記数量以上の大量注文のお見積りはこちら
安心安全のペットくすり の商品

チロノーム25μgのおすすめポイント

  • 通院の手間なく生涯投与が必要な甲状腺ホルモン剤を購入できます。
  • 体を活動的に保つ甲状腺ホルモンを補充するためのホルモン剤です
  • 世界中で展開している人用医薬品を手がける大手製薬会社によるお薬です

商品概要

  • チロノームはAbbott社という製薬会社から製造されている甲状腺ホルモン剤です。Abbott社は創業から100年以上の歴史を持つ実績ある製薬会社で、日本にも系列会社を置くグローバル企業です。特に糖尿病の治療薬など、代謝性疾患に定評のある医薬品を扱っている人体医薬品会社です。
  • 体を活発に動かすためにさまざまな生理作用を持つ甲状腺ホルモンですが、甲状腺機能低下症ではこの甲状腺ホルモンを体に必要な量産性できなくなります。治療には一生涯にわたる甲状腺ホルモン剤の投与が必要になります。甲状腺ホルモン剤であるチロノームは通販で購入できるため通院の手間、価格を抑えることで継続しやすくなるのが人気の理由です。
  • チロノームは甲状腺ホルモンであるチロキシンを有効成分としています。
  • 甲状腺ホルモンは細胞の分化を促したり、各組織での酸素消費や基礎代謝率を亢進させ体温を保持する働きがあります。さらに糖質・脂質・タンパク質の代謝も促進させ心拍数や心収縮力も増強させます。
  • このように体を活発に動かす様々な働きを甲状腺ホルモンは担っていますが、甲状腺機能低下症になると十分な量の甲状腺ホルモンを産生できなくなってしまいます。
  • チロノームはこの甲状腺ホルモンを補うためのホルモン剤です。
  • 甲状腺機能低下症:甲状腺ホルモンの産生や分泌がなんらかの原因でうまくいかなくなることで、甲状腺ホルモンが足りなくなり様々な症状を出します。
  • よく見られる症状としては寒さに弱くなる:体温を保持する機能が失われるためです
  • 徐脈、血液量減少:聴診時に雑音が聴取されたりすることがあります。甲状腺機能低下症が原因で起きている場合は、ホルモン補充で良くなることもあります。
  • 皮膚の乾燥、フケなどの皮膚症状:皮膚のバリア機能が失われることで生じます。マラセチアなどのカビの感染を起こすこともあります。
  • 様々な症状を引き起こしますが、単純に甲状腺機能低下症が原因の場合はチロノームを使ってホルモン補充療法をすることで上記の多くの症状が1〜数ヶ月かけて良くなっていくので飼い主さんの治療満足度も高い治療法です。

動物病院で手に入れる場合

動物病院で処方を受ける場合は、診察料がかかってきます。病院に行くのが初めてなら初診料(1,000~1,500円)、2回目以降なら初診料のだいたい半額程度がかかってきます。
甲状腺機能低下症は症状が多彩なので、他の様々な疾患との鑑別をする必要があります。そのため最初の検査では超音波検査、レントゲン検査、血液検査をすることが多いでしょう。病院にもよりますがここまでで大体4万円前後かかってきます。甲状腺ホルモン検査は外部の検査機関に依頼するタイプと院内で検査機器が揃っている場合は即日検査できるタイプがあります。
外部の検査機関に依頼するタイプが多い印象で、上記のスクリーニング検査やホルモン濃度の検査、薬品の処方まで合わせると約5万円以上はかかると見ておいた方がよいでしょう。
診断がついた後も血中ホルモン濃度の定期検査は必要になるので、毎回1万円以上はかかると考えられます。甲状腺ホルモン剤だけでも価格を抑えることができる通販での購入は治療を継続する上で重要なメリットです。

チロノーム25μgのご使用方法

  • 甲状腺ホルモン剤は定期的に甲状腺ホルモン濃度を計測しながら薬容量や投薬頻度を変えていくお薬になります。
  • チロノームを投与する際も、かかりつけの獣医師の指示に従って定期的なモニタリングを行い、投与薬容量についてアドバイスを受けてください。
  • しばらく同じ濃度で落ち着いていても、その犬の状態によっては甲状腺ホルモン濃度が高くなったり低くなったりするタイミングがあり、それに合わせて変えていくことが必要になるためです。
01

