犬のデンタルケア歯周病歯槽膿漏

愛犬・愛猫のデンタルケア

ペットのハミガキ

今やペットは家族の一員。ペットの健康を考えて少しでもペットの体に良いものを与え、ペットに快適に過ごしてもらおうと努力をする時代になっています。

歯周病

ペットの口腔内の病気で一番多いのが歯周病。歯周病や歯槽膿漏等の口腔内の病気はほうっておくと、他の病気を引き起こしてくるというのは人間だけでなくペットにも同じ事がいえます。細菌に含まれる毒素が口の中の炎症部分から血流に乗って全身に回ってしまうと、心臓や肺、肝臓、腎臓、その他、いろいろなものに影響を与えてしまうのです。

デンタルケア

歯石がつかないようにするには毎日の歯磨きが必要で、子犬のころから口の中を触られるのに慣れさせておくと、飼い主にとってもだいぶらくちん。いったん歯石がつくと、デンタルリンスや歯ブラシでは落とせません。分厚い歯石がついてしまうと動物病院で除去してもらうしかなく、その方法といえば想像するよりも大掛かりなものです。
処置前の歯の様子
 

まず、口の中を洗浄。

抜歯鉗子で歯石を除去
 

歯垢・歯石を除去(スケーリング)

超音波スケラーで歯石を除去
 

冷却水を注入しながら、超音波スケラーで歯垢・歯石を除去

ハンドスケラーで歯石を除去
 

ハンドスケラーで細かい歯垢・歯石を除去

キュレットで歯石を除去し、ルートプレーニング
 

キュレットと呼ばれる器具を使い、歯周ポケット内の歯垢・歯石を除去した後に、再付着を防ぐため、歯肉に隠れている歯の表面を滑らかに

ポリッシングブラシによる研磨
 

歯垢・歯石が除去できた後は、再付着を防ぐため、研磨用のペーストをつけたポリッシングブラシで歯の表面を研磨

ラバーカップによる研磨
 

仕上げ用のペーストをつけたラバーカップで、同様に歯の表面を研磨

洗浄
 

最後に、口の中を洗浄

処置終了後の歯
 

処置も終わり、すっきりと綺麗な歯に。

この一連の処置は全身麻酔を施してからになるため、麻酔をかける前の検査等費用もかかってくるでしょう。もちろんペットの身体にも負担がかかります。また、この処置をしてきれいな歯になったからといって、歯磨きをしない生活が続けばまた歯石は付着するのです。

こうなる前に普段からヒト手間かけるだけで、きれいな歯は保てます。飼い主の歯を磨く前後に犬もついでに、という
習慣を付けてしまいましょう!