成犬を迎え入れる

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

成犬を迎え入れる

引退犬

施設や仕事(盲導犬やレース犬等)を引退した犬を引き取ってあげる。
それはとてもすばらしい事だと思います。
しかし、成犬を迎えるとなると、子犬を引き取ることとはまた少し違う問題があります。
家での過ごし方を知らない犬、家に入ったことすらない犬もいるでしょう。

初日

犬を家に連れて帰る日はこれから一緒に過ごしていく長い時間の最初の一歩です。
初めから危険な目に会わせて、第一印象をトラウマにしたくはないはずです。
成犬で、特に預り所で過ごしていたのであれば、不安がいっぱいの体験かもしれません。
新しい犬を迎える前にあなた自身を含め、家族、家の環境を準備しましょう。

家庭犬にするためには

レースを引退後、犬小屋とレース場を往復する生活を送っていたグレーハウンドに階段の上り下りを教えなければならなかったという事例もあります。
もちろん、躾もよく行儀のいい犬もたくさんいます。

ただ家に連れて帰るまで犬がどのように行動するかわからないものです。
犬の行動学者によると、成犬が新しい家に連れてこられた最初の数週間は「ハネムーン期間」と呼ばれています。

本来の性格を見極める

攻撃的である、食に貪欲である、その他プラスまたはマイナスな犬の本当の性格が現れるまで時間がかかるものです。
成犬は仔犬ほどクレートで過ごすことはありませんが、成犬にも避難場所(落ち着く場所)を提供する必要があります。
邪魔にならない場所を与え、疲れた時には避難できるのだということを教えましょう。

囲いを作る

成犬といってもまだ若く、噛みつきの多い時期の犬を引き取る場合があります。
不安から破壊行動へ移行することもあるため、立ち入り禁止場所にはベビーゲートなどが役に立ちます。

また、貰われてすぐの犬には、「自由」が多すぎると負担がかかることがあります。
新しい犬は逃げ出す可能性がとても高いので、囲いのある安全な庭から一歩外に出るときは
いつでもリードをつけることを忘れずに。逃げられて悲しい思いをしなくてすみます。