0

カート

薬の成分について(フィラリア症予防薬、ノミ、マダニ駆除薬)

ペットの種類に依っては中毒をおこす成分があるなど、薬の選び方はとても大切です。今の薬がペットに合っていないので他にいい薬はないか、また同じ成分が使われている別の商品を知りたいなど、商品を検討されている方は是非参考にしてください。

イベルメクチン

日本人がノーベル賞を受賞したこの薬剤は、犬、猫、産業動物、人間にも使用されています。広範囲の寄生虫の駆除に有効なお薬です。フィラリアのように線のような寄生虫(線虫)に有効であることから、同じ種類である回虫、鉤虫、鞭虫、などの駆虫も同時に可能です。また、耳ダニや毛包虫などにも有効とされており、そちらの治療で使用する場合でも、フィラリア予防をしていない犬は注意が必要です。一般的にコリー系統の犬は遺伝的に中毒を起こしやすいことが知られており、使用は控えなければなりません。

成分の入った商品

セラメクチン

本剤はイベルメクチンやミルベマイシンと同じ系列のお薬です。ゾエティス社が独自に開発した犬・猫用の外用薬で、皮膚に滴下するタイプのみ存在しています。犬には犬フィラリア、ノミ、耳ダニの予防ができる製品、猫には犬フィラリア、ノミ、耳ダニ、猫回虫、が予防できる製品が出ています。本剤はイベルメクチンに敏感なコリー系統の犬に対しても安全性が確認されており、どの犬種でも安心して使用できます。皮膚滴下のみ存在するため、外用薬が苦手なペットには不向きです。

成分の入った商品

モキシデクチン

イベルメクチンやセラメクチンなどと同じ系列のお薬で、内服薬や注射液などでも発売されています。当初は産業動物(牛)を中心に使用され、愛玩動物である犬や猫にも使用されるようになりました。現在は人薬としても使用される場合があります。効果は他の同系列薬と同様にフィラリアを含む主な線虫(回虫、鉤虫、鞭虫)を駆除することが可能です。コリー系統の犬に関しては遺伝的な背景から投与を控えるべきとされています。猫に対しても本剤を含んだ混合薬で滴下タイプのフィラリア予防薬があります。

成分の入った商品

ミルベマイシンオキシム

30年近く前から使用されている歴史あるお薬で、イベルメクチンなどと同じ系列の成分です。フィラリアに対する効果以外にも同じ仲間である線虫(回虫、鉤虫、鞭虫、など)の予防や駆除ができます。子犬にも安全性が高く、コリー系統の犬に対しても指示された投与量を守ることで、非常に安全に使用することができます。

成分の入った商品

エプリノメクチン

名前の似たイベルメクチンやセラメクチンなどと同じ系列のお薬です。元々、古くから使用されているイベルメクチンに代わって新たな次世代駆除薬として開発されました。目的は牛の寄生虫駆虫薬として使用することがメインでしたが、2015年以来、特に猫に対しての犬フィラリア予防、回虫、鉤虫の駆除と予防に広く使用され始めました。内服薬としては存在しておらず、皮膚滴下の外用薬のみです。現在は犬に対しての予防薬としては販売されていません。

成分の入った商品

フィプロニル

本剤は農薬として全世界で広く使われており、一般家庭でもゴキブリやシロアリなどの殺虫剤として使用されている成分です。フェニルピラゾール系の薬剤で昆虫類の中枢神経に作用して神経と筋肉は極度の興奮状態に陥ります。哺乳類である犬や猫、人に対してはその効果は非常に低く、特に節足動物には存在して哺乳類には存在しない神経や筋肉の細胞膜の構造に対して作用する点からも安全性が高い成分です。健康な犬猫に対して使用可能で、ノミやマダニの駆虫剤であるフロントラインやブロードラインなど多くの製品に含まれており、ノミやマダニの成虫はこれに接触して死滅します。

成分の入った商品

(S)-メトプレン

本剤はフィプロニルとの合剤として使用されている場合が殆どです。昆虫の持つ幼虫の状態を維持することに関わる幼若ホルモンに似た物質で、この作用によって昆虫類は正常なに成長できず成虫になることができません。また卵の孵化も抑制します。その性質を利用してノミの卵や幼虫駆除を可能にしています。フィプロニル単独のノミ・マダニ駆虫薬に比較して、本剤との合剤のフロントラインプラスなどはペットの飼育環境下においてノミの繁殖そのものを防ぐことが可能です。合剤として月に一度皮膚に滴下するタイプが一般的で、健康な犬や猫に投与できます。

