レボリューション犬猫用の通販やノミダニ駆除薬ならペットくすり

メニュー

0¥0
ホーム
3,999円以上送料無料
3,999円以上送料無料

レボリューション

表示 1 ~ 6 / 6件中 (1 ページ)

レボリューションとは?

レボリューションはフィラリア症予防をはじめ、ノミやミミヒゼンダニ、そして猫回虫と鈎虫といった消化管内寄生虫を駆除することができます。
しかし、レボリューションは国内に生息するマダニへの駆除効果については確認されていません。
レボリューションには犬用と猫用の製品が存在し、それぞれペットの体重に合わせたタイプの製品を選んで投薬する必要があります。
外部寄生虫の中でも駆除が大変だといわれているノミですが、レボリューションを使用することでノミの成虫だけではなくノミの幼虫と卵にも作用し、ペットに寄生するノミのライフサイクルを断ち切ることが可能です。
レボリューションを投薬することでフィラリア症の予防とノミ・ダニの駆除が同時に行えますから、外部寄生虫と内部寄生虫の悪影響から効率よくペットを守ることができるという特徴があります。
レボリューションは滴下タイプの薬液ですから、経口摂取するタイプの薬剤が苦手なペットにおすすめです。
用心深い性格のペットの場合には、錠剤やチュアブルタイプの薬剤を吐き出してしまうことがあるかもしれません。
しかし、レボリューションのような滴下タイプの薬液なら、首元にすべての薬液を垂らすだけで確実に投薬を完了することができるでしょう。
また、速乾性の薬液ですから滴下後は速やかに皮膚に吸収され、2時間後にはシャンプーをしても薬の有効性に影響することはありません。
レボリューションには、有効成分セラメクチンの濃度によって「レボリューション6%」と「レボリューション12%」がありますから、ペットの体重や種類によって指定されている製品を使用するようにしましょう。
レボリューションは動物用医薬品やワクチン開発、そして遺伝子検査等を行っているアニマルヘルス企業・ゾエティス社によって製造されています。
ゾエティス社は、アメリカに本社を構える製薬会社ファイザー社のアニマルヘルス事業を担当する企業として2013年に独立して以来、約70ヵ国で事業展開を行っています。
現在120ヵ国において医薬品の販売を行っており、レボリューションは日本国内でも動物用医薬品として動物病院で購入することが可能です。
しかし、インターネットを通して、海外市販版のレボリューションを入手する方法もあります。
海外販売されている製品のためパッケージや説明書等は日本語表記ではありませんが、成分や効能、使い方の点では日本で手に入れることができるレボリューションとまったく同じ商品です。
ですから、ネット通販を活用すれば、レボリューションの正規品を動物病院で購入するより安い価格で手に入れることができるでしょう。

レボリューションの効果

フィラリア症の発症を防ぐためには、フィラリアの成虫が心臓や肺の動脈に移動してしまう前にフィラリア症予防薬を投薬して駆除する必要があります。
レボリューションは、フィラリアの幼虫の中でも第3~第4期の成長段階にいる幼虫に対して駆除効果を発揮し、フィラリア症の発症を予防することができます。
また、レボリューションを投薬すれば、外部寄生虫であるノミを駆除することが可能になります。
ノミに噛まれるとただかゆいだけではなく、ノミの唾液がアレルゲンとなってアレルギー性皮膚炎を招くことがあります。
ひどいかゆみを伴うアレルギー性皮膚炎になると、ペットが体中を掻きむしって掻き傷から細菌等が侵入し、化膿性皮膚炎を招きかねません。
化膿性皮膚炎になるとなかなか完治せず、抗生物質による治療が必要になります。
レボリューションにはノミの成虫と幼虫の駆除効果があるほか、ノミの卵を孵化させない効果もありますから、レボリューションを投薬すれば、かゆみや皮膚炎をもたらすノミを徹底的に取り除くことができるでしょう。
さらに、レボリューションを使ってノミを駆除すれば、ノミが媒介する瓜実条虫症を防ぐことも可能です。
多数の瓜実条虫に感染すると、激しい下痢や体重が減少する場合があります。瓜実条虫はペットだけではなく人間にも感染しますから、ペットに寄生しているノミを駆除することが感染予防に繋がるといえるでしょう。
また、レボリューションにはミミヒゼンダニを駆除する効果もあるとされています。
ミミヒゼンダニはペットの耳の中に寄生して、ひどいかゆみを引き起こします。
ペットの皮膚を傷つけて炎症やアレルギーを引き起こすほか、ペットが搔きむしることで外耳炎や内耳炎を発症するケースもあり、神経症状が出ることもあります。
一度寄生すると自然治癒することは難しいとされていますが、レボリューションを投薬することでミミヒゼンダニの害からペットを守ることができるでしょう。
レボリューションの効果は1カ月間持続します。そのため、フィラリア症を予防する必要のある時期やノミが活発に活動する時期には、毎月の定期的な投薬が求められます。
ノミやダニの駆除薬としてフロントラインが有名かもしれませんが、レボリューションを投薬すればノミ・ダニ駆除に加えて、フィラリア症を予防することができるでしょう。
しかし、国内に生息しているマダニへの駆除効果は確認されていませんから、マダニの寄生からペットを守ろうと思うなら、マダニ駆除の薬を別に投薬する必要があります。

