北葛城郡 で 動物病院

北葛城郡で動物病院は見つかりましたか?犬や猫などペットを飼っている家庭が多い割には動物病院の数が少ないのが現実です。ペットの場合、フィラリアやノミダニなど寄生虫予防、駆除は毎年の必須事項ですので、放置すると大切なペットの健康被害につながります。特に犬、猫のペットを飼っている場合、動物病院が必要になるのはやはりフィラリアやノミダニの予防や治療ですね。フィラリアやノミダニは春先から冬前までにかけて活発になるのでフィラリア予防薬やノミダニのお薬は欠かせません。動物病院が近くにある場合は良いですが、近くにない場合は通販でお薬を購入することもできます。ペットのお薬を動物病院で購入する場合は処方箋が必要ですが、お薬の個人輸入の場合、処方箋無しでもフィラリア薬やノミダニ薬のフロントラインなどを自宅から通販できるので、毎年必要なお薬は通販なら便利ですね。

はじめは血管の中にいた目に見えないほど小さなフィラリアの幼虫は、犬やネコの身体の中でどんどん増殖し、大きく育ってしまいます。 オス、メスのフィラリアがペットの体内でつがいになり、何匹もペットの身体の中で増えてしまうのです。 増えたフィラリアはペットの心臓や肺の側に入り込み、ペットの突然死などを引き起こします。 北葛城郡で動物病院をお探しでしたら、 フィラリアは、ィラリア予防薬で防ぐことができます。 このフィラリア予防薬は市販されていないため、動物病院で処方してもらう事で手に入れる事ができます。 安価なので毎月のおくすりを個人輸入で手に入れる飼い主さんもおられるようです。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 北葛城郡で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりで取り扱っている商品は、ワンちゃん用のものが多いですが、ネコちゃん用もありますよ!個人的に今後はネコ用商品もドンドン取り扱って行きたいと思います★ご希望の商品がありましたら、是非お問合せください。取り扱えるかどうか確認いたします。

お得なジェネリック医薬品

最近では当たり前になっている「ジェネリック医薬品」。人間の薬だけでなく、動物ようのジェネリック医薬品もあります。後発医薬品といい、先発医薬品と同じ成分、同じ効果があり、そして先発医薬品より安価で手に入る所も魅力です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニの駆除薬には、フロントラインプラスがオススメです。投薬後24時間でノミの成虫を駆除、マダニも48時間で駆除できます。毎月1回、肩甲骨の間にお薬を垂らすだけの簡単投与。 ノミの卵の孵化、発育までブロック!

ペットを病気から守る

バクテリア感染、寄生虫感染の治療には、合成抗生物質で抗原虫剤として「フラジール200mg」がご検討いただけます。犬猫のジアルジア症に処方されます。日本ではアスゾールという名称です。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品