獣医さんによくある相談

寄せられたお悩みとその回答をご紹介するQ&Aコーナーです!

※獣医さんの回答はペットの症状や状況により変わることもありますので参考としてご覧ください。
実際に獣医さんに相談をされたい方はこちらのページから
(相談するにはログインが必要です)

  • フィラリアについて

    • 中型犬のチュアブルがほしいのですが

      中型犬のブルドック10キロの2歳半です。一番人気のストロングハートは12キロからとなっていますが、10キロでは飲ませれないでしょうか?

      獣医師の回答はこちら
      10kgのわんちゃんでしたら、小型犬用のストロングハートチュアブルを購入すれば大丈夫です。
      ストロングハートチュアブルは、小型犬用、中型犬用、大型犬用がありますが、入っている薬の成分はすべておなじで、体重によって、含まれている薬の量が違うので、分かれているだけです。ですので、10kgであれば、11kg以下のわんちゃんを対象としている小型犬用が適正容量ですので、小型犬用を購入されれば大丈夫です。もし、今後体重が増えて、12kg以上になった場合は、中型犬用のチュアブルに切り替えてください。
      適正容量を守っていれば、予防薬の量が少なすぎて効かなかったり、副作用が出てしまったりする危険性がほとんどありません。ただし、たまに、適正容量でも、予防薬があわなくて下痢やふらふらしてしまう子もいますので、その場合は、近くの動物病院にご相談ください。
      それから、もしフィラリアの予防薬を久しぶりに飲ませる場合は、飲ませる前に、一度近くの動物病院で、ミクロフィラリアがいないかの血液検査をすることをおすすめします。ミクロフィラリアがいる場合、予防薬をのませることで、ショック等の重篤な副作用が起こる危険性がありますので。
    • キウォフハート小型犬用服用量

      キウォフハート小型犬用の購入を検討していますが、服用量の欄に11KG以下しか記入されていないけど、愛犬に投与しても問題ないですか?トイ・プードル3匹(3kg,5kg,8kg)宜しくお願いします。

      獣医師の回答はこちら
      結論から申し上げますと、8kgの子には、キウォフハート小型犬用を1錠あげて、もう1錠を半分に割って、大きい方を5kgの子に、小さい方を3kgの子にあげるといいです。キウォフハートには、成分として、イベルメクチン68μgとピランテル57mgが含まれています。イベルメクチンの投与量は、6~12μg/kgでフィラリア予防効果があります。なので、3kg、5kg、8kgでは、それぞれ、18~36μg,30~60μg,48~96μgの投与量を満たしていれば大丈夫です。ですので、8kgの子なら、1錠(68μgは、48~96μgの間に入っている)で大丈夫ですし、5kgと3kgの子ならば、半錠に割って、大きい方(34μgより少し多い)を5kgの子に、小さい方(34μgより少し少ない)を3kgの子にあげれば大丈夫です。少し余談ですが、小型犬用が11kgまでなのは、11kgだと、必要なイベルメクチンの量が、66~132μgとなるため、小型犬用に含まれるイベルメクチン量(68μg)だとぎりぎりになってしまい、これ以上、体重が増えると、必要成分に対して、投与量が少なくなってしまうからです。ピランテルについては、イベルメクチンの投与量が満たされていれば、ピランテルも十分な量になるように薬が配合されているので、イベルメクチンの投与量を考えておけば、大丈夫です。訂正容量を守っていれば、予防薬の量が少なくて、効かなかったり、副作用が出てしまったりする危険性がほとんどありません。ただし、たまに適正容量でも、予防薬が体にあわなくて、下痢や、ふらふらしてしまう子もいますので、その場合は、近くの動物病院にご相談ください。それから、もしフィラリアの予防薬を久しぶりに飲ませる場合は、飲ませる前に一度近くの動物病院でミクロフィラリアがいないかの血液検受けてください。万が一、ミクロフィラアが血液中にいる場合、予防薬を飲ませることで、ショック等の重篤な副作用が起こる危険性がありますので。
    • 薬の容量について

      ストロングハートチュアブル小型犬用は11kg以下ようになっていますが、当方のちわわは2.5kgです。投薬の容量は半分とか1/3にする必要があれば教えてください。1錠飲ませても良いのでしょうか。

