ツメダニについて


tsumedani.jpg

ツメダニ症とは

ツメダニ症とよばれる感染症には、イヌツメダニ、ネコツメダニ、ウサギツメダニなどがあり、
皮膚表面で永久寄生します。 弱齢動物ほど痒みと皮膚病変が激しく、皮膚をかきむしったり、
セロテープをペトッと肌に直接貼って剥がすことにより、ダニまたは卵が検出されます。
罹患動物の接触によりヒトへの寄生もありますが、同居しているペットの治療が行われれば病変は数週間で治癒します。

【予防】

いったん皮膚病になるとかゆみでペットにストレスを与えるだけでなく、人間にも不快なものです。
予防できる疾患は予防して、ペットも飼い主も快適に過ごしたいものですね。