犬の心臓病

愛犬の心臓病とは


心臓病とは、心臓の機能が低下してしまうことです。心臓病は、心不全やフィラニア症などありますが、犬にとって一番多い心臓病に僧帽弁閉鎖不全症があります。

僧帽弁閉鎖不全症で多い症状

● 咳
● 疲れやすい
●やせてくる
●呼吸困難
●倒れる(失神)
●おなかが膨らんでくる
資金に余裕のあるアメリカの愛犬家が犬の心臓病のための研究をするプログラムに投資をし、情熱を傾けているようです。ミリオンハートチャレンジ(https://www.vetmedin.com/millionheartchallenge)というウェブサイト上では、100万人がこのウェブサイト上でクリックするとBoehringer Ingeleheim Vetmedica株式会社(BIVI)という会社が、アメリカの大学獣医学部内部の犬の心臓病の研究をサポートする(ACVIM)のチームに15,000ドルを寄付します。アメリカでは約7500万犬のうちの約10%が心臓病を患っており、そしてその数字は、高齢になるにつれ75%までに増加します。アメリカにおける全国調査では、犬の飼い主の半数以上が自分の犬は心不全のリスクにさらされる可能性があることを認識していないことを示しているそうです。若い元気なうちは、なかなか意識しないペットの心臓病。いざというときのために知識として調べてみるのもいいかもしれません。


オススメ商品