0

カート

猫がかかりやすい病気とその治療

猫も人間と同じで様々な病気にかかかります。
風邪や下痢、皮膚病といった病気は猫にも認められる病気です。
病院の中には症状が分かりやすいものもあり、ご家庭でも十分認知することが可能です。
猫にどのような病気があって、どのような症状になるのかを知ることで病気の早期発見につながります。
猫のかかりやすい病気、その症状、治療について紹介します。

猫の上部気道感染症

病気の概要

上部気道感染症は猫ちゃんに多く見られる疾患です。 原因は多岐にわたります。 細菌やウイルスが原因となります。 特に、「クラミジア」、「猫ヘルペスウイルス」、「猫カリシウイルス」など関与が大きいと考えられています。 野良猫や、多頭飼育の環境で発生しやすい疾患です。

猫の上部気道感染症

猫の上部気道感染症の症状

猫の上部気道感染症は呼吸器や粘膜に感染する疾患です。 症状として気づきやすいのは「くしゃみ」、「鼻水」、「目やに」といった症状です。 上部気道への感染が重症化すると、肺炎などの重篤な症状へ進行します。 目に対する症状も、目やにだけでなく、結膜が腫れて目が開かなくなる場合も少なくはないです。

病気に対するお薬

猫の上部気道感染症に対する治療には抗生物質が使用されます。 「マイコプラズマ」や「クラミジア」といった病原菌に感染すると症状が重篤化します。 ですので、それらの病原菌に対応する抗生物質の投与が必要となります。 ペットくすりのお薬では、アジーがお勧めです。 ただし、下痢などの副作用があるため獣医師に相談してからの投与をおすすめします。 また、抗ウイルス薬の使用も効果があると考えられています。 抗ウイルス薬としてはゾビラックスゾビラックスジェネリックがあります。

皮膚糸状菌症

病気の概要

皮膚糸状菌は、皮膚の硬い角化した組織に侵入して増殖する「カビ」です。 犬、猫だけでなく、うさぎやげっ歯類、爬虫類などにも感染します。 人間にも感染するため、「人獣共通感染症」と呼ばれます。 感染は「接触感染」です。 感染した動物の皮膚や被毛から感染します。 また、カビで汚染された土壌からも感染するため、外に出るワンちゃん、猫ちゃんには注意が必要です。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症の症状

皮膚糸状菌に感染すると主に皮膚症状が現れます。 皮膚の脱毛、カサブタ、フケが目立つようになります。 更には、皮膚が赤くなり、水ぶくれのようになってしまったりもします。 まれに皮膚の下(皮下)に硬いしこりとなる場合もあります。

皮膚糸状菌症に対するお薬

皮膚糸状菌の治療薬には、カビを殺す「抗真菌薬」が使用されます。 症状が広く全身に及ぶ場合、飲み薬での治療が必要となります。 しかし、症状が局所的であれば、症状がある場所に塗り薬を塗布していただくだけで十分です。 ペットくすりで取り扱いの、抗真菌薬が配合されている塗り薬には、ニゾラルケトコナゾールクリームがあります。

細菌性腸炎

病気の概要

下痢や食欲不振を主訴とする胃腸疾患の一つとして、細菌が原因となる細菌性腸炎、寄生虫が原因となる寄生虫性腸炎があります。 細菌性腸炎の原因菌として代表的なものに「クロストリジウム」と「カンピロバクター」があります。 クロストリジウムは正常な腸内細菌の中に存在しています。 しかし、クロストリジウムが産生する毒素が腸の上皮を障害する事があり、その場合腸に炎症が引き起こされます。 カンピロバクターは多くの場合病原性が無い細菌群です。その中で下痢を引き起こす種類は「Campylobacter jejuni」と考えられています。 カンピロバクターは腸管上皮内に侵入します。 上皮内で毒素を発生し、腸管を障害します。 若齢動物で発生することが多く、集団飼育で感染しやすいです。