      獣医師の回答はこちら
      1/3に分割して、投薬することをおすすめします。1錠や半錠を投薬しても大丈夫ですが、適正容量にするには、1/3に分割するのが良いです。ストロングハートチュアブルには、成分として、イベルメクチン68μgとピランテル57mgが含まれています。イベルメクチンの投与量は、6~12μg/kgでフィラリア予防効果があります。なので、2.5kgの場合、15~30μgの投与量を満たしていれば大丈夫です。ですので、1錠(68μg)を半分だと34μgとなり、多すぎます。1/3だと、23μgで、適正用量を満たします。1/4だと、17μgで適正用量をぎりぎり満たします。1/4だと、体重が多少上下したり、割ったときに量がばらついたりすることを考慮すると、適正用量に足りないことがでてくる可能性がありますので、1/3に分割するのが良いと思います。少し余談ですが、小型犬用が11kgまでなのは、11kgだと、必要なイベルメクチンの量が、66~132μgとなるため、小型犬用に含まれるイベルメクチン量(68μg)だとぎりぎりになってしまい、これ以上、体重が増えると、必要成分に対して、投与量が少なくなってしまうからです。ピランテルについては、イベルメクチンの投与量が満たされていれば、ピランテルも十分な量になるように薬が配合されているので、イベルメクチンの投与量を考えておけば、大丈夫です。多少多めに投与しても問題になることはほとんど無いため、11kg以下の子にはみんな1錠与えても大丈夫なことが多いですが、投与量が多すぎるほど、それだけ副作用が出る可能性が高くなりますし、経済的にも割った方が良いので、分割して投薬することをおすすめします。適正用量を守っていれば、予防薬の量が少なくて、効かなかったり、副作用が出てしまったりする危険性がほとんどありません。ただし、たまに適正容量でも、予防薬が体にあわなくて、体調をくずしてしまう子もいますので、その場合は、近くの動物病院にご相談ください。それから、もしフィラリアの予防薬をはじめて、もしくは久しぶりに飲ませる場合は、飲ませる前に一度近くの動物病院でミクロフィラリアがいないかの血液検査を受けてください。万が一、ミクロフィラアが血液中にいる場合、予防薬を飲ませることで、ショック等の重篤な副作用が起こる危険性がありますので。
    • フィラリア予防薬の与え方

      ストロングハートチュアブルプラス小型犬用を購入して届きました。愛犬は4キロのトイプードルですが、思ったより薬1個が大きいので、細かくして4~5日かけて与えたいのですが問題ありますか?1日で1個すべて食べさせなければなりませんか?

      獣医師の回答はこちら
      フィラリアの予防薬は、1日で与えるようにしてください。口から入ったフィラリアの予防薬は、腸から吸収されると、血中に入り、全身を巡ります。そして、すぐに、分解、排泄されていってしまします。1ヶ月に1回、飲ませるというのは、1ヶ月間ずっと予防薬が効いているのでは無く、1ヶ月に1回、有効血中濃度に達することで、フィラリアの幼虫を殺し、効果を発揮しているのです。そのため、日にちをずらすと、飲んだそばから分解排泄がはじまり、予防薬が有効血中濃度に達することができなくなり、うまくフィラリアを予防できない可能性が出てきてしまいます。このため、1日で飲ませることが重要です。もし、1回で飲ませるのが難しいのでしたら、皮膚に垂らすタイプや注射のタイプもありますので、動物病院で相談されるといいかもしれません。注射のタイプでしたら、一年に一回うつだけで、年中予防ができます。
    • チュアブルについて

      こちらのチュアブルは11キロまで同じ薬みたいなのですが、例えば2キロの子と8キロの子がいるとするならどちらにも一個ずつあげて大丈夫なんですか?普通は体重で違うので心配になりました。

