猫のフィラリア予防はこれ!感染の原因と症状から見る対策法とは?

メニュー

0¥0
ホーム
フィラリアランキング!

猫のフィラリア予防はこれ!感染の原因と症状から見る対策法とは?

フィラリアといえば、犬にだけかかる病気だと思っている飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。

実は、犬ほど多くは無いものの猫も感染してしまいます。フィラリアに感染すると、犬と同様に死にいたる恐ろしい病気です。

猫がフィラリアに感染しないための予防法や感染の原因と症状について詳しくご紹介していきます。

そもそもフィラリアとは?

フィラリアについてまだあまり詳しくない人のために、フィラリアとは何か詳しくご紹介していきます。

フィラリア
  • フィラリアとは、犬猫に感染する寄生虫になります。
  • 全長は20〜30センチほどに成長し、心臓の右心室、肺動脈に寄生してペットを死に至らしめます。
  • フィラリアの生命力は非常に高く5〜6年は生き続けます。
  • フィラリアに感染すると、肝臓病や腎臓病、心臓病など様々な病気になるのが特徴です。
  • 猫がフィラリアに感染した場合は、猫フィラリアと呼ばれます。
  • 猫フィラリアは、蚊を媒介として感染を拡大する病気として知られています。
  • そのため蚊が発生する3月~12月は、猫フィラリアの予防薬を投与する飼い主様が多いです。
  • フィラリア予防は動物病院に行かずに自宅でできるため、飼い主様の多くは自主的にフィラリア予防薬を購入しています。

興味がある人は、人気の予防薬まとめを一度確認してみてください。

猫フィラリアの原因はコレ!

先ほどもお伝えしましたが、猫フィラリアは蚊を媒介して発症する病気になります。
7月から9月は蚊の繁殖が盛んな時期のため、猫フィラリアの感染も一気に高くなります。しかし、7月から予防を始めたのでは意味がなく、正確には3月から12月までがフィラリア予防の期間とされています。たとえば、蚊に刺されないために室内飼いを徹底しても完全に蚊を防ぐのは難しいです。

また、日本では、約16種類の蚊によって猫フィラリアになるとされています。代表的なアカイエカやヒトスジシマカをはじめ、コガタアカイエカやトウゴウヤブカなどがいます。猫が蚊に刺されたタイミングで、フィラリアは猫の体内に侵入し、皮下組織で2度脱皮をくり返して成虫となります。フィラリアの成虫は、本来の寄生場所ではない中枢神経系などにも寄生する場合があります。さらに、猫フィラリアは、犬フィラリアと比べて寄生虫の数が非常に少ないので、検査をしてもフィラリアが見つからないことが多くあります。
そのため、3月から12月の間にしっかり対策を心がけなければなりません。

猫フィラリアの症状と感染経路!

猫のフィラリア症

猫がフィラリアに感染すると、どのような症状がおこるのでしょうか?
ここでは詳しく猫フィラリアの症状とその感染経路についてご紹介していきます。

まず、初期症状は、嘔吐や咳、呼吸困難などがあげられます。フィラリアに感染する猫は、少ないため喘息やアレルギー性気管支炎と誤診されることがあります。

猫フィラリアの症状として特徴的なのが、初期症状と後期症状が大きく異なるところです。してから3~4ヵ月後の初期段階では、咳や嘔吐などがあり、ひどい場合は、呼吸困難になります。

また、「HARD」と呼ばれる慢性の呼吸器症状や下痢などの症状もでるのがこの時期です。ただし、嗜眠と呼ばれる寝ることが増える症状や食欲不振などの症状だけが現れる猫もいれば、ほぼ無症状の猫もいます。この点が猫フィラリアを見抜くのが飼い主様にとって難しいところになります。

成虫が死滅する頃の感染後期は、発症すれば非常に重く、急激に肺障害が進んで突然死するケースがあります。フィラリアによっては、アナフィラキシーショックを起こす可能性があるため突然死するのです。また、急性期の症状として、痙攣や失神などの神経症状が現れることもあります。

猫フィラリアに感染する流れ!

