ペットのフードアレルギー

ペットのフードアレルギーをご存じですか?

ペットのフードアレルギーは長い間摂取し続けた食べ物に含まれる成分によって起こります。通常2年以上特定の成分を含む食べ物を食べ続けた場合に起こる可能性があります。

アレルギーが最も起こりやすいのは牛肉、鶏肉、卵、牛乳などです。遺伝によって食べ物以外のアレルギーがある場合や、アトピーのある場合はフードアレルギーになりやすいといわれています。
フードアレルギーの症状は他のアレルギーと同じくかゆみや搔痒(そうよう)症などで、他のアレルギーとの区別が非常につきにくいといわれています。

顔を頻繁に搔いている、・皮膚が臭う、耳をかゆがっているなどの症状がある場合は獣医師に相談してみてください!