フィラリアについて知っていますか?

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料

フィラリアについて知っていますか?

フィラリアって聞いたことはあるけど、、、

フィラリア

ワンちゃんや猫といったペットの飼い主なら誰でも「フィラリア」って聞いたことがあるでしょう。
蚊による病気ということは比較的に良く知られているようです。犬のフィラリアの場合、ほとんど全国で発病され、東京や大阪といった大都市でもよくある疾患です。

しかし、意外と「フィラリア」っていったいどんな病気なのか知らなかったり、「フィラリア」の感染経路や予防薬について間違った情報をもっている方が多いようです。毎年一回の予防接種と「フィラリア」の予防を勘違いする方も、年に二回、又は夏だけ予防する飼い主さんも少なくはありません。

また、「うちはマンションなので、蚊に刺されることはない」と自信したり、「フィラリアの予防薬はペットの体に悪い」という話を聞いて予防薬の給与を悩んでいる飼い主さんにも遭うことがあります。そしてここでは、大切なペットのために「フィラリア」とは何かついて徹底分析してみようと思います。

フィラリアって何?

フィラリアって何

フィラリア」は、蚊を介して「フィラリア(Dirofilaria immitis)」と呼ばせる寄生虫に感染し発症する疾患です。

言い換えれば、蚊により感染する寄生虫の一種と考えれば分かりやすいでしょう。犬や猫だけではなく、多くはありませんが人への感染もあります。犬の場合、フィラリア(成虫になると30cm にもなる)が寄生することで血流が悪くなり、様々な障害が表れます。このよう状態を放置すれば死に至ることもあるりますので、犬にとっては重大な病気です。

また猫の場合、フィラリアは猫の肺に障害を起こします。ところで、猫の場合フィラリア症の診断が難しく、咳、呼吸困難、嘔吐などの症状が出てきた時は生命が危険な状態です。いつも健康そうにみえていた猫ちゃんが突然死亡することもあります。現在、猫のフィラリアの治療法は確立しておりません。最善の方法は事前の予防することです。

フィラリアの感染経路

フィラリアの主な症状

フィラリアを予防するには?

フィラリアを予防するには

簡単に言えば、蚊に刺されることがなければフィラリアに感染することはありません。
しかしながら、百パーセント蚊に刺されることを防止することはできないのが現状であります。フィラリア予防薬の機能は、蚊に刺されてフィラリアに感染したという仮定で幼虫を殺滅することで成虫への繁殖を防ぐことです。蚊に刺されることを完璧に防ぐことができないのであれば、成虫感染だけは防ぐということがフィラリア予防の目的なのです。

もし予防薬の副作業などを心配して成虫に感染し治療を受けなければならないことになったら、その治療に使われる薬物は予防薬には比べられないくらい強い薬で、肝臓や他の臓器にも致命的です。
このように成虫の治療はリスクやコスト面で負担になりますし、重症感染の場合後遺症で持続的な管理が必要です。したがって、認定されているフィラリア予防薬の投与量と投与期間を守って事前に予防することが、一番確実な予防になるでしょう。

フィラリアは?

フィラリア薬は

フィラリア予防薬には「飲むタイプ(錠剤、おやつ)」、「スポットオンタイプ(背中に塗らす)」と「注射タイプ」など、いろいろな種類があります。たまにフィラリアに感染しているかも知れないという「仮定」だけで、薬物を投与することを心配に思っている方がいます。
特に長期服用による肝臓や腎臓への負担を心配していることが多いようですが、予防薬の成分よりは容量に注目してください。
良く知られている「カルドメック(ハートガード)」、「ダイロハート」、「レボリューション」といったお薬は安全性や有効性テストで合格した薬物であり、低用量を繰り返し投与することで効果がみられるので安全性が高いです。また、フィラリア予防薬に関する副作用は主に予防薬に使われる補形薬によることが多いです。したがって、食べ物にアレルギーを持っている子には「飲むタイプ(錠剤、おやつ)」を避けて「スポットオンタイプ(背中に塗らす)」や「注射タイプ」を投与して、お肌にアレルギーを持っているこには「飲むタイプ(錠剤、おやつ)」を与えたらいいでしょう。過去には蚊が活動する4月から12月まで予防薬を投与する方法(季節的予防法)が一般的だったんですが、この方法は効果的な予防法ではないことが判明されおススメすることができません。

現在、アメリカのフィラリア症の専門学会などでは年中一ヶ月おきにフィラリア予防薬物を投与する年間投与方を推奨しています。たまに予防薬を投与したのにも関わらずフィラリアに感染したというケースを耳にしますが、このようなケースの多くは投与感覚を守らなかったことが多いです。なので、投薬日を一ヶ月以上守らなかった場合はフィラリアの予防薬を投与しても感染することがあることに気をつけるべきでしょう。

button