フィラリア予防薬の格安通販!犬猫のブランド薬が低価格で買える通販サイト

メニュー

0¥0
ホーム
複数購入

フィラリア予防薬

表示 1 ~ 48 / 68件中 (2 ページ)

フィラリアの予防は、犬猫問わずに毎年行うのが一般的と考えられています。
たとえ完全室内飼いの猫でもフィラリア予防を行うのが当たり前になりつつあります。
フィラリアに感染した犬猫は、肺や心臓にフィラリアが寄生してしまい最終的には死に至ります。
そのため、動物病院で3月から12月にかけてフィラリアの予防を受診する人が増えてきていますが、費用が高いことに頭をかかえる飼い主様も多いのが現実です。 たとえば、多頭飼いの方や交通費や診察費を節約したい方にとっては、動物病院での費用が高いと感じるかもしれません。
そんな方におすすめなのが、フィラリア予防薬の通販です!

ペットくすりでは、フィラリアの予防に効果があるカルドメックレボリューションミルベマイシンA錠など動物病院でも処方されるブランド薬を格安でご用意しています。
お薬の一覧を見てもらえば、どれだけ価格が安いかわかっていただけると思います。 他にもジェネリック医薬品と呼ばれるブランド薬と同一成分が配合されているお薬もご用意しているので、ブランド薬よりもさらに安く購入できます。 多くのお客様のリクエストを受けて登場した、パッケージ&説明書はすべて日本語で書かれてある、バジルガードプラスハートプロテクトプラスは、安心・安全の商品だとご好評を頂いています。

早速、格安で購入できるフィラリア予防薬の一覧を見てみましょう。

フィラリア予防薬一覧

ペットくすりで購入できるフィラリアの予防薬をすべて一覧にしました。
あまり知られていないフィラリア薬が購入できるのも通販ならではです。気になるブランド薬がある方は、ブランド名からも商品を選べます。

フィラリアの予防薬は犬猫別、犬種別に一覧にすると商品数もかなり多くなります。

気になるお薬が見つかった方は、お薬の詳細ページを確認してください。
どのお薬がいいかわからない方は、フィラリア薬をブランド別に比較したフィラリア予防薬比較を確認してもらえば、どのお薬がペットに合うかわかるはずです。 他にもペットくすりで人気商品をランキングにしたフィラリア薬ランキングも参考になるはずです。比較表と違い売上別のランキングになっています。
フィラリア予防薬は通販なら低価格で購入できることが分かったと思いますが、実際にフィラリア予防をするうえで、忘れてはいけないポイントがあるのでご説明していきます。

フィラリア予防に関するポイント

はじめにフィラリアの予防に関するポイントについてご説明していきます。
間違った知識のままフィラリア薬を使って予防しても効果が得られないどころか、ペットがフィラリアに感染してしまうかもしれませんので、ここで正しい知識をしっかり身につけましょう。

ポイント1去年購入したフィラリア薬は使えない

フィラリア薬は、毎年しっかり新たに購入しないといけません。 去年使用したお薬の余りでは、効き目がなく犬猫がフィラリアに感染する可能性が非常に高くなります。

フィラリア薬には使用期限があり、それが切れたお薬では予防できません。 また他の理由は、フィラリア予防薬を使うときは、事前に血液検査が必要になります。 検査をせずにフィラリア薬を投薬すると、犬猫がアナフィラキシーショックを起こし死んでしまいます。 そのためフィラリアの予防期間が終わったら、お薬は捨てるまたは使え切れるように計画的に購入するのがいいでしょう。

ポイント2多少ずれ込んで投薬して問題ない

フィラリア薬は毎月決まった日に必ず与えないといけないということありません。 前後しても問題はありませんが、1カ月間与え忘れるとフィラリアに感染する確率が高くなります。 フィラリア予防も大切ですが、投薬することでペットの体調の変化も考慮しましょう。

ポイント3蚊を完全に取り除くのは無理

いくら蚊取り線香など殺虫剤を使用しても完全に蚊を防ぐことはできません。 ペットを守ることに神経質に考えすぎて疲れないようにしてください。 フィラリアは刺されただけでは感染しません。