甲状腺機能低下症と診断できた場合、だいたい体重1kgあたり20μgを1日2回投与から始めて行きます。

02

甲状腺機能低下症は猫ではまれですが、体重1kgあたり10~20μgと言われています。

03

ホルモン補充療法は血中甲状腺ホルモン濃度や臨床症状をもとに投与量を適宜調整する必要があります。

04

獣医師の指示に従い、定期的なモニタリングを実施しながら投薬してください。

チロノーム(チロキシンナトリウム)25mcg120錠のご利用の目安

  • 犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
  • 猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
  • 使用については、血液で甲状腺ホルモンレベルを確認してから決定します。
  • 使用する期間は、症状によって異なります。必ず獣医師にご相談の上、ご利用くださいませ。

ご使用上の注意

  • 甲状腺ホルモンの投与量は血中濃度や症状によって増減する必要があります。投与する際は獣医師のアドバイスを受けてご使用ください。

オーナーの方の注意事項

  • 人体にも作用する甲状腺ホルモン剤ですので、高齢者や小児のご家族がいる場合には誤飲には十分気をつけてください。
  • もし誤飲してしまった場合は、医療機関を受診してください。

ペットへの注意事項

  • 糖尿病の動物へ投与する際は血糖値に影響をおよぼす可能性があるのでご注意ください。
  • 肝機能障害、黄疸が現れる場合があるので異常がみられた場合は投薬を注視して獣医師にご相談ください。
  • 副腎皮質機能低下症の動物では副腎クリーゼを発症することがあるのでご注意ください。血圧の低下、呼吸困難などの症状がみられた場合は速やかに動物病院を受診してください。

保管上の注意

  • 小児や高齢者の手の届かない場所で保管してください。
  • 遮光した上で室温保存してください。

使用禁忌・併用禁忌

  • クマリン系凝血剤:凝血剤の作用を増強することがあります。
  • 交感神経刺激剤:甲状腺ホルモンが交感神経刺激剤の受容体の感受性を増大させる可能性があり心臓へ負担をかける可能性があります。
  • 強心配糖体製剤:吸収率や体からの排泄速度に影響を及ぼす可能性があります。
  • 血糖降下剤:血糖値を変動させる可能性があります。
  • アルミニウム含有制酸剤:消化管の中で甲状腺ホルモン剤と結合し、吸収しにくくなる可能性があります。
  • フェニトイン製剤:甲状腺ホルモンの血中濃度を低下させる可能性があります。

関連商品

チロノーム(チロキシンナトリウム)のラインナップ

執筆者/ 参考資料・出典

新獣医薬理学 第三版 伊藤勝昭 伊藤茂男 尾崎 博 下田実 竹内正吉
参考資料・出典

ペットくすりがお得で安心な理由!

100%正規品保証!

ペットくすりの商品は大手製薬会社の厳しい審査基準を通過した100%正規品。安心してご利用いただけます。

10年以上の運営実績!

たくさんのお客様に支えられて、ペットくすりは運営歴10年を超えました。個人輸入が初めての方でも豊富な実績が安心を保証します。

発送済み荷物の追跡可能!

「海外からきちんと荷物が届くのか不安」という方でも、発送済みのお荷物は一つ一つ追跡番号が付き、追跡できるので安心です!

獣医さんに無料で相談できる!

お薬選びや使い方などで迷ったとき、獣医さんに「無料で、何度でも」相談できるのはペットくすりだけ!(サービスの詳細はこちら

買えば買うほどお得に!

ペットくすりでは、一度にたくさん買えば買うほど一箱あたりの金額がお安くなるシステムを取り入れています。まとめ買い・多頭飼いに嬉しい制度!

ポイントが貯まる!

お客様の購入金額に応じて次回使えるポイントが貯まります!購入金額に応じてポイント還元率も増え、とってもお得♪

商品情報
メーカー ABBOTT PHARMA
有効成分 チロキシンナトリウム25μg(micro g)
内容量 120錠
形状 錠剤
カスタマーレビュー
1 レビュー | 評価 5.0 / 5
星5つ 100.00%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

100% のお客様が
この商品をオススメしています

※レビューは個人的な意見です。使用する前必ず専門機関で相談してください。

レビューを書く

レビューはログイン後に投稿できます。

click!! --> modal window open