犬の歯、猫の歯、何本?

犬は基本的な肉食動物の歯列を持つと考えられています。犬は成犬で42本(乳歯で28本), 猫は成猫で30本(乳歯で26本)です。子犬の歯は、通常、生後21日齢くらいから生え始め、生後2ヶ月齢ほどで生え揃います。その後、生後4ヶ月半くらいから永久歯が生え始め、生後7~8ヶ月齢くらいで生え変わりが完了。犬や猫も人間と同じように乳歯から
永久歯に生え変わることを知らなかった人も多いのではないでしょうか?口の中から出血しているのを発見してびっくりした人もいるかと思います。
この生え変わり完了間近の生後7ヶ月齢くらいの時に、歯の本数や形などをチェックしておくことをお勧めします。乳歯が抜けきらずに残ってしまう、いわゆる乳歯遺残は、歯並びが悪くなるということに加え、食べカスがたまりやすくなることから、歯垢・歯石のつきやすい環境を作ってしまい、結果的に歯周病にもなりやすくなってしまうので、できる限り早めに抜いてあげたほうがいいということです。
なので、子犬を飼っている人は、数日おきにチェックしてあげたらいいかもしれませんね。また、ペットの口臭で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?また主に以下に挙げるようなものは歯周病を疑うことができます。ただし、これらにあてはまるからといって、必ずしも歯周病であるとは限りません。他の病気からくる症状である場合も充分にありえますので、少しでも変だな……と思った時には、なるべく早めに動物病院で診察してもらうことをお勧めします。
やっぱり毎日診てる飼い主さんだからこそ分かる病気がたくさんあるのです。ペットの行動、気をつけて見てあげてくださいね。そして、毎日1回でいいからブラッシングを習慣付けるようにすれば、歯周病のリスクは大分軽減されてくるはずです。歯垢を取るのだって、動物病院でやってもらわなければならない(麻酔も使います!)大仕事。おうちでケアして歯垢がつかないようにしてあげたほうが、ペットにも飼い主の経済的にもやさしいですよね♪

dental.jpg
【歯周病チェック項目】
★よだれが多くなった。
★口の周りの汚れが目立つようになった。
★口臭を感じる。
★口の周りを前足で気にしていることが多い。
★口を床や家具などにこすりつけていることが多い。
★頭をよく振っている。
★口の周りを触ろうとすると嫌がる。
★軟らかいものばかりを好み、硬いものは食べようとしない。
★食事中に口からぽろぽろと食べ物をこぼすことが多い。
★片側の歯で物を噛んでいることが多い。
★食事中、または何かを噛んでいる最中、急に妙な声を出すことがある。
★食事を口の中に入れるものの、すぐにそれを出してしまう。
★食欲はありそうなのに、食べようとしない。
★片側の目に目やにが見られる、または目が充血している。
★クシャミ、鼻水、鼻からの出血などが断続的に見られる。
★頬や顎が腫れている。または、穴が開いている。