フィラリア薬を投薬し忘れたら…

フィラリアの予防期間中に1回ほど、お薬を投薬し忘れたらどうしたらいいのでしょうか。 多くの飼い主様が頭を抱える点でもあるはずです。 万が一、フィラリア薬の投薬を怠った期間に犬猫がフィラリアに感染しても発症するまで6カ月かかるため、血液検査を再度行ってもフィラリアに感染したか確かめられません。

実は、与え忘れに気づいた時にフィラリア薬を投薬することが大切です。 フィラリアに感染していると、アナフィラキシーショックになるとお伝えしましたが、これはミクロフィラリアと呼ばれるフィラリアの幼虫が大量に死滅することで起きます。 ミクロフィラリアは感染から6か月後に発生するので、投薬忘れに気づいた時点で与えてもアナフィラキシーショックを起こすことはありません。 与えて忘れに気づいた時に、フィラリア薬を与えるのが最善の予防法になります。 しかし1シーズン与えなければ、フィラリアの感染は避けられないので注意してください。

フィラリアの予防時期は?

フィラリアの予防が必要な時期は、毎年3月から12月が目安になります。 地域によっては、投薬期間が変わるので1年通して投薬するのが一番安全と言えます。 毎月1回投薬して対策していきます。 先ほども触れましたがシート内で1度や2度与え忘れがあっても気づいた時点から再度投薬をしてください。 フィラリアの詳細な感染経路や感染理由について知りたい人は、犬フィラリア症と猫フィラリア症から犬猫別にそれぞれご確認いただけます。

フィラリア予防薬の種類

フィラリアの予防をするうえで忘れてはいけないのが、お薬の種類です。 それぞれタイプ別に特徴が異なるので、ペットの性格や飼い主様が与えやすいお薬を選ぶといいでしょう。 まずフィラリア薬には錠剤タイプ、チュアブルタイプ、スポットオンタイプの3種類があり、チュアブルタイプが一番人気のお薬のタイプになっています。 それぞれどのような違いがあるかまとめました。

チュアブルタイプ

お肉やお菓子のような味・臭いをつけて、おやつのように食感なども加工したお薬です。ペットが嫌がらずに食べてくれるので、飼い主さんの投薬の手間も最小限に抑えられる人気のタイプです。ペットくすりで一番人気のお薬も、チュアブルタイプのお薬です。

錠剤タイプ

その名の通り、錠剤のお薬です。お薬を飲むことに慣れている犬には錠剤のお薬も良いでしょう。また、錠剤タイプのお薬は小さく割っておやつや少量の食事に混ぜると良いでしょう。錠剤タイプの中にもタブレットのように割り安くなっているものもありますので、そのようなものを選ぶのも手です。

スボットオンタイプ

皮膚に垂らして使用するタイプのお薬です。お薬は全く受け付けないというペットには皮膚に付けるタイプのお薬が便利です。

チュアブルタイプ、錠剤タイプ、スポイトオンタイプと種類も豊富でわからないですよね?ペット薬では、人気のフィラリア薬のランキングがあるので、犬フィラリアを日ごろから予防したい人は、一度確認してみてください。フィラリア薬ランキングは、犬猫のアイテムを両方掲載しているので、ここではおすすめの犬フィラリア薬をご紹介します。

おすすめのフィラリア予防薬!

フィラリア予防薬でおすすめはストロングハートチュアブルとレボリューションになります。
ペットくすりでも人気が高く多くのお客様にお使いいただいております。

ペットのサイズ別に3種類のアイテムがあり、飼っている犬の大きさに合わせて購入できるので無駄な作業もなく楽です。

気になる方は、ぜひ一度商品詳細ページをご覧ください。

最後に、効果の継続時間について

フィラリアの予防薬は1カ月に1度与えるため、1カ月間効果が続くと思う方も多いはずです。 実は、1カ月も続かないのです。 フィラリア予防薬は、あくまでも駆除薬ため投薬した時のみ有効です。 ではどうして1カ月に1回なのか? それはフィラリアの特性にあります。 先ほどもお伝えした通り、フィラリアが感染してから発症まで6カ月あります。 これはミクロフィラリアがフィラリアに成長する期間を表しています。 つまり、フィラリア予防薬は、感染したミクロフィラリアが成虫になる前にすべて駆除してくれます。 そのため、フィラリア予防薬は1カ月も効果の持続期間がないです。

ランキングから人気商品を見てみよう!

ペットくすりはお得なセールがいっぱい!