犬のボディランゲージ耳の動き編

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

犬のボディランゲージ耳の動き編


犬の耳の動きについて

ウサギのように立ち上がっていたり、象のように垂れ下がっていたり。
血管が透けるくらい薄かったり、あごの下まで長かったり。
犬の耳の形は本当にさまざまです。また、犬の耳の傾け方で不安や威嚇を読み取ることができるのです。
唇のめくれ具合や、歯のむき出し加減と合わせて読み取ることで理解できます ※参照→犬のボディランゲージ表情編

【注目】

●耳がやや前に傾いている時→注目している時の耳です。大きな音や光景に「何だろう」と注目している状態です。
この状態で頭を少し傾けたり、口を軽く開く時は「面白い」と意味が変わってくるようです。

【攻撃前】

●耳が前に傾く→歯がむき出しになり、鼻にもシワが寄ります。自信のある犬が「攻撃するぞ」と威嚇する時です。

【怯え】

●頭に着くように耳が後ろに伏せられている→歯がむき出しで鼻にシワが寄っています。
このような状態の時は、恐怖を感じながらも自分の身を守る為に闘う攻撃体勢に入ったという合図になります。

【和解】

●耳は完全に後ろに伏せられている→歯も見えず鼻にシワも寄っていない状態です。
相手に和解を求める時、「襲わないで」と相手の気持ちを鎮める意味があります。

【遊びの誘い】

●耳を完全に後ろに伏せている→軽く口を開け、瞬きをしながら尾を高く上げている状態です。
耳は和解の時と同じですが尾を「遊ぼうと」誘っています。

【考え中・・・】

●前に少し傾けてピクピクさせたり、後ろや下に耳を動かす
→目の前の状況に不安を感じながら考えているしるし。「今考えているから、襲わないで」といっているようです。

【疑い】

●耳が後ろに引き気味で両側につきだしたような形
→「うさんくさい」と疑っている時だそうです。展開次第で攻撃に出たり、逃げることも。
犬がうさんくさいと感じる状況・・・ちょっと見てみたい!?


                                                                                                                                                                                                  

犬の耳ケアにおすすめな商品
耳ダニ

¥2,300
ミミダニがひどくて 病院に連れて行くのがストレスな時期だったので どうにかマシ... (16レビュー)
耳洗浄

¥2,300
ウエルメイト、ミミピュア、アイボメックと使っていましたが価格的にも興味があり購入... (4レビュー)
綿棒

¥598
フィラリアの薬とあわせて買ってみましたが、普段は指にタオルなどで耳掃除していまし... (4レビュー)