ペットの花粉症

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

ペットの花粉症


ペットが花粉症に?

人間のようにくしゃみや鼻水などの症状が出る場合と、ひどくなると目が痒くなったり、皮膚に炎症が起こる場合もあります。ペットの場合加減を知らず体をかきむしって余計ひどくなる場合もあります。もし愛犬や愛猫が、季節によって皮膚を痒がったり、外耳炎がひどくなったり、あるいは鼻水や涙を流していたら、それは花粉症かもしれません。最近犬や猫の花粉症が認められるようになり、その数も結構多いということが言われています。人の花粉症の症状がくしゃみや鼻水、咳、皮膚炎、下痢などであるのに対し、犬や猫では主に皮膚に症状が多くでるようで、皮膚の痒みや発赤、外耳炎などがみられます。スギ花粉などにより発症するアレルギーを花粉症と呼んでいます。症状上記のように、主な症状は皮膚症状です。皮膚が赤い、皮膚を痒がるあるいは痒がることにより毛が抜けてしまうなど、ほかのアレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎と症状はほとんど変わらないようです。ただ、おそらく花粉症の場合は季節性があると思われ、スギ花粉であれば人と同じように2月頃から始まり5月か6月頃まで続く皮膚炎となるでしょう。また中には涙や鼻水を流す子もいるかもしれません。新聞にも掲載されたことがあるようですが、やはり主流は皮膚症状のようです

【検査】

花粉症は当然、厳密なアレルギー検査をしなくては診断がつきません。獣医師の判断でアレルギ-検査をすることになり、結果をみてみたら花粉だった、ということでしか診断することはできません。ただし、猫のアレルギー検査は困難で、花粉症であると断定できることはまずないと思って下さい。検査は血液検査、皮内反応など人のアレルギー検査と同じですが費用もかかります。ほとんど確信的にアレルギーを疑った場合しか、検査を勧められないかもしれません。

【治療】

花粉症のコントロールは人でも非常に難しいものです。必ずしも根本的な治療ばかりでなく、費用の関係からも対症療法が多くとられていると思われます。ベストは花粉に触れないようにすることですが、お散歩にも行かなければいけないので、完全にシャットアウトするというのは難しいかもしれません。皮膚にぴったり密着したウェットスーツのような犬用洋服が花粉症対策に販売されているようです。こういうものを着用させるのも効果があるようです。


ペットの花粉症のお薬
アトピー性皮膚炎

¥5,800
(アトピー性皮膚炎ではないのですが)皮膚の痒みに悩んでいました。アトピカで大分落... (2レビュー)
アトピー性皮膚炎

¥3,600
免疫介在性貧血で、アトピカを処方されていたのですが、毎週の採決とともに金額があま... (15レビュー)