犬のフィラリア


フィラリアについて

ワンちゃんに大敵のこわーい病気「フィラリア」。フィラリアは蚊を媒介として感染します。一度感染すると完治が難しいため、予防が大切!

「フィラリア」とは

蚊が媒介する寄生虫の一種です。犬のフィラリア症は、犬糸状虫という種類のフィラリアが、犬の心臓や肺動脈に寄生し、さまざまな障害をもたらす病気です。

フィラリアは、まず蚊を媒介としてフィラリアの幼虫(L3、L4)が犬の体内に入り込みます。幼虫は成長しながら犬の体内を移動し、成虫となったフィラリアが心臓に寄生、子供(L1)を産み始めます。その結果、大量のフィラリアが心臓などに寄生することになります。血液の流れが悪くなり、さまざまな障害が出現します。そして、場合によっては死に至ることもあるとても恐ろしい病気です。

フィラリアに感染してしまうと、治療はとても大変。ワンちゃんにはもちろん、通院、治療費など飼い主さんの負担もかなり高くなります。そのため、予防がとても重要になります。

フィラリア予防薬

愛犬に月1回与えるだけで、その主成分であるイベルメクチンが、蚊が媒介するフィラリアの幼虫(L3、L4)と成虫が産んだ幼虫(L1)を駆除します。

ペットくすりでは、カルドメックストロングハートなどさまざまな種類のフィラリア予防薬を取り扱っています。
それぞれ特徴があるので、最適なお薬を選んで、予防薬の飲み忘れのないように気をつけましょう。


【関連ページ】
>フィラリア薬比較
>フィラリア予防薬・ノミマダニ駆除薬早見表
>猫のフィラリア
>フィラリアのブログへ