犬の鼻水について

犬の鼻水

わんちゃんの鼻水が出ていても、犬は舌でなめてしまうために、飼い主さんはなかなか気づかないことが多いようですね。

しかし、気づかないで放っておくと、いつの間にか悪化して慢性的な病気に進むこともあります。

逆に乾いているときは鼻を舐める元気も無い証拠なのでどこか具合が悪いというサインとも言われています。

犬の主な鼻水に関係のある病気

犬の鼻水が出る病気はさまざまなものがありますが、いちばん多いのは鼻炎と副鼻腔炎です。

鼻炎は、空気の通り道(鼻腔)にある鼻の粘膜がほこりや花粉などの刺激によって炎症を起こしたり、細菌やウイルス感染によるいわゆる「鼻かぜ」によって起こります。

副鼻腔炎は、鼻腔の奥にある空洞部分の粘膜が炎症を起こすものです。
空洞になっているため、炎症が起きると中に膿がたまって蓄膿症になったり、粘り気のある鼻水が出ます。

鼻水に関係のある病気の名前と主な症状

  • 鼻炎
    • くしゃみ、水のような鼻水、膿状の鼻水、鼻水、呼吸がしにくい など


  • 気管支炎
    • 発熱、乾いた咳や湿ったような咳、食欲がなくなる、鼻水 など


  • 肺炎
    • 咳、発熱や嘔吐、呼吸困難、食欲がなくなる、元気がなくなる、胸からヒューヒューという音が聞こえる など


  • 副鼻腔炎
    • 粘りのある鼻水、くしゃみ、苦しそうに呼吸をする など


  • ケンネルコフ
    • 乾いたような咳、発熱、粘りのある鼻水、嘔吐や下痢 など


  • ジステンパー
    • 発熱、食欲がなくなる、下痢や嘔吐、鼻水、咳やくしゃみ、目ヤニ、痙攣(けいれん)、体重が減る など


  • 鼻の腫瘍
    • 腫瘍は数㎜の小さなものから数㎝の大きなものまであります。
      数㎜から1㎝大くらいになるまでにはある程度の時間がかかりますが、1㎝を過ぎて2、3㎝の大きさになるのはあまり時間がかかりません。
      1㎝くらいの段階で処置するのと、2㎝以上になって処置するのとでは、摘出の範囲も再発率も大きく違ってきます