三島 で 動物病院

「レボリューション」はヒト用の医薬品も製造している製薬メーカーである、ファイザー社のペット用医薬品です。 フィラリア予防、ノミ予防、ミミヒゼンダニの予防ができる医薬品で、ペットの肩甲骨の間の皮膚にたらして使用するフロントラインタイプの薬剤です。 塗布して使用できるので、内服のフィラリア予防薬を食べたがらない、味が嫌いで吐き出してしまうようなペットにも楽に使用する事ができます。 日本国内で取り扱われているペット医薬品と全く同じものである海外版が、個人輸入などで入手できる場合もあります。 このような海外バージョンの医薬品はまったく同じものでありながら、国内版よりも安価な事が多くなっています。 三島で動物病院をお探しでしたら、このような海外版のペット医薬品を検討するのももよいかもしれませんね。

はじめは血管の中にいた目に見えないほど小さなフィラリアの幼虫は、犬やネコの身体の中でどんどん増殖し、大きく育ってしまいます。 オス、メスのフィラリアがペットの体内でつがいになり、何匹もペットの身体の中で増えてしまうのです。 増えたフィラリアはペットの心臓や肺の側に入り込み、ペットの突然死などを引き起こします。 三島で動物病院をお探しでしたら、 フィラリアは、ィラリア予防薬で防ぐことができます。 このフィラリア予防薬は市販されていないため、動物病院で処方してもらう事で手に入れる事ができます。 安価なので毎月のおくすりを個人輸入で手に入れる飼い主さんもおられるようです。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 三島で動物病院を探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、2000種以上の医薬品を薬剤師が確認、検品、再確認でお客様のご注文を毎日梱包、配送準備しています。 当店でご紹介させていただいているジェネリック商品は FDAまたはWHO cGPMの承認商品です、安心してご利用 いただけます。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ安全性、成分、投与量、品質で作られています。ブランドの医薬品には決まった期間の特許がありますが、その特許期間が過ぎ、他の製薬会社により全く同じ成分、安全性で作られた安価な薬がジェネリック薬品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットくすりでも扱っている「フロントラインプラス」の成分は、Fipronil(フィプロニル) 100g/L、S-Methoprene(S-メトプレン) 90g/Lです。首筋に垂らすだけ!簡単に投与が出来ます。ノミ・マダニ、シラミ、ハジラミ、成虫だけでなく、卵と幼虫の駆除に最適です。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品