川沿いに多い病気とは?

ペット(主に犬、猫、フェレット)の重度の病気/死因として多くあげられているのが、肺疾患、心臓障害、その他の臓器障害と並んであげられているのが犬糸状虫症(フィラリア症)です。
フィラリア症は寄生虫による疾患で、蚊によって媒介される病気です。アメリカでは、大西洋とメキシコ湾の海岸に沿って、メキシコ湾からニュージャージーに沿って、ミシシッピ川とその主要な支流近辺が、フィラリア症の感染・発症が多いと報告されているようです。
これはフィラリア症は蚊を媒介して感染するので、川沿いが多いということで、感染・発症報告は50の州全てからされています。日本も川や渓流が多く存在し、冬場でも越冬する蚊が増えてきたとの報告がされています。年間を通してのフィラリア予防が推奨されています。