細菌性腸炎

細菌性腸炎の症状

腸炎にかかった動物の主な症状は下痢です。 軟便から始まり、泥状の形になり、最終的に水様便となります。 重症化すると鮮血が混ざった血様便になります。 下痢が長期化すると脱水、食欲不振といった症状に進行し、命の危険もあります。

細菌性腸炎に対するお薬

クロストリジウム性腸炎に対して推奨される抗菌薬は以下の通りです。 「タイロシン」、「メトロニダゾール」、「アモキシシリン」。 このうち、ペットくすりで購入できるおすすめのお薬はフラジールメトロジールです。 両お薬共にメトロニダゾールという成分が含まれています。 カンピロバクターには「エリスロマイシン」、「タイロシン」、「エンフロキサシン」が使用されます。

慢性腎臓病

病気の概要

慢性腎臓病は高齢の猫ちゃんに多く認められる疾患です。 腎臓の機能が正常の状態から50%以上低下した状態です。 腎臓には血液のろ過機能があるため、腎臓の機能が低下すると汚い血液が身体に溜まっていってしまいます。 腎臓の機能は一度低下すると元には戻らないので、慢性腎臓病は生涯の治療が必要となります。

慢性腎臓病

慢性腎臓病の症状

慢性腎臓病は症状の程度や、血液検査の数値によっていくつかのステージに分類されます。 慢性腎臓病の初期には、水を大量に飲み、おしっこを大量に出す多飲多尿を呼ばれる症状が現れます。 しかし、症状が進行すると、今度は尿を生成することができなくなり無尿状態になります。 無尿状態になった猫ちゃんは命の危険があります。 また、腎機能が低下すると、吐き気、食欲不振、体重減少、高血圧などといった様々な症状が出てきます。

慢性腎臓病に対するお薬

猫の慢性腎臓病の治療は内科療法が中心です。 ステージごとの様々な治療がありますが、主な治療方法は以下の通りです。

  • 食事療法
  • 皮下もしくは静脈点滴
  • リン吸着剤
  • アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE1)

このうちの、アンギオテンシン変換酵素阻害薬は、血管を拡張させる作用があります。 この作用によって、腎臓からの血液の流れが改善され、血圧が下がり、慢性腎臓病による症状を軽減させます。 アンギオテンシン変換酵素阻害薬はペットくすりで購入することが可能で、フォルテコールというお薬です。

猫の歯肉口内炎

病気の概要

猫の歯肉口内炎は歯肉と口腔粘膜の炎症性疾患です。 難治性であることが多く、慢性的な病態になります。 原因は特定されていません。 口内細菌やウイルス、自己免疫などの関与の可能性があります。 エイズや猫白血病ウイルスとの関連も考えられています。

猫の歯肉口内炎

猫の歯肉口内炎の症状

歯肉炎の症状はその子によって様々です。 多く認められる症状は、よだれ、痛み、歯肉の赤みなどです。 症状が悪化すると、歯肉や口腔粘膜に潰瘍ができます。 痛みが強い場合は、ご飯を食べることも困難になります。

猫の歯肉口内炎に対するお薬

猫の歯肉口内炎に対する治療は「内科療法」と「外科療法」に分かれます。 内科療法として、抗菌薬、免疫抑制薬、消炎鎮痛薬、ステロイド薬などのお薬が使用されます。 この中で最も効果が認められると言われているのが「ステロイド薬」です。 ただし、投薬をやめると症状が悪化することが多いので、継続的な投薬が必要となります。 ペットくすりで取り扱いのステロイド薬にはワイゾロンなどがあります。 また、歯肉炎による細菌増殖を防ぐ目的で抗生物質も使用されます。 抗生物質としては、アジートキソモックスがおすすめです。 外科療法は「口腔内清掃」や「抜歯」といったものになります。

急性膀胱炎

病気の概要

急性膀胱炎は、通常無菌状態である泌尿器に細菌が増殖している状態です。 消化管内由来の細菌などによって引き起こされます。 「大腸菌」や「ブドウ球菌」の感染が多くの場合認められます。 細菌の他に真菌(カビ)などによって引き起こされる場合もあります。

