アイチュミューン50mgの通販。アトピー性皮膚炎治療ならペットくすり

メニュー

0¥0
ホーム

アイチュミューン 50mg(アトピー性皮膚炎の薬)

アトピー性皮膚炎
  • ブランド: サヴァ・ヴェット
  • 在庫: 入荷待ち
  • 消費期限: 2000-01-01
安心安全のペットくすり の商品

アイチュミューン50mgのおすすめポイント!

  • アレルギー性皮膚炎の辛い痒みを軽減します!
  • 高額なことで知られる免疫抑制剤のジェネリック医薬品なので継続しやすい価格
  • アレルギー性皮膚炎だけでなく免疫が介在する様々な疾患に有効!

アイチュミューン25mgとは

アイチュミューンはシクロスポリンを有効成分とする免疫抑制剤で、アレルギー性皮膚炎の痒みの緩和や炎症性腸疾患(IBD)や免疫介在性血小板減少症など、免疫が関与する様々な病気の治療薬に使われるお薬です。
過剰な免疫反応を抑えてくれる反面、病原微生物に対する免疫機能も低下させるので感染しやすくなるので使用には注意が必要です。
有効成分のシクロスポリンは土壌のカビから発見された物質で、ポリペプチド系の抗生物質の一つです。カルシニューリン阻害薬としてTリンパ球に作用してサイトカインという炎症に関する物質の産生を阻害します。また、サイトカインの指示を受け取る受容体も抑制します。こうした免疫調整作用のほかに、肥満細胞に作用してヒスタミンの放出を抑制したり、免疫細胞に”これが敵です”と知らせる抗原提示細胞のランゲルハンス細胞の機能を阻害します。
アイチュミューンは効果が出るまでに4~8週間かかります。効果が出るまでは毎日投与し、痒みの改善がみられてきたら2日に1回や3日に1回の投与に変えて行きます。
このお薬が有効なアレルギー性皮膚炎はハウスダストマイト(マットレスやカーペットの間に生息するコナヒョウヒダニなどの吸血は行わないダニ)や花粉、カビに対してTリンパ球やそこから産生されるサイトカイン、肥満細胞などの免疫細胞を介して過剰な免疫反応が皮膚に生じ、痒みを伴う皮膚炎症状が見られるようになるとされています。このように日常生活中で普通に存在するアレルゲンが問題となるので、完治することは難しく、アレルゲンを減らす工夫をしたりできるだけ痒みが起きないように免疫機能の調整を行うことで対応していく、一生涯お付き合いしていくことが必要な病気です。
具体的な治療としては免疫抑制療法(ステロイドやシクロスポリン 製剤を使用)、や減感作療法(アレルゲンを特定することができた場合、アレルゲンを少しずつ体内に接種することで免疫の反応を緩やかにしていく方法)、低アレルゲン食(食物に対してアレルゲンがある場合)を組み合わせて進めていきます。
ステロイド剤はとてもよく効くお薬ですが、長期間継続すると副作用が出てきてしまうことがあるのでその代替として比較的副作用の少ないシクロスポリンが使用されています。
アレルギー性皮膚炎は過剰な免疫反応が原因で起きる病気で、先発薬品であるアトピカ はその痒みを緩和するためのお薬として使われます。一生涯にわたって治療が必要な病気ですので、基本的には継続して飲み続けることが重要です。

アイチュミューン50mgの成分情報

アイチュミューンは皮膚などの治療で使われるアトピカのジェネリック薬品です。
成分はシクロスポリンです。
シクロスポリンは1970年に真菌が産生する環状ポリペプチド抗生物質の一つで11個のアミノ酸からなります。
カルシウムニューリンの脱リン酸化酵素活性阻害を介して免疫細胞であるT細胞の活性化を抑制しするカルシニューリン阻害薬に属しています。
シクロスポリンは免疫抑制作用があるので炎症を抑える効果があります。人間でも免疫抑制剤として使用されています。
動物ではアレルギー性皮膚炎などで使用することが多く、それ以外では自己免疫疾患や眼科で使用こともあります。
プレドニゾロンなどのステロイド薬を必要とする疾患ではステロイドの高用量での使用や長期的な使用で副作用が強く出てしまうことがあります。
そのためシクロスポリンはステロイドを減らす目的で用いることが多いです。
しかし短期間で効果がみられるステロイドに対してシクロスポリンは効果がみられるまで時間がかかります。
投薬後2週間から4週間を目安に症状の改善が期待できます。
そのため単独で使用するよりもプレドニゾロンなど他のお薬との併用でより早く効果を確認することができます。

