耳ダニについて


耳ダニとは

動物の耳の内に寄生するダニは耳ダニや耳疥癬とも呼ばれていますが、正しくは「ミミヒゼンダニ」と言います。
ミミヒゼンダニは非常に強い感染力をもっています。複数の犬や猫を飼っている場合、1頭に耳ダニが見つかれば、
他のすべての犬も耳ダニに感染している可能性が高いと言えます。特に仔犬仔猫はこのダニに感染しやすく、
耳疥癬は生後2-3カ月の犬に最も寄生しやすいといわれています。耳ダニに寄生されると、耳のなかに黒くて固いワックスのようなものがたまります。
これを採取して顕微鏡で観察すると、ダニが実際に動いているのが見えます。

そして、頭を傾けたり、振ったり、耳を掻くことが多くなります。この病気は早期発見が非常に重要です。
仔犬を飼う際には、耳の内が黒くなっていないか、よく耳を振ることがないか耳の中を調べると良いでしょう。
治療はまず、疥癬虫を見つけることから始めます。もし見つかったら、できるだけ清潔を心がけて、軽く外耳を拭きます。
その際、耳のなかをゴシゴシこすらないようにしましょう。重症になると麻酔をしての治療となることもあります。

耳を清潔にしてから、ダニを殺す薬で治療します。イベルメクチンという薬が効果的です。スキンシップも含め定期的に耳の中をチェックしてあげましょう。