成分の入った商品

アフォキソラネル

本剤は犬専用のノミ・マダニ駆虫薬として開発した薬剤で、イソキサゾリンという化学物質のグループに分類されます。ノミやマダニの神経系に作用し、これらの外部寄生虫を興奮状態にする結果、中枢神経のコントロールが失われて死に至らしめます。駆虫薬として販売されているものにネクスガードやネクスガードスペクトラがあり、犬がこれらの予防薬(チュアブル)を食べた後に血液中に入り、その血液を吸血したノミやマダニに対して駆虫効果を現します。内服薬のみの形で販売されており、健康な犬に対して一度の投薬で1ヶ月効果が持続します。

成分の入った商品

サロラネル

アフォキソラネルと同じイソキサゾリンという化合物に分類され、ゾエティス社が動物薬として研究開発した新しいタイプの薬剤です。今までのイソキサゾリンよりも節足動物に対しての殺力が強く、ノミに対しては10倍、マダニに対しては3倍とされより少ない量で死滅することが確認されています。こちらも犬や人に対する安全性は高く、ノミやマダニの神経系に作用し極度の興奮状態を招いた節足動物はそのまま死滅します。アフォキスラネルとの違いは殺滅力と即効性にあります。シンパリカチュアブルとして犬用ノミ・マダニ駆除薬が販売されており、健康な犬に投与可能です。

成分の入った商品

フルララネル

アフォキソラネルやサロラネルと同じイソキサゾリン化合物に分類される薬剤です。比較的新しく日産化学工業株式会社によって開発・合成された物質で、節足動物の神経系に作用して駆虫効果を現します。犬や猫に寄生しているノミやマダニは吸血した際に本剤を摂取して死に至ります。他の薬剤と大きく違う点は錠剤タイプを内服した場合や外用薬を滴下した場合でも、駆虫および予防効果は3ヶ月持続します。現在この成分が配合されている駆除薬にブラベクト(錠剤、滴下剤)がありますが、基本的に健康な犬や猫に投与することが可能です。

成分の入った商品

プラジクアンテル

本剤は人にもうつるエキノコッカス(多包条虫)やノミからうつる瓜実条虫(サナダムシ)をはじめとする条虫類、あるいは吸虫と呼ばれている寄生虫の仲間に効果がある駆虫薬です。内服薬、注射薬、スポットオン外用薬などの形で犬や猫、大動物、魚類、さらに人に対しても広く使用されています。寄生虫の外皮を破壊して体の中の内容物を外に出す、あるいは寄生虫に痙攣を起こすといった作用から駆除することが可能です。猫のブロードライン、プロフェンダーなどのスポットオン駆除薬や犬猫のドロンシット錠、ドロンタール錠などに使用されており、基本的に健康なペットには使用可能です。

成分の入った商品

イミダクロプリド

本剤はノミの駆除薬としてスポットオンタイプの外用薬に含まれています。クロロニコチニル系殺虫剤に分類され農薬としても使用されています。ノミがこの成分に接触して体内に取り込むと神経細胞に作用し、神経伝達を正常に行うことができなくなります。その結果麻痺などが起こり正常に動けずに死に至ります。吸血を必要とせず、昆虫にのみ作用するため人やペットには安全とされています。犬猫のアドバンテージや犬のアドボケート、フォートレオンなどはこの成分によりノミの成虫を駆虫でき、基本的に健康な犬や猫に使用可能です。

成分の入った商品

プロポクスル

本剤はカルバメート系殺虫剤に分類され、古く農薬として使用されてから動物の医療においても使用されるようになりました。神経伝達物質であるアセチルコリンを分解する酵素を阻害することで、ターゲットになるノミやマダニは麻痺を起こして死滅します。現在獣医師が処方しているノミ取り首輪のボルホプラスカラーはこの成分が散布されています。動物や人への毒性が非常に低く安全であり、且つノミやマダニを効果的に駆除する用量(10%)が守られており、基本的に健康な犬に安心して使用できる製品です。

成分の入った商品

フルメトリン

本剤はピレスロイド系殺虫剤に分類される薬剤で、牛などの大動物や鶏、犬の外部寄生虫(ノミやマダニ、シラミなど)を駆除するために外用薬として使用されます。寄生虫の神経細胞膜に異常を起こすことで死滅させます。一般的に本剤単独ではなくプロポクスルと合剤にすることでノミ・マダニの駆除効果が高まることが知られています。かなり以前から犬に対しては両者の合剤であるノミ取り首輪(ボルホプラスカラー)が処方されています。用量を守ることで人やペットに対する安全性は高く、長い歴史のある薬剤として健康な犬に使用することができます。

成分の入った商品