猫がフィラリアに感染するまでには、全部で5ステップあります。
ここでは具体的に猫がフィラリアに感染するまでの大きな流れをお伝えしたいと思います。

01

猫フィラリアになる前提条件をとして、フィラリアに感染した猫または犬の血を吸った蚊が、別の猫を吸血した時にフィラリアの感染が始まります。つまり、すべての蚊から感染するのではなく、フィラリアを持つ蚊から感染します。そのことを覚えておいてください。実は、フィラリアに感染した猫または犬は、血液中にミクロフィラリアというフィラリアの幼虫が寄生しています。ミクロフィラリアがいる血を蚊が吸うことで、感染がはじまるのです。

02

STEP1で紹介したミクロフィラリアは、蚊の体内で成長する特徴があります。逆にいえば、ミクロフィラリアは、猫または犬の体内で成長することはありません。しかし、ミクロフィラリアが蚊の体内に入ると、2回の脱皮をしてフィラリアに成長するのです。ミクロフィラリアがフィラリアに成長するタイミングは、気温が25度以上ある暖かい気候の時です。そのため猫がフィラリアに感染するのは、3月から12月の間一般的なのです。

03

2回の脱皮をしてフィラリアになった後は、いよいよ蚊の体内から口元に移動して猫の体内に入る準備を始めます。そして、蚊が猫を吸血した瞬間、一気に体内に成長したフィラリアが侵入します。ただ、ここではまだ感染はしておらず、猫フィラリアと診断されません。

04

フィラリアが体内に入ってから実際に体調に変化が出るまでには一定の時間がかかります。侵入したフィラリアは、まず猫の皮膚の下や脂肪、あるいは筋肉と色々なところに隠れています。フィラリアは、この時期に再度脱皮をします。フィラリアが侵入してから約2カ月間は、特に症状が出ません。

05

猫の体内で脱皮を繰り返したフィラリアは、約15㎝~30㎝の長さまで成長します。猫の体内に30㎝定規が入っているのを想像してみてください。想像するだけで、痛々しいですよね。この時期になると、フィラリアは心臓や肺動脈に向かって移動を開始します。そしてオスとメスのフィラリア同士が心臓や肺動脈で出合うと、ミクロフィラリアを生み出すのです。最初の感染からミクロフィラリアが生まれるまでの期間は、約7~8カ月とされています。また、フィラリアが体内に寄生すると、5~6年は生き続けます。そのため毎年の予防を疎かにすると、猫を死に追いやる可能性があるのです。
フィラリアの予防は自宅でもできるので、気になる方は猫フィラリア予防薬を確認してください。

猫フィラリアの治療法とは?

猫フィラリアの治療は、予防薬やステロイド剤を使用した対象療法とフィラリアの摘出手術があります。
対症療法は内科的治療とも呼ばれ、主に咳や嘔吐などの症状に対して治療を行うだけのものになります。そのため、猫フィラリアの根本的な解決にはならず、あくまでも延命措置に近い位置付けです。対処治療を受ける猫の特徴は、高齢または子供あるいは他の病気を併発している時です。手術をしない理由は、フィラリアを体内で駆虫してしまうと死骸が猫の血管を詰まらせて死にいたらせる危険性があるからです。また麻酔のリスクが高く、手術に耐えられない可能性があるからです。具体的な対処治療法は、予防薬とステロイド剤を定期的に使用してミクロフィラリアの発生を抑えます。ステロイド剤を使用する理由は、嘔吐や呼吸困難から猫を守り、死滅したフィラリアに対するアレルギー反応を少しでも和らげるために行います。一方で、フィラリアの摘出手術は外科的治療と呼ばれています。基本的なやり方は、金属の鉗子を猫の肺に入れてフィラリアを駆除していきます。しかし、外科的治療はあまり一般的ではありません。理由は、そもそもフィラリアの適切手術ができる獣医師が少ないことにあります。それと、治療費と猫へのリスクの高さから手術をするは稀です。

猫フィラリアの正しい予防法!