      獣医師の回答はこちら
      基本的には大丈夫です。ただし、適正容量は、イベルメクチンで6~12μg/kgです。ストロングハートチュアブル小型犬用のイベルメクチン含有量は、68μgなので、もし、2kgの子だったら、12~24μgに達していれば予防効果として十分なので、チュアブルを3分割か4分割して与えても大丈夫です。フィラリアの予防薬の副作用があまり多くないので、適正容量を多少超えることで、問題となることはほとんどありませんので、メーカーの推奨量は、2kgの子で8kgの子でも、おなじ一個となっていますが、適正容量を考えるならば、分割して与えても大丈夫ということです。分割する場合、大きさのばらつきがでて、適正容量に満たなくなった場合、予防効果がなくなってしまうので、ご注意ください。それから、ご存じでしたらすみませんが、フィラリアの予防薬をあげる前には、かならず動物病院で感染がないかの血液検査を受けるようにしてください。重篤な副作用が発生する可能性がありますので。
    • キウォフハート小型犬用

      うちは多頭飼いで小型犬、超小型犬が6匹おりますが超小型犬は4キロありません。その子達に小型犬用のキウォフハート小型犬用錠剤を購入して5㌔ 〜11㌔用を半分に割って投与してもいぃものでしょうか?買うなら小型犬用を沢山買ってそうしたいと思っでいます。

      獣医師の回答はこちら
      大丈夫ですよ!含まれている成分は同じですし、必要な量は、体重あたりなので、小型犬用のを半分に割ると、だいたい2.5kg~5.5kgの子にちょうど良い量となります。注意点といて、うまく半分に割らないと、十分な量を投薬できない可能性があるので、割るときはきれいに割るか、細かくはかれる計りを使うようにしてください。十分な量を投与できないと、効果がなくなってしまいますので、ご注意ください。
  • ノミダニについて

    • ネクスガード28mg(>4kg~10kg)6チュアブル入りについて

      ネクスガード28mg(>4kg~10kg)6チュアブル入り を1個を2頭で分けて与えるのは効果が無いでしょうか?もしくはもう一つ上のLサイズでしたら大丈夫でしょうか?体重は5.2㎏と4.6kgです。(※皮膚が弱いのでスポットタイプは使用出来ません)

      獣医師の回答はこちら
      ネクスガードチュアブルを分割して与えたいとのことですが、分割して与えることは、可能です。可能ですが、あまりおすすめしません。理由は、うまく分割できないと、容量に偏りがでて、あげすぎたり、足りなさすぎたりするからです。28mgのチュアブルを半分にすると、14mgとなり、これは、2kg~5kgの子にちょうどいい量となります。同じように、Lのチュアブルを半分にすると、68mgから34mgとなり、5kgから12kgの子にちょうどいい量となります。28mgのチュアブルを半分にすると、2kg~5kgの子によい量となりますが、5.2kgの子には少し足りません。半分に割って大きい方をあげれば足りると思いますが、今度は、4.6kgの子に足りるかどうかは微妙なところになってしまいます。ネクスガードLサイズを半分にすると、5kgー12kgの子にちょうどよい量となるので、あげすぎてしまう可能性が高いです。三等分した場合、3.3kg~8kgの子にちょうどよい量となるので、うまく三等分できる場合は、三等分していただいた方が、ちょうど良いと思います。三等分は難しいので、グラムをはかるか、28mgのチュアブルを1個ずつあげていただいたほうが確実だとは思います。このような理由から、分割せず、28mgのチュアブルを一個ずつあげるのが良いと思います。もし、厳密に分割して、うまくあげれるようでしたら、分割してあげても大丈夫です。あげすぎは、副作用のリスクがあがり、少なすぎは、効果が出ないです。ご注意ください。
  • フィラリア+ノミダニについて

    • 併用は大丈夫か質問です。

      前回の相談で二歳半の中型犬ブルドック10キロの飼い主です。フィラリアでは小型犬用のストロングハートを注文しようと思ってます。ノミダニではフィプロフォートプラス小型犬用を考えています。この2つの併用で大丈夫か気になってます。

      獣医師の回答はこちら
      フィプロフォートプラスと、ストロングハートを併用しても大丈夫です。併用することによって、起こる副作用は報告されていません。ただし、わんちゃんに投薬するときは、フィプロフォートプラスとストロングハートのタイミングを1日ずらすことをおすすめします。これは、併用による副作用を心配しているのでは無く、万が一、体調を崩した場合、どちらの薬の影響で体調を崩したのか分からなくなってしまうからです。1日ずらすことで、獣医師が対処しやすいということです。ノミダニ予防薬の副作用は、まれに嘔吐、下痢、皮膚炎などが起こることが報告されています。そのような症状が出た場合は、近くの動物病院に相談してください。
    • 薬の投薬について

      フィラリアとノミ、マダニ駆除の薬を購入しようと思うのですが、併用して与えても大丈夫でしょうか?