レボリューションの有効成分

レボリューションには、主成分としてセラメクチンが配合されています。
セラメクチンはマクロライド系の駆除薬の成分で、アメリカに本社を置く製薬会社のファイザー社が開発しました。
レボリューション投薬後、皮膚から吸収されたセラメクチンが神経細胞にあるCl-チャンネルの受容体に働きかけます。
Cl-チャンネルにセラメクチンが結合すると、細胞膜の透過性が上がって通常は細胞外に存在するCl-チャンネルが細胞内に流入します。
すると、神経細胞内がマイナス傾向になって、これまで電位が低く保たれていた分極状態から過分極を起こします。
過分極状態によって神経細胞に興奮が伝わらなくなると、中枢神経系が抑制されて麻痺を引き起こしてフィラリアの幼虫やノミの成虫等を死に至らせます。
セラメクチンはペットの体内に存在するフィラリアの幼虫を駆除できるだけでなく、ノミや回虫の成虫、そしてミミセゼンダニの駆除にも効果を発揮します。
レボリューションが投薬されると、フィラリアの幼虫は皮下組織や血管内でセラメクチンと接触しますが、ノミの成虫は吸血行為によって血液からセラメクチンを体内に摂取することになります。
一方、回虫は腸管内でセラメクチンと接触し、ミミヒゼンダニに至っては耳道の皮膚組織内の浸出液に存在するセラメクチンに接触します。
それぞれ寄生虫の種類によってセラメクチンに接触する場所は異なりますが、セラメクチンがペットに寄生している内部寄生虫にも外部寄生虫にも高い駆除効果を発揮する点では同じだといえるでしょう。
有効成分であるセラメクチンはノミの卵や幼虫にも作用して、ノミの卵を孵化させなくし、ノミの幼虫を取り除くことも可能です。
ファイザー社の調べによると、猫48頭に対して体重1kg当たり6mgのセラメクチンと投薬した結果、99%のノミの産卵数の減少と92%の孵化率の低下がみられました。
さらに、セラメクチンが作用することで85%もの割合でノミの成虫到達率の低下がみられました。
これを数字に置き換えると、約8,300匹のノミに対して成虫になるのはたったの1匹という割合になります。
(参考サイトURL https://www.zoetisus.com/global-assets/private/revolution6_news_vol02.pdf )
上記の結果からもわかる通り、レボリューションに配合されているセラメクチンはフィラリア症の予防だけではなく、外部寄生虫であるノミを駆除してその寄生を防ぐことができるといえるでしょう。

レボリューションのご使用方法

フィラリア症の予防とノミ・ダニを駆除する画期的な薬、レボリューションの使い方は下記の通りです。

01

パッケージを開封し、投薬1回分のレボリューションを1本取り出します。

02

青いキャップを押して、キャップの先に付いている針でチューブに穴をあけましょう。

03

毛づくろいをしてもペットが舐めることのできない首元の被毛を掻き分け、皮膚に直接薬液を滴下します。

04

逆流しないよう容器から薬液を押し出し、すべて投薬できたか確認しましょう。

05

空になった容器は、お住まいの地域の自治体のゴミ分別法に基づいて処分しましょう。

レボリューションには、ペットの体重ごとに下記の種類が存在します。

  • レボリューション子犬子猫用(体重2.5kg以下)
  • レボリューション猫用(体重2.6~7.5kg)
  • レボリューション超小型犬用(体重2.6~5.0kg)
  • レボリューション小型犬用(体重5.1~10kg)
  • レボリューション中型犬用(体重10.1~20kg)
  • レボリューション大型犬用(体重20.1~40kg)

