東茨城郡 で フィラリア薬

東茨城郡でフィラリア薬を探している方の多くが犬か猫を飼われているんではないでしょうか。中でも多いペットの症状がフィラリア、ノミダニに代表されるペットの寄生虫です。中でもフィラリアには要注意です。春から冬前まではフィラリア予防薬でしっかり対策してあげましょう。動物病院でフィラリア予防薬やノミダニ駆除薬の処方は可能ですが、近くに動物病院がない場合やあっても効果的なフィラリア薬が売り切れている場合などもありますので、常にペット薬は自宅に常備しておくと安心ですね。ちなみにペット薬のフィラリア予防薬ハートガード、ダイロハート、カルドメックなど有名なペット薬は個人輸入で通販することもできます。自宅から通販して自宅に発送してくれるので多忙な方にはとても便利ですね。

東茨城郡でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリア薬といえば、フィラリアの薬を探している方が多いですね。フィラリア症とは、フィラリア(別名:犬糸状虫)という寄生虫が原因で起こる病気です。フィラリアは蚊を媒介してうつります。フィラリアの蚊に吸血された動物にはフィラリアの幼虫が植えつけられます。フィラリア幼虫は動物の心臓めがけて移動し、さらに幼虫を生みます。それらが血液にのって全身に行き渡り、しばらく経つと血液の循環がうまく機能しなくなり様々な病気を引き起こします。 フィラリア症は、犬以外の動物でも、室内飼いの場合でもかかります。 しかしながら、きちんと投薬を続けることで予防できる病気でもあります。フィラリアの薬は蚊が飛び始めて1ヶ月後から、蚊が飛ばなくなって1ヶ月後まで、投薬します。

フィラリア薬を探している場合、まずノミ・ダニに関する基本的な知識を持っておきたいものです。実際に、ノミ・ダニがどんな病気であるかを把握しておけば、予防 をしておきたいと思うようにもなります。ノミは犬や猫の体の表面上で 卵を産み、繁殖します。どれくらい繁殖するかというと、なんと、ノミ(メス)は1日に最大約50個もの卵を産むのです。卵は小さく、簡単に犬や猫の体から落ちます。いくら掃除をしても、犬や猫にノミがついていると、ノミの繁殖はとまりません。飼い主さんにとってもペットにとってもノミ・ダニをしっかりと駆除することが大切です。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ安全性、成分、投与量、品質で作られています。新薬には決まった期間の特許があるため、一般的にはその間同じ薬は他の製薬会社は作れません。特許期間が過ぎ、他の製薬会社により同じ成分、安全性で作られた安価な薬がジェネリック薬品です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬として人気の「レボリューション」は経口薬(錠剤タイプ)が苦手な犬・猫の最適な場所に垂らすだけでのスポットオンタイプです。 ノミの卵や幼虫にも効果を発揮し、ノミの再寄生を予防します!また、フィラリア予防の効果もあります。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品