西海 で フィラリア薬

西海でフィラリア薬は見つかりましたか?犬や猫などペットを飼っている家庭が多い割には動物病院の数が少ないのが現実です。ペットの場合、フィラリアやノミダニなど寄生虫予防、駆除は毎年の必須事項ですので、放置すると大切なペットの健康被害につながります。特に犬、猫のペットを飼っている場合、動物病院が必要になるのはやはりフィラリアやノミダニの予防や治療ですね。フィラリアやノミダニは春先から冬前までにかけて活発になるのでフィラリア予防薬やノミダニのお薬は欠かせません。動物病院が近くにある場合は良いですが、近くにない場合は通販でお薬を購入することもできます。ペットのお薬を動物病院で購入する場合は処方箋が必要ですが、お薬の個人輸入の場合、処方箋無しでもフィラリア薬やノミダニ薬のフロントラインなどを自宅から通販できるので、毎年必要なお薬は通販なら便利ですね。

フィラリアが発症してしまった場合、西海の動物病院では、どのように治療するのでしょうか。フィラリアの症状やペットの年齢や状態によって判断されますが、手術で成虫を取り出す方法、駆除薬でフィラリアの幼虫と成虫を取り除く方法、幼虫だけ取り除く方法、フィラリアによる咳や貧血を改善する対症療法などの治療が行われています。手術で取り出す場合は全身麻酔が必要で、喉の血管に管を入れて成虫を直接つまみ出していく治療になります。 いずれも、月に一回フィラリアの予防薬を服用させるよりもペットにも飼い主さんにも大変負担がかかる治療になりますので、月に一度の薬の投与でフィラリアを予防してあげましょう。あなたのペットに合ったフィラリア薬を見つけておくことをオススメします。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 西海でフィラリア薬を探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりで取り扱っている商品は、ワンちゃん用のものが多いですが、ネコちゃん用もありますよ!個人的に今後はネコ用商品もドンドン取り扱って行きたいと思います★ご希望の商品がありましたら、是非お問合せください。取り扱えるかどうか確認いたします。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ安全性、成分、投与量、品質で作られています。ブランドの医薬品には決まった期間の特許がありますが、その特許期間が過ぎ、他の製薬会社により全く同じ成分、安全性で作られた安価な薬がジェネリック薬品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットくすりでも扱っている「フロントラインプラス」の成分は、Fipronil(フィプロニル) 100g/L、S-Methoprene(S-メトプレン) 90g/Lです。首筋に垂らすだけ!簡単に投与が出来ます。ノミ・マダニ、シラミ、ハジラミ、成虫だけでなく、卵と幼虫の駆除に最適です。

ペットを病気から守る

ペットの薬を選ぶ際に把握しておきたいポイントが、ペットのサイズ、年齢、好みなどです。味付けがミルク味やビーフ味、バニラの香りがするものなど様々なタイプのものがありますので、わんちゃんの好みを考えた上で購入するようにしましょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品