犬の病気について

犬の病気は、人間の病気と同じように実に多種多様です。ただ、人間と違うところは、痛みや苦しみを言葉で伝えられないところです。そのために飼い主さんが犬の病気に気づかないことも多いのです。

犬の病気で最も有名なものはフィラリアではないでしょうか。フィラリア予防は犬の病気の中でも予防ができるものです。きちんと予防をすることで発症を防げる犬の病気の一つです。
ノミやダニの予防から防ぐことができる犬の病気もあります。きちんと毎月予防することで、怖いパスツレラ症やバベシア、Q熱、ヘパトゾーン症、野兎病、日本赤斑熱、ダニ媒介性脳炎やノミアレルギー性皮膚炎などの犬の病気を防ぐとことができます。

子犬の時期からのお手入れや、普段の耳や目、歯のケアを怠ってしまうとかかってしまう犬の病気もたくさんあります。耳の汚れやダニなどから起こる外耳炎や中耳炎などの犬の病気も実に多くの犬がもっています。また目にごみが入ったりドライアイを放っておくと、結膜炎などの重い犬の病気を引き起こします。デンタルケアをしていなかった犬は3歳以降に歯周病や歯肉炎などの犬の病気の中でも治療の難しい病気にかかってしまいます。

また、アジソン病や心臓病、アトピー性皮膚炎などの慢性的な犬の病気には、治療目的、現状維持のためのお薬が欠かせません。犬の病気も人間も病気と同じようにお薬を上手に使ってメンテナンスしてあげることで、犬の病気とうまくつきあって元気な毎日を送ることができます。これらの慢性的な犬の病気では、恒常的に飲んでいるお薬を切らせてしまったり、飲んだり飲ませなかったりすることが最もよくないのです。犬の病気と言えども、人間の病気と同じように考えてあげなくてはいけません。
ペット先進国のアメリカやオーストラリアでは犬の病気の薬は獣医に行かなくても買うことができます。その分犬の病気に対する治療も進んでいますが、海外のペット先進国では犬の病気を子犬のときから普段の生活にサプリメントを加えることで予防することも常識です。
毎日の食事にたった1杯サプリメントを振りかけるだけで犬の病気を予防できるのは、すごく簡単なのに効果は大変大きいです。日本でもサプリメントで犬の病気を予防することがかなり浸透してきました。防げる犬の病気は防いであげたいですものね。

 

ペットくすりでは、現在の様々な犬の病気を予防するお薬や、犬の病気の治療薬を多数取り揃えています。日本の獣医師から処方されるお薬や、同じ成分なのに、後発医薬品なので研究費がかかっていないため安価で販売されていジェネリック医薬品、日本未発売の犬の病気を防ぐためのサプリメントなど多数取り扱っています。

ペットくすりでは、多くの選択肢の中から、それぞれの犬の病気に合わせたお薬を選んでいただくことが可能なのです。またペットくすりで扱っているお薬は、全てペット大国アメリカやオーストラリアなどの厳しい審査をクリアています。ペットくすりで扱っている犬の病気のお薬は安心して使っていただくことができます。