急性膀胱炎

急性膀胱炎の症状

急性膀胱炎の症状は、血尿、頻尿、排尿痛、排尿困難といったものです。 おしっこが出にくくなったり、排尿痛があるため、普段と違う場所でおしっこを漏らしてしまう様子が目立ちます。 重症化すると、食欲不振や嘔吐も認められます。 更には、膀胱の細菌が腎臓に逆流し、腎臓に炎症を引き起こす場合もあります。

急性膀胱炎に対するお薬

急性膀胱炎の治療には、まず原因菌を減らすための抗生物質が必要です。 尿を採取して原因菌を特定してから抗生物質を使用するのが一番です。 しかし、症状が急激で原因菌の特定を待てない場合は、広い抗菌範囲を持つ抗生物質をまず使用します。 第一選択として、「アモキシシリン」や「アモキシシリンクラブラン酸」、「ニューキノロン系」の抗生物質が使用されることが多いです。 ペットくすりで購入できる薬では、トキソモックスバイロシンがあります。

結膜炎

病気の概要

猫の結膜炎は「猫ヘルペスウイルス1型」が原因となって発症します。 ヘルペスウイルスは結膜、角膜、鼻道、気管などの上皮に感染します。 「接触感染」もしくは「飛沫感染」で伝播します。 新生児猫に感染することが多いです。

結膜炎

結膜炎の症状

猫ヘルペスウイルスに感染すると、角膜や結膜に炎症が生じます。 炎症が進行すると潰瘍が出来ます。 潰瘍化した結膜もしくは角膜が接触することで眼球の癒着が引き起こされます。 眼球が癒着すると自力で目を開けることが困難になり、悪化すると視力にも影響を与えます。 また、鼻道や気管などの「上部気道」にも猫ヘルペスウイルスが感染するため、鼻水やくしゃみといった症状も引き起こされます。 眼球癒着は主に新生児猫で認められ、成猫で認められることは少ないです。

結膜炎に対するお薬

結膜炎の治療には「抗ウイルス薬」が主として使用されます。 ペットくすりで購入できるお薬はゾビラックスなどです。 また、潰瘍による感染を防ぐために抗生物質の点眼薬も使用されます。 テラマイシンの眼軟膏なども効果があります。 治療期間は長くなることが多く、1ヶ月程度かかるケースが多いです。

白内障

病気の概要

目の「水晶体」と呼ばれる部位が混濁し、透明性が低下した状態を白内障と言います。 外観的に目が白濁してきます。 発生原因として、先天性、遺伝性、代謝性、外傷性、薬物性、二次性、老化性などがあります。 猫では、先天性、外傷性、二次性の原因が多いかと思われます。 先天性白内障は「バーマン」、「ヒマラヤン」、「シャム」、「ペルシャ」などの猫種で報告されています。 外傷性は爪や牙を用いた猫同士の喧嘩が原因で起こります。 喧嘩による裂傷が角膜を通り越し水晶体まで到達した結果、白内障へ進行します。 二次性白内障は、他の疾患が原因で白内障が誘発されます。 白内障を誘発する疾患として、「ぶどう膜炎」、「緑内障」などが挙げられます。

白内障

白内障の症状

白内障に罹患すると視覚障害が生じます。 視覚障害がある猫は行動範囲が狭くなったり、壁や家具にぶつかったり、ふらふらと歩くようになったりします。 白内障が進行すると、視覚を喪失します。

白内障に対するお薬

白内障の治療は内科治療及び、外科治療があります。 ここでは、内科治療について説明します。 二次性白内障の場合は原因疾患を治療するための内科療法が行われます。 原発性白内障であれば、その進行を予防する点眼薬が使用される場合があります。 予防の点眼薬の効果は動物では定かではありません。 シーナックキャンCなどはペットくすりで購入可能な点眼薬です。

マイコプラズマ感染症

病気の概要

マイコプラズマは細菌です。 通常の免疫状態であれば感染することは少ないです。 しかし、免疫が弱っていたり、幼齢・若齢の猫であると感染する可能性が上がります。 マイコプラズマに感染した猫は気管・気管支・肺などに炎症を起こします。 マイコプラズマが単体で感染するよりも、他のウイルスや細菌とともに複合感染する場合が多いです。 肺炎を放っておくと致命的な状態に進行します。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ性肺炎の症状

