高齢の猫に多い病気

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

高齢の猫に多い病気


猫の長寿化

近年、猫の平均寿命は長寿化の一途をたどっています。

直近の数字を見ても、2015年には15.75歳へと長くなっています。

1980年が3.6歳、1990年が4.9歳、2000年が7.9歳だったのを考えると、飛躍的な伸びです。

主な原因としては、寄生虫による病気の減少、飼育に関する情報の増加と飼い主さんの意識の向上、

医療技術の向上、キャットフードの普及で、安定した栄養を取ることが出来るようにあげられます。

猫も20歳くらいまで生きることは珍しくなくなりました。



高齢の猫がかかりやすい病気TOP5とは

  1. 肥満-->肥満は他の病気にも繋がりやすい状態です。食事療法や適度な運動が必要です。
  2. 口腔の病気-->歯茎の炎症にかかりやすくなります。歯茎の炎症で歯がなくなったり、体中の感染症の原因になります。
  3. 腎臓病-->早期発見の場合は食事療法と治療で症状の悪化を防ぐことが可能です。
  4. 甲状腺機能亢進-->腫瘍などが原因で甲状腺に異常が起こり、猫が過剰に元気なります。
  5. 糖尿病-->インシュリン注射や食事療法が必要になります。


高齢の猫を飼っている場合は、体調の少しの変化にも注意してくださいね!


【関連ページ】

>犬猫の口内炎

>甲状腺機能亢進症


オススメ商品
ハミガキ

¥1,800
すすぎがいらないので、簡単で良いです。ブラッシング、なかなかさせてくれないけど、... (1レビュー)
オススメ商品
腎不全腎心臓疾患

¥5,100
人間の薬は、市販のものでも種類があるけど、ペットのは病院でしか買えないと思ってい... (4レビュー)
ハミガキ

¥1,900
歯の健康のために使い始めました。 飲み水にいれて、ちゃんと飲んでくれるか心配だ... (3レビュー)