犬の年齢と適切な食事

子犬用から大人用の餌に変えるのはいつ頃が適切ですか?

人間の赤ちゃんの食事をミルク、離乳食、普通の食事と変えていくように、子犬もミルク、子犬用の餌、大人用の餌、高齢犬用の餌と食事を変えていく必要があります。
 
 子犬の場合大体生後一ヶ月の間はミルクを飲み、その後徐々に子犬用の餌に変えていきます。
 子犬用の餌は成長に必要な成分が多く含まれています。
 成犬の体重の約80~90%位の体重になったら、徐々に成犬用の餌に変更していきます。
 犬種によっても異なりますが大体生後9ヶ月くらいになると、成犬の80~90%体重になります。
 まずは子犬用の餌に成犬用の餌を4分の1ほど混ぜて数日与えます。
 その後は成犬用の餌の割合を3分の1、半分、4分の3と増やしていきます。
 その後に成犬用の餌を与えてください。
 高齢者用の餌は大体7歳くらいから与えます。
 そのころから関節のサプリなどをご飯と一緒にあげたりします。
 
 年齢とに合った食事を与えて、健康に気をつけたいですね!