肺炎に罹患した猫に認められる症状は、発熱、頻呼吸、努力性呼吸、呼吸困難などです。 病態の進行が早く、症状が進むと元気消失、食欲不振、体重減少を示すようになります。 また、二次感染を引き起こすと鼻汁や痰といった症状も示します。

マイコプラズマ性肺炎に対するお薬

マイコプラズマ性肺炎(細菌性肺炎)の治療には抗生物質が使用されます。 薬剤感受性試験の結果が出るまでは、呼吸器への分布が良い抗生物質が使用されます。 主にテトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質が使用されます。 ミノマイシンはテトラサイクリン系抗生物質の一つです。

フィラリア症

病気の概要

フィラリア症は犬で一般的な病気ですが実は猫にも感染します。 フィラリア虫体は猫の体内では発育しにくいので犬よりは発生率が少ないです。 しかし、感染が成立すると命に関わる病気なので恐ろしい病気であることに変わりはありません。

フィラリア症

フィラリア症の症状

肺動静脈にフィラリアが寄生すると、肺循環系に症状が発生します。 犬と比較して猫の場合症状が顕著に出ることは少ないです。 また、超音波検査などによる診断も猫の場合は難しいです。 ご家庭で認知できるほどの症状が出た場合は、症状がかなり進行した状態であることが多いです。 発生する症状は肺の症状が主になります。 具体的には、咳、呼吸困難、開口呼吸です。 更に、吐き気、食欲不振、体重減少などといった症状も発生します。 寄生部位が肺、心臓なので突然死のリスクも大きいです。

フィラリア症に対するお薬

前述のように猫のフィラリア症は珍しい病気で、発見も難しい疾患です。 フィラリア症が見つかったときには治療が難しいことが多いです。 なので、予防治療が一番効果的であると言えます。 予防時期は地域によって異なりますが、蚊が発生している間は予防が必要です。 具体的な予防時期は獣医師に相談してください。 ペットくすりで購入できる予防薬にはストロングホールドレボリューションがあります。

糖尿病

病気の概要

糖尿病は血液中の糖分が上手く体内に吸収されなくなる病気です。 血液中の糖分は「インスリン」と呼ばれる物質によって体内に吸収されます。 このインスリンの働きが上手くいかなくなった病態が糖尿病です。 猫の糖尿病は人で言うところの「2型糖尿病」であると考えられています。 2型糖尿病は肥満が原因とされています。 肥満になると身体がインスリンに抵抗性を示すようになります。 そして、体内でのインスリンの効きが悪くなり糖をうまく吸収できなくなります。

糖尿病

糖尿病の症状

猫の糖尿病の主な臨床症状は、多飲多尿、多食、体重減少です。 特に多飲多尿と体重減少は顕著に認められることが多いです。 猫の糖尿病では、末梢の神経障害も引き起こされます。 後ろ足に症状が現れます。 ふらついたり、足を上げたりする症状が認められます。

糖尿病に対するお薬

糖尿病の治療にはインスリンが必要です。 猫の場合は注射によるインスリンの投与が必要となります。 インスリンの治療をしながら食事療法の併用も行われます。 インスリン治療のフードとして、「低炭水化物・高タンパク食」が推奨されます。 食事療法によって、食後の高血糖を防ぎ、インスリン分泌の変動を緩やかにします。

耳の病気(ミミヒゼンダニ症)

病気の概要

耳ヒゼンダニ症はミミヒゼンダニが耳道に寄生することで引き起こされる病気です。 感染したミミヒゼンダニは耳道の表面に生息します。 ミミヒゼンダニが耳道内を動き回ることで痒みが引き起こされます。 また、ミミヒゼンダニが存在することで、ダニ抗原に対するアレルギー反応が起こり、それも皮膚症状の原因になります。 外に出る猫は感染する可能性が高くなります。 ミミヒゼンダニは耳の中で産卵し増殖するため、早期に治療を行わないと難治性の疾患になってしまいます。