      獣医師の回答はこちら
      フィラリアと、ノミマダニの予防薬を併用することによる副作用は報告されていませんので、併用されて大丈夫です。ただし、フィラリアの予防薬と、ノミマダニの薬の投与時期は、1日ずらしてください。これは、併用による副作用の心配ではく、予防薬単体による副作用が起こったときに、どちらのせいで副作用がおこったか分かるようにするためです。こうすることで、その後の獣医師の対応がしやすくなります。
      また、フィラリアの予防薬を飲ませる場合は、飲ませる前に、必ず動物病院にかかって、万が一の感染がないか血液検査を受けるようにしてください。フィラリアに感染した犬が、予防薬を飲んだ場合、重篤なアレルギー反応により、最悪亡くなってしまうことがあります。
    • 薬の使い方

      ノミダニの薬とフィラリアの薬は一緒に使えますか?タイミング半月ずつずらした方がいいですか?

      獣医師の回答はこちら
      併用による副作用は報告されないので、一緒にのんでも大丈夫です。効果も問題ありません。ただし、おすすめは、1日ずらすのをおすすめしてます。半月ずらすのでも大丈夫です。理由は、調子が悪くなったときに、どっちの薬で調子が悪くなったかわかった方が、対策が立てやすいからです。たとえば、今のフィラリアの薬が体に合わなさそうだから、他のフィラリアの薬にしようなどです。一緒に飲んでしまうと、どっちの薬で体調が悪くなったんだろう?となってちょっとめんどくさい感じになってしまうので、1日ずらすと良いですよ。
  • 尿道・腎臓・副腎について

    • 犬のおしっこについて

      最近色が黄色が濃く感じ、臭いもきつくなった気がします。とても元気なのですが、水もよく飲んでます。どこか悪いのでしょうか?

      獣医師の回答はこちら

      尿の色が濃くなって、においがきつくなる場合、膀胱炎の可能性があります。細菌が尿道から感染して、細菌性の膀胱炎となる場合もありますし、膀胱の中に結石ができて、結石が膀胱粘膜を傷つける結果、膀胱炎が起こってしまう場合もあります。ともに全身に症状が出にくく、元気な子でも、膀胱炎を起こしていることはよくあります。膀胱炎の症状の一つに多飲多尿があります。よく水を飲んでいるのは、膀胱炎の一症状である可能性もあります。他に疑われるものとして、肝臓の病気があります。尿が濃い黄色の場合は、ビリルビンという赤血球の代謝産物が尿中に出てきている可能性があります。肝臓わるいと、ビリルビンをうまく肝臓で処理できなくなり、尿中に出てくることがあります。その場合、全身が黄色くなる黄疸の状態となります。わんちゃんの白目の部分をみて黄色っぽいなら、黄疸となっている可能性がありますので、動物病院に見せる必要があります。問題がない可能性もありますが、膀胱炎は比較的良く起こる病気で、ほかっておくと重傷化してしまうこともありますので、ご心配でしたら、やはり動物病院さんにご相談いただくのがよいかと思います。

      先日おしっこが黄色く臭いがきついと相談させて頂き、返答頂きました。その後動物病院で診てもらい、診断結果は、生理的なもので健康だったようです。ありがとうございました。上皮細胞と精子が多く、タンパク質が原因の匂いだったようです。で、また相談させて頂きたいのですが、食べ物とかで臭いを抑える事が出来るのでしょうか?臭いを消す方法があれば教えて下さい。もしあるとすれば、ペットくすりで販売ししていますか?

