無駄吠えの悩み

子犬を迎え入れたその日からもうしつけは始めたほうがよいでしょう。親兄弟から離れ、寂しくて鳴くのでかわいそうで「よしよし」と慰めるのもわかりますが、鳴くと人間の注意をひきつけられると学習してしまうと、ちょっとの間出かけるにも泣き喚かれたらご近所から苦情が出てしまいます。まずは鳴きわめいたら無視をすること。「うるさい」と高い声で叫んでも、犬にとっては「相手にしてくれた」ととってしまうようです。また、犬種によっては、獲物を追跡したり、獲物発見・捕獲を狩猟者に知らせるために吠える吠えることを仕事とした犬種がいます。犬を選ぶときには犬種の特性を理解して選ぶことが重要です。ただ、あまり吠えないといわれる犬種でも、全く吠えないということはありません。また、犬にとって「吠える」という行為は、なにかしら意味を持っています。「要求」であったり、「暇つぶし」であったり、「縄張りを侵入者から守るため」だったりします。犬からのコミュニケーションが発信されていると思って、よく耳を済ませて下さい。