アイチュミューン50mg(30カプセル)のご使用方法

アイチュミューンは免疫を調整するお薬なので、与える量を間違えると病原微生物に感染しやすくなるなどの副作用がみられる可能性が高くなるのでご注意ください。

アイチュミューン(シクロスポリン製剤)は空腹時の投与が推奨されています。ですので食事後2時間に与えることが望ましいです。少量のフードに混ぜて食べさせたり、直接歯茎に塗りつけて投与させます。普通の食事に混ぜて与えると、薬剤の血中濃度が一定せずしっかり効果が出ない場合がありますので必ず投薬は食事後2時間ほど経過した際に与えるようにしてください。
犬を抱っこした状態で人用の体重計に乗り、数値をメモしておきます。そのあと犬をおろして人だけが乗って体重を確認します。最初の抱っこして計測した数値から人だけの体重を引くことで犬の体重を計ることができます。


犬の体重1kgあたり5mgを基準に、犬の体重に合わせて投与します。
アイチュミューンの箱の中身を動画で公開中です。
ぜひ参考にしてください。

わかりやすい!動画でアイチュミューンをチェック!

01

まずお薬を投与する前に愛犬の体重を計測します。

02

体重を測ったら、袋からカプセルを取り出します。

03

1回の投与量は 1個です、8kgから15kg未満の犬では本製品を1錠与えてください。

04

錠剤を口元に持って行き、食べたがらない場合は普段の食餌に小さく切って混ぜて与えて下さい。

05

投与後は必ずお薬をしまうようにして下さい。 ↓

06

投与後は、安静にして数時間は経過を観察して下さい。

動物病院で手に入れる場合

日本の動物病院で手に入れる場合のコストをわかりやすく説明する章(重要):
動物病院で処方を受ける場合は初診料(1,000円〜1,500円程度もしくはその半額程度の再診料)+血液検査(2,000円〜3,000円程度)+免疫抑制剤(病院や期間によります)+抗生剤などが処方される可能性があり、最低でも20,000~40,000円必要になるでしょう。免疫抑制剤は医薬品の中でも高額な薬品であるため、経済的な負担の大きいお薬になります。
アレルギー性皮膚炎は過剰な免疫反応が原因で起きる病気で、先発薬品であるアトピカ はその痒みを緩和するためのお薬として使われます。一生涯にわたって治療が必要な病気ですので、基本的には継続して飲み続けることが重要です。皮膚の状態や血液検査の結果を定期的にチェックしながら薬を減らしたり増やしていくので、量を変えるときや与える日数を変える際は獣医師の指示のもと行なってください。
細菌や真菌(カビ)感染が原因の皮膚炎の場合は本剤の投与で痒みが悪化することがあるので、開始する時も獣医師の指示を受けて投薬を始めてください。悪化などが見られたときや量や投与のタイミングを変えていくときも獣医師に相談してから実施することをおすすめします。

アイチュミューン50mgのご利用の目安

■犬の体重別(体重1kgあたり5mgを基準に計算します。)
アイチュミューン50mg 30カプセルは1カプセル50mgになります。

  • 【4kg以上~8kg未満】:25mg
  • 【8kg以上~15kg未満】:50mg
  • 【15kg以上~29kg未満】:100mg
  • 【29kg以上~36kg未満】:150mg
  • 【36kg以上~55kg未満】:200mg

1日に1回上記の体重に合ったお薬を投与します。
経口で、食前1時間前もしくは食後2時間後に与えましょう。
アトピー性皮膚炎が改善されたら1日おきに使用するようにしてください。
アトピーの兆候が軽減されてきた場合には、 3~4日間おきに与えるようにしてもいいでしょう。
また、使い始めから8週間継続しても効果が無い場合は、使用を中止し、獣医師にご相談ください。
※症状により投与量は変わる事がありますので、ご使用前に必ず獣医師にご相談ください。

アイチュミューン50mgのご使用上の注意

  • 投薬に関しては獣医師の指示に従ってください。
  • 6カ月齢未満、体重2Kg未満の犬にはご使用しないでください。
  • 妊娠中、授乳中の母犬には投薬しないで下さい。
  • 投薬期間中にワクチンは避けてください。
  • ワクチンをする場合、投薬期間から前後2週間以上あけてください。

※他の商品と一緒にご注文の場合別配送の可能性がございます。

オーナーの方への注意事項

  • 人が誤って飲み込んでしまった場合、悪心や嘔吐、頭痛、頻脈、血圧上昇、腎機能の低下がみられる場合があります。ただちに医療機関を受診してください。また、過去にシクロスポリン過敏症と診断された方は触らないようにしてください。