猫フィラリアは適切に予防をすれば防げる病気です!
対処治療や摘出手術は、フィラリアに感染してから行う治療となります。しかし、その治療によって猫がフィラリア症を完治することはありません。フィラリア症はフィラリア予防薬を適切に投与することで防げる病気ですから、日頃から予防を欠かさずすることで、愛猫に元気で長生きしてほしいものですね。
ペットくすりでは、猫用のフィラリア予防薬も販売しています。猫用フィラリア薬は、自宅で簡単にしかも誰でも使えるアイテムです。手軽に予防して、病気は未然に防ぎましょう!

おすすめ猫フィラリア薬はコレ!

猫ちゃんのフィラリア予防におすすめなお薬は、スポットオンタイプのフィラリア予防薬です。スポットオンタイプとは、液体のお薬を首の後ろあたりの皮膚に垂らして使用するお薬のタイプになります。皮膚につけるタイプのお薬ですので、飲み薬を嫌う猫ちゃんに非常におすすめです。

フィラリア/ノミダニ

¥3,300

商品到着までの日数がかかりますが、リピートしている間になれました、問題はないので... (70レビュー)
フィラリア/ノミマダニ

¥4,300

こちらのサイトは今回3回目の利用です。 品揃えは豊富ですので、本当に助かります... (1レビュー)
フィラリア/ノミマダニ

¥4,900

とても丁寧に手続きのやり方など教えていただき助かりました。これからも利用しようと... (4レビュー)
寄生虫

¥4,500

やはり私はブランドの医薬品じゃないと心配。ノミとフィラリアはレボリューションを使... (1レビュー)
フィラリア/ノミダニ

¥6,000

満足です。庭に出ることが多いので蚊対策は必須です。 秋になってもまだ蚊が多く、... (11レビュー)

レボリューション猫用がおすすめの理由!

猫用のフィラリア予防薬で一番人気なのが、「レボリューション猫用」です!レボリューション猫用は、広く日本の動物病院でも処方されているお薬で、フィラリア予防とノミ・ダニの駆除が一気にできる便利なお薬です。ペットくすりでは、大人気のレボリューションを動物病院よりも格安に購入することができます。

フィラリア/ノミダニ

¥3,300

商品到着までの日数がかかりますが、リピートしている間になれました、問題はないので... (70レビュー)

もし動物病院でレボリューション猫用3本を購入すると6000円程度+診察代などがかかりますが、レボリューション猫用3本入りを購入すると約37%オフ(2000円以上)もお得になるのです!

レボリューション猫用の使い方!

レボリューション猫用は使い方も簡単です。
猫の首のうしろの毛を掻き分けて、レボリューションの液を直接、皮膚の上に垂らして下さい。液を全量出し切るように、チューブを親指で押し出して下さい。

※レボリューション猫用を投与してから2時間は、お風呂や水場に近づけないようしてください。
また、小さなお子様がいる方は、予防薬がお子様に触れないよう注意してください。
より詳しい内容は、詳細ページに記載しているので、一度チェックしてください。

フィラリア/ノミダニ

¥3,300

商品到着までの日数がかかりますが、リピートしている間になれました、問題はないので... (70レビュー)

猫フィラリアの予防はコツコツと!

今回は猫フィラリアの症状や治療・予防法についてご紹介しました。フィラリア症はかかってしまうと死に至る可能性のある恐ろしい病気です。毎月のフィラリア予防で、病気は未然に防ぎましょう!

フィラリア/ノミダニ

¥3,300

商品到着までの日数がかかりますが、リピートしている間になれました、問題はないので... (70レビュー)
フィラリア/ノミマダニ

¥4,300

こちらのサイトは今回3回目の利用です。 品揃えは豊富ですので、本当に助かります... (1レビュー)
フィラリア/ノミマダニ

¥4,900

とても丁寧に手続きのやり方など教えていただき助かりました。これからも利用しようと... (4レビュー)
寄生虫

¥4,500

やはり私はブランドの医薬品じゃないと心配。ノミとフィラリアはレボリューションを使... (1レビュー)
フィラリア/ノミダニ

¥6,000

満足です。庭に出ることが多いので蚊対策は必須です。 秋になってもまだ蚊が多く、... (11レビュー)
フィラリアランキング!