      尿の臭いのもとは、タンパク質の老廃物である、尿素窒素だといわれています。年齢を重ねるとともに体の代謝が落ちてきて、老廃物が多く排泄される結果臭いがきつくなっているのかもしれません。もしそうだとしたら、尿素窒素を抑えることにより、臭いが改善するかもしれません。食事を変えるとしたら、良質なタンパク質をとれるようなフードがいいと思います。良質なタンパク質というのは、食べたもののうち、老廃物(尿素窒素)として排泄される割合が少なく、効率的に栄養源となるようなタンパク質のことです。ずばり、良質なタンパク質は、動物性タンパク質で、ネットで調べると、動物性タンパク質が多く入ったさまざまなフードが出てきますので、お好きなものを買っていただくと良いと思います。ただし、良質なタンパク質が入っているフードはお値段が高くなってしまいますので、値段のことも考えると、安いフードで、いろいろ試して、臭いの軽減されるフードオを探していただく方がいいかもしれません。それから、ぺっとくすりさんで販売しているサプリメントに、リーナルマックスというものがあります。リーナルマックスは、腎不全用のサプリですが、尿素窒素の腸管からの吸収を抑えてくれるので、体内の尿素窒素を減らすことで、尿の臭いを抑えてくれる可能性があります。サプリメントですので、効果はマイルドですし、科学的根拠の補償もないので、効いてくれたらもうけものという程度の感覚でつかっていただけるといいと思います。臭いがきついこと自体は、尿検査の結果をお聞きする限り問題ないと思いますので、臭いを気にしすぎてご飯をころころ変えたりすると、体調を崩したりすることもあり得ますので、負担のかからない程度にしていただけるといいと思います。

  • デンタルケアについて

    • 教えてください

      三才のトイプードルを飼っています。歯磨きをしたいのですが嫌がってなかなか上手くできません。犬にとって歯磨きがストレスになるのは避けたいので、導入の進め方教えてください。

      獣医師の回答はこちら

      歯磨きの導入方法については、ネットで検索していただくと画像つきで詳しいやり方が書いてあるサイトがたくさんありますので、今このメールで文章だけでお伝えるするよりもわかりやすいと思いますから、それを参考にされると良いとおもいます。せっかくご相談していただいたので、歯磨きの導入の進め方について、重要なポイントをお伝えします。まず、歯磨きをする上で重要なのは、口に触れることになれさせることです。わんちゃんにとって口に触ってもらうことが嬉しいと思えるようにするのです。方法としては、口に触ったら、褒めてあげたり、おやつをあげたりするのを繰り返します。そのうち、口を触らせたら、ご褒美がもらえることを覚え、喜んで口を触らしてくれるようになります。最初は、口元に触れるだけで、慣れたら徐々に、唇をめくる→歯を触るとステップアップしていってください。それが出来るようになったら、ガーゼで歯を拭き取ってあげる練習をしてください。いやがったら、やめて、すぐに褒美をあげてください。ガーゼに慣れたら、歯ブラシにかえて、少しずつ歯を磨く練習をしていってください。最初は短時間で、あくまでも慣らさせるのが目的です。慣れたら、少しずつ歯を磨く部位と時間を増やしていってください。

    • 歯石

      6歳のGレトリバーです。歯茎が少し腫れ気味です。歯ブラシが嫌いです。歯石を取るハサミを購入しましたがうまくいきません。どうしたらよいでしょうか?

      獣医師の回答はこちら

      一度ついた歯石はなかなかなくすことは難しいです。もし、たくさん歯石がついていて、歯茎がはれていて、痛そうならば、一度、動物病院でスケーリングをしてもらうことをおすすめします。スケーリングをする場合でも、しない場合でも、歯のケアは重要ですので、そのポイントについてお伝えします。歯ブラシをいやがるということですが、徐々に慣らしていくことが大事です。最初は、歯ブラシを使うのでは無く、唇をめくって、めくらせてくれたら、すぐ褒美(おやつ)与えるというのを行ってください。そうすることで、口を触る=嬉しいことと認識するようになります。その後、手で歯をこする→ガーゼて歯をこする→歯ブラシとじょじょにステップアップしていっていください。どんな時もすぐに褒美をあげて褒めることが大事です。それが、わんちゃんのモチベーションにつながります。ネット上に、歯ブラシの導入について詳しく書かれたサイトが多くあがってますので、わかりやすいものを参考になさると良いと思います。

  • 皮膚薬について

    • 薬の併用について

      ワイヤーフォックステリアの♂を買っています。病院からアトピー性皮膚炎と診断されアトピカを処方してもらいましま。ずっと飲み続けないといけないと言われ、こちらでジェネリックのアイチュミューンを買って服用しています。痒みが落ち着いているときもあれば、そうでないときがあり、スプレータイプの痒み緩和薬を買ってみました。のみ薬とスプレータイプと併用しても大丈夫ですか?