ペットへの注意事項

  • マウスやラットなどの齧歯類を用いた実験では筋肉の痙攣や虚弱、歯の異常が認められています。また、犬や猫に使用された例では下痢や軟便などの副作用が報告されています。これらの消化器の副作用は継続することで改善するとされていますが、念のため獣医師の診察を受けることをおすすめします。

保管上の注意

  • 小児の手の届かない場所に保管してください。
  • 外箱に入れて直射日光と高温は避けてください。

使用禁忌・併用禁忌

  • 悪性腫瘍(ガン)のある犬では悪化させる可能性があるので、悪性腫瘍を持っている犬やその疑いがある犬には使用しないでください。
  • 肝障害のある犬では代謝が遅くなりお薬の排出が滞る可能性がありますので、使用する前には肝臓のモニタリングを実施してからご使用ください。
  • 延期になる場合があるので、ワクチンを接種する際も時期について獣医師の指示を仰いでください。
  • 抗生剤、抗てんかん薬、胃腸機能調整薬、利尿薬と併用する際は必ず獣医師にご相談ください。
  • またジギタリス(強心剤)を併用した場合ジギタリス中毒を発現する可能性があるので使用しないでください。
  • グルコースの代謝に影響を及ぼす可能性があるので、糖尿病の有無を確認してからご使用ください。

アイチュミューン50mgの副作用について

下痢や嘔吐などの消化器症状が発生する可能性があります。
下痢や嘔吐などの消化器症状の副作用は基本的には一過性であり、投薬を続けていれば徐々になくなることがほとんどです。
基本的にはシクロスポリンの投与は食事との投薬を避け、空腹時に投与するとより効果的です。
しかし嘔吐が見られた場合はアイチュミューンを食事とともに投与したり投与量を減らす、または制吐剤を併用するなど工夫すると良いでしょう。
シクロスポリンの長期使用での副作用として、歯肉の増生、肥厚や皮膚の乳頭状病変そして毛がたくさん生える多毛症などが報告されています。
基本的には休薬や薬の減量によってそれらの症状は改善します。
また、他の薬と同様に肝酵素の上昇が見られることがあります。
すでに肝機能や腎機能が低下している動物への投与は避けましょう。
シクロスポリンは免疫抑制作用があるため狂犬病などの不活化ワクチンは慎重に摂取しましょう。
また生ワクチンとの併用は禁忌です。必ず休薬期間を設けてから摂取する必要があります。
また抗真菌薬や消化管運動改善薬など併用を注意しなければならないお薬が多いため、他にもお薬を使用している場合はアイチュミューンの投薬には注意が必要です。

関連商品

アイチュミューンのラインナップ

執筆者/ 参考資料・出典

獣医内科学: 岩崎利郎、辻本元、長谷川篤彦
参考資料・出典

ペットくすりがお得で安心な理由!

100%正規品保証

ペットくすりの商品は、大手製薬会社の厳しい審査基準を通過した100%正規品ですので、安心してご利用いただけます。

10年以上の運営実績!

沢山のお客様に支えられて、ペットくすりは運営歴10年を超えました。個人輸入が初めての方でも10年の実績が安心を保証します。

なんと後払いも可能!

「海外からきちんと荷物が届くのか不安」という方でも、商品を受け取ってから支払いできるので安心!

獣医さんに相談できる!

お薬選びや使い方などで迷った時、気軽に獣医さんにメール相談ができるサービスがあるのはペットくすりだけ!

買えば買うほど安くなる

ペットくすりでは、1度に2個、3個と買えば買うほど1箱あたりの金額がお安くなるシステムを取り入れています!まとめ買い・多頭飼いに嬉しい制度!

ポイントが貯まる

お客様の購入金額に応じて次回使えるポイントが貯まります!購入金額に応じてポイント還元率も増え、とってもお得♪

商品情報
成分 シクロスポリン 50mg
メーカー サヴァ・ヴェット
保管方法 25℃以下の湿気の無い場所で保管。ただし冷蔵保管しないこと。
内容量 30カプセル
形状 ソフトカプセル
カスタマーレビュー
9 レビュー | 評価 4.4 / 5
星5つ 44.44%
星4つ 55.56%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

88% のお客様が
この商品をオススメしています

※レビューは個人的な意見です。使用する前必ず専門機関で相談してください。

レビューを書く

レビューはログイン後に投稿できます。

click!! --> modal window open