大和郡山 で ペットくすり

大和郡山でペットくすりをお探しですか?特に多いのが犬、猫のフィラリア予防やノミダニに駆除ですね。通常の動物病院ではこれら寄生虫の予防・治療は一般的ですので最寄りの動物病院でフィラリアの予防薬やノミダニの治療薬を処方してもらえます。ただし、お住まいの場所によっては動物病院が近くになくてペットの症状の診断やお薬の処方ができないと言う方も多いのではないでしょうか。近くに動物病院が見つからない場合は、ペットのお薬を個人輸入で通販することもできます。 特に春先から秋あたりはフィラリアやノミダニなど寄生虫が繁殖する季節のため、フィラリア予防薬やノミダニ駆除薬などを通販して自宅に常備しておくと安心ですね。

動物病院で処方されるフィラリア予防薬では「カルドメック」が有名ですね。 またペットがノミやマダニに苦しむ事が無いように使う、ダニ駆除剤では「フロントライン」が有名ではないかと思います。 どちらもペットに欠かす事が出来ないお薬ですが、このダニ駆除とフィラリア予防の両方の効果を持つペット医薬品もあります。 大和郡山でペットくすりをお探しでしたら、このような複数の効果の薬が1つで済むペット医薬品もいかがでしょうか。 このような複数の効果を持つ医薬品には特別な利点もあります。 皮膚の弱いペットのノミ・ダニ対策が内服の薬で出来る場合や、 反対に内服のくすりをなかなか食べてくれないペットに塗布でフィラリア予防が出来ることもあるのです。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、大和郡山の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 ペットくすりを忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

人間のお薬にジェネリック医薬品があるように、ペットのお薬にも動物用ジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、研究開発の期間や費用が短く、低く抑えられることから、先発医薬品に比べて安くなっています。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

あなたの家の近くでノミ・ダニ駆除のお薬を購入できるところはありますか?ただ、仕事の関係でなかなか動物病院の営業時間内に行くことができない場合は、個人輸入が便利です。動物病院で利用されているフィラリアの予防薬と同じものを購入することができます。

ペットを病気から守る

ペットも人間と同じように歯を磨くことが長寿の秘訣です。 現在では、1日1回飲み水に歯みがき用の液体を入れておくだけでお口のケアができる商品があります。また、歯ブラシを使用したり、歯みがき用のガムを使用するのもよいでしょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品