      獣医師の回答はこちら
      アイチュミューンと、スプレータイプの痒み緩和薬の併用についてですが、皮膚の状態によりますというのが回答です。スプレータイプの痒み緩和薬の有効成分は、ヒドロコルチゾンというステロイド薬です。外用薬で、局所で代謝されるために、全身に対する副作用が少ないため、ステロイドでよく言われるような全身に対する影響はほとんど問題ありません。ただ、ステロイドは、免疫を抑えるため、吹きかけたところに感染が起こっている場合、感染に対する抵抗力が低下し、感染が悪化する結果、皮膚炎が悪化する可能性があります。感染が無い場合は、飲み薬とスプレーの併用効果により痒みが和らぐ可能性があり、併用を推奨します。実際に皮膚の状態を見ていないので、確かなことはいえないですが、免疫抑制剤で、かゆみが比較的落ち着いているとのことなので、皮膚炎がそこまで起きてない状況だとすると、併用しても大丈夫な可能性の方が高いのではないかな?と思います。不安でしたら、一度かかりつけ獣医師の指示を仰いでください。また、スプレーをあまりに高頻度にかけすぎると、ステロイドの副作用で、皮膚が薄くなったり、赤くなったりといった、皮膚病が起こる可能性があるので、かけすぎには注意し、何かおかしいなと思ったら、かかりつけでみてもらうようにしてください。また、スプレーをかけた部分を気にしてなめる場合、ステロイドを経口摂取する結果となり、体調を崩すことがありますので、なめないように気をつけてあげるか、無理なら、スプレーを使うのをやめたほうがいいかもしれません。外用薬で、全身の影響がほとんど無いとはいえ、ステロイド薬ですので、動物病院でみてもらう際には、どんな用事でみてもらう場合でも、ステロイドスプレーを外用している旨を必ず伝えるようにしてください。
  • その他

    • ウンチがなかなか出ない

      今、4か月雑種の仔犬を先月10日(生後2か月)に迎え暮らしています。最近ウンチがなかなか出ません。少ない日で1回です。フードを多めの水でふやかしたり、どうも給水器で飲むのが苦手な様で、こまめにボウルに水をくんであげています。他に何かできる事があればアドバイスをお願いします。

      獣医師の回答はこちら
      水をしっかり飲ませてあげることはとても重要なことです。ただ、うんちは、腸の中にとどまっている時間が長いほど水分が大腸から吸収されて、堅くなっていきます。ですので堅いから、必ずしも水分不足だとは限りません。もちろん、ふやかしたご飯をあげれば、その分便も軟らかくなりますが。便が1日1回ともなると、明らかに回数が少ないので、何か病気が隠れている可能性があります。うんちは、子犬ならば1日に4回くらいが普通だと思います。家に向かい入れた時に比べれば、4ヶ月齢とだいぶ大きくなって、2ヶ月齢のころよりは免疫力も上がっていますが、まだ、体の抵抗力も、大人の犬に比べて強くありません。正常に便が出ないと体に悪く、まだ体がしっかり発達していない子犬が体調を崩すと、命に関わることもあります。便が出にくいことが、もう数日続くようでしたら、一度近くの動物病院に相談された方が良いと思います。動物病院にかかられる際には、便を持って行ってください。糞便検査をすることで、便があまりでていない原因が分かることもありますので。他に、何か出来ることとしたら、あげるご飯の種類を変えることで、便が軟らかくなり、便の回数が増えることがあります。ただし、ご飯を変えることで、体調を崩してしまうこともまれにありますので、もし新しいご飯を食べさせて、体調を崩してしまった場合は、すぐに近くの動物病院にみせてください。