甘噛みをするんだけど、放っておいても大丈夫?

softmouthingdogs.jpg

人間の手はよく動き、やわらかくて咬みやすい、子犬にとっては絶好のおもちゃです。しかし甘噛みを許していると「人間の手って咬んでもいいんだ」と学習し、成長してからも「咬んで良いもの」と思わせたままでは大変なことになりかねません。幼犬のころから「人間の手は歯をあててはいけないもの」だと教えなければなりません。まずは犬が人間の手で遊び始めても、歯が当たらない限りは叱ったり、手を振り払ったりせず、遊ばせてあげて下さい。 少しでも、歯が手に当たった時には、すぐに落ち着いた厳しい口調で「痛い」、「ダメ」と叱ります。短く低い声のほうがいいでしょう。
それでも、止めない場合は、手を後ろに回すなどして隠して、犬を無視し、相手をしないで下さい。 これでもじゃれ付いてくる場合は、その場から立ち去り、犬を完全に無視します。こうすることで、「アレ(手)を噛むと一人ぼっちにさせられる」と学習させます。