耳の病気(ミミヒゼンダニ症)

耳ヒゼンダニ症の症状

ミミヒゼンダニが寄生すると耳から大量の黒い耳垢が出るようになります。 耳ヒゼンダニ症は強い痒みを伴うため、耳をかきむしり、耳表面を傷つけることも多いです。 さらに耳表面にイボ(丘疹)ができたり、カサブタが出来たりします。

耳ヒゼンダニ症に対するお薬

ミミヒゼンダニの治療は駆虫薬による全身治療と点耳薬による局所治療に分かれます。 耳の中に薬剤が入ることを嫌がる猫も多いので、駆虫薬による全身治療の方が負担が少ないかと思います。 ミミダニの駆虫にはレボリューションの使用が可能です。 また、耳の洗浄にはエピオティックが適しています。

ノミ・マダニによる皮膚病

病気の概要

マダニやノミによる疾患としてマダニ症、ノミアレルギー性皮膚炎が挙げられます。 マダニ症はマダニの寄生によって引き起こされます。 マダニ本体の吸血による症状とそれによって媒介される感染症の危険もあります。 ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの唾液が原因となって発症します。 ノミは猫から吸血するために皮膚を刺して血を吸います。 その際に唾液が皮膚の中に侵入しアレルギー反応を引き起こします。

ノミ・マダニによる皮膚病

ノミ・マダニによる皮膚病の症状

マダニ症の症状として、吸血による貧血、マダニタンパクによるアレルギー反応があります。 さらに、マダニが媒介する感染症として重症熱性血小板減少症や日本紅斑熱などがあります。 これらは猫に寄生するマダニを介して人に感染する危険がある病気です。 ノミアレルギー性皮膚炎は強い痒みを伴います。 さらには、脱毛、カサブタ、潰瘍などの症状も認められます。 病変は腰部、下半身、顔面、頭部に発生することが多いです。

ノミ・マダニによる皮膚病に対するお薬

マダニ症、ノミアレルギー性皮膚炎共に治療の第一選択は駆虫薬による駆虫療法です。 マダニやノミがいる場所に行かせないことも必要です。 また、ノミが発生しないように生活環境を対策することも重要です。 ノミ、マダニの予防、駆虫にはフィプロフォートプラスメロニルプラスが使用可能です。 ノミの活動時期は梅雨から夏にかけてがピークですが室温が13℃を超えていれば冬でも生息可能です。 マダニは梅雨と秋が感染の多い時期ですが、一年中感染の可能性があります。 よって、ノミ・ダニともに一年を通しての予防を推奨します。

猫の内部寄生虫(寄生虫性腸炎)

病気の概要

近年は外飼いの猫が減り、衛生環境が改善したことで寄生虫による病気は減少しています。 しかし、野良猫を保護した場合や、飼っている猫が外に出てしまった場合はどうしても寄生虫に感染するリスクが高まります。 消化器症状を引き起こす寄生虫は色々な種類のものが存在します。 感染した寄生虫の種類によって、便から様々な形の卵が検出されます。 寄生虫が成長すると、便から肉眼で虫体が検出されるようになります。 紐状の場合もあれば、米粒のような形をしていることもあります。 便から何か気になるものが出てきた場合は動物病院で相談してください。

猫の内部寄生虫(寄生虫性腸炎)

寄生虫性腸炎の症状

消化管内の寄生虫に感染した猫は主に消化器症状を示します。 軽度の軟便から始まり、泥状便、水様便へ進行します。 炎症によって腸管の粘膜が傷つくと血様便も生じるようになります。 また、吐き気が伴う場合もあり寄生虫が嘔吐物から出てくる時もあります。 さらに症状が進行すると、食欲不振、体重減少が引き起こされます。

寄生虫性腸炎に対する治療

寄生虫疾患にはその種類により様々な治療薬が使用されます。 腸トリコモナスにフラジールメトロジールが使用できます。 猫回虫および猫鉤虫への薬はキウォフプラスがあります。

参考文献:犬と猫の治療ガイド2015