ペットの事故を未然に防ぐ

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

ペットの事故を未然に防ぐ

家庭内でのペットの多い事故

窒息や中毒、怪我、ある種の病気などは予防することができます。ペットの事故で一番多いのは窒息です。

おもちゃ

愛犬の窒息を防ぐには必ず犬用のおもちゃを買い与えましょう。
可動パーツや縫いつけられたパーツのあるおもちゃは危険です。
ボールやその他のチュートイ(噛めるおもちゃ)もしっかり吟味しましょう。
遊ばせる前に飲み込んでしまわない大きさかどうかの確認をします。
小型犬は大きな犬よりも小さめのおもちゃが必要です。

もしサイズの違う犬を飼っている場合、大型犬を小型犬用のおもちゃで遊ばせてはいけません。
鶏や魚の骨も窒息の原因になることがあります。
調理された骨は絶対に与えてはいけません。骨は調理されると砕けやすくなり窒息の原因になります。台所のごみは犬の手の届かないところに置きましょう。

中毒

次に中毒の危険性です。あまり気にとめてはいませんが、わたしたちは日々多くの毒や有害物質に接しているものです。中には犬にとって有害だけでなく致命的なものも多く含まれています。

ペットに有害なもの

●室内・外の植物
●清掃用品
●車用の溶液
●ネズミ捕り用毒物
●殺虫剤 など
またヒトが食べる、チョコレートや玉ねぎなども有害です。これらに加え、あなたがこれは毒だと思うものはすべて犬の手の届かないところに保管しましょう。

事故

運動中の怪我や自動車関連の事故は防ぐことができます。
怪我を防ぐ最良の方法は、安全なフェンスで囲んだ場所で遊ばせるにしろ、リードをつけるにしろ、犬を飼い主のコントロールできる状態にすることです。犬の状態に気をかけ、体調管理をしましょう。

突発的な怪我や病気

肉離れや日射病、熱射病、熱中症。その他運動中に起こる事故を防ぐことができます。
愛犬の運動は「一週間に一度激しく」ではいけません。
「一日のうちで一番暑い時間帯に運動させる」なんてもってのほかです。

愛犬には常に水を与え脱水を防ぎます。 中にはどこからともなくやってくる病気があるように思えます。
愛犬に「咳をする、嘔吐する、下痢をする」などの症状が現れたとき、放っておけば治るだろうと思わないことが大切です。

かかり付けの獣医に電話をし、犬の症状を伝えましょう。愛犬の治癒の早さは飼い主の行動の早さに比例するのです。