猫の慢性腎不全のお薬とサプリ


高齢猫の慢性腎不全とは


猫は加齢に伴い、おおよそ6歳頃から、腎臓の機能が低下し始め、10歳を超えた位から、症状として、おしっこの回数が増える、食欲の低下、体重が減り、毛がボサボサになり、元気がなくなってきます。嘔吐を繰り返すようになるのも特徴です。腎臓の血液検査をして、異常があると分かった時には、すでに腎臓機能の3分の2が失われてる状態になっているのです。進行を遅らせることは出来ますが、完全に回復させる方法は無く、多くの猫が、慢性腎不全で体が弱り、亡くなってしまうという現実があります。ペットくすりでは、慢性腎不全の進行を遅らせるための、予防サプリ、治療にも役立つ医薬品を取り揃えております。

フォルテコール2.5mg 28錠

獣医さんオススメの病院からも提供されるフォルテコール。元々は心臓疾患用の薬として有名でしたが、 マレイン酸エナラプリルという成分が、腎臓のクレアチニンを低下させる作用があり、 最近では、慢性腎不全用として使われています。ACE阻害剤です。

リーナルシリーズ

100年以上の歴史を持つイタリアのキャンディオリ社から人気の腎不全用のサプリが登場!ペースト状のものや、パウダータイプなので、食事に混ぜるだけで簡単に投与が出来ます。


  • どうして猫は腎不全なりやすいの?

    尿結石やウイルスの感染症によって引き起こされることもありますが、そもそもの原因はまだはっきりと解明されていません。一説によると腎臓に含まれるネフロンという数値が他の動物より低いからだと考えられています。そして老化に伴い、ネフロンが次第に破壊され、腎臓の機能が著しく低下します。

  • 猫の腎不全を治療する方法はありますか?

    残念ながら、一度破壊された腎臓機能は回復はしません。療法食などのサプリメントや、医薬品で腎臓の機能をサポートし、進行を遅らせることは可能です。そのためにも腎不全の早期発見が大事になります。

  • 猫の腎不全を大事な予防方法

    常日頃から、腎臓に負担をかけない食事を与えるのが良いです。特に大事なのは水分補給をしっかり行うことです。1日150CC程度が良いとされています。バランスのとれた、消化の良い食事にしましょう。早期発見が大事ですので、6歳を過ぎたあたりからは、病院での定期検診を年に1回は行うよう心がけましょう。