定められた用量を守るためにも、ペットの体重に合った製品を使用するようにしましょう。

レボリューションの投薬時期

フィラリア症の発症を防ぐためにレボリューションを投薬する場合には、フィラリアを媒介する蚊が活動をはじめる時期から蚊がいなくなる時期の1,2カ月後までを投薬時期とみなすことができるでしょう。
地域の気温によっても蚊の発生する時期や終息時期は異なりますが、4月もしくは5月から11月か12月までをレボリューションの投薬時期と考えることができるかもしれません。
フィラリアを媒介する蚊の一種であるアカイエカは、気温が25℃~30℃になると10日ほどで卵から孵化して成虫になります。
気温が高い日の続く夏の時期には爆発的に増殖しますから、ペットのフィラリア症の感染リスクが高くなります。
フィラリア症の感染リスクを下げるためにも、蚊の活動が活発になる時期にレボリューションを投薬し忘れることのないよう、春先から毎月1回定期的に投薬を行いましょう。
しかし、フィラリアを媒介する蚊の中でもチカイエカのように、ビルの下水槽などで孵化して、地下鉄やオフィスの中などで1年中姿を見掛けることができる蚊も存在します。
冬でもフィラリア症を媒介する蚊が存在することを知れば、「1年を通してレボリューションを投薬したほうが良いのでは?」と考える人もいらっしゃるかもしれません。
レボリューションは周年使用可能なフィラリア症の予防薬です。
1年中投薬をすることで、フィラリア症予防薬の投薬を開始する前に必要なフィラリア症の感染検査を行なわなくても良いというメリットがあります。
また、ノミ・ダニ駆除薬としても知られているレボリューションですが、主にノミの駆除を目的とする場合には、ノミの繁殖活動が活発な時期を中心に投薬することができるでしょう。
フィラリアを媒介する蚊と同じく、ノミも気温が温かくなると繁殖活動が活発になります。
気温3度以下になるとノミの卵や幼虫は死んでしまいますが、ペットに寄生している成虫やさなぎは被毛の中に隠れて生存することができます。
一般的に気温が13℃以上あればノミは繁殖を行うことが可能であるといわれており、気温の点でも湿度の点においても、家の中は1年中ノミが繁殖するうえで好条件が揃った環境となっています。
ですから、ペットを室内飼いしているのであれば、1年を通してレボリューションを投薬する必要があるといえるでしょう。

レボリューションのご使用上の注意

安全に使用するためにも、レボリューションの使用上と使用後の注意点に留意しましょう。

レボリューションの使用上の注意点

  • レボリューションの投薬を開始する前にはフィラリア症の検査を行いましょう。
  • ペットの体重を正確に計測しておきましょう。
  • ペットの体重に合わせた製品を使用するようにしましょう。
  • 犬や猫以外のペットへの使用は控えましょう。
  • 離乳前、生後6週齢未満の子犬や子猫への投薬は控えましょう。
  • ペットの体調が良好なときに投薬を行いましょう。
  • ペットが薬液を舐めてしまわないように注意して投薬しましょう。
  • 薬液が手についてしまった場合には速やかに流水で洗いましょう。
  • 薬液が目に入らないように注意して投薬しましょう。
  • すべての薬液が投薬できたことを確認しましょう。

副作用の発症リスクを低減するためにも、レボリューションを投薬する前にはペットの体重を正確に計測して、体重に合った製品を投薬するように心がけましょう。
レボリューションの有効成分でるセラメクチンは、体重1kg当たり6mgを基準量としています。
そのため、体重40kg以上のペットに対しては大型犬用のレボリューション1回分に加えて、ほかのピペットを組み合わせて投薬する必要があるでしょう。
毎月1回の定期投与が求められますが、ペットが体調不良の場合には投薬により副作用が起こる場合もありますから、投薬予定日を変更することも考慮しましょう。

レボリューションの使用後の注意点

  • レボリューション投薬後、2時間以内のシャンプーや水遊びは控えましょう。
  • 薬液が完全に乾くまでペットが舐めてしまわないように注意しましょう。
  • まだ乾燥していない投薬部分を手で触らないようにしましょう。
  • もしも副作用の症状が見られた場合には直ちに獣医師に相談しましょう。
  • 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所で保管するようにしましょう。
  • 使用後の容器はお住まいの地域の自治体の指示に基づき廃棄しましょう。

投薬後、薬液の乾きが早いのが特徴のレボリューションです。しかし、2時間以内にシャンプーなどをして薬液部分を水に濡らしてしまうと、薬の持続効果に影響を与えてしまいます。
そのような場合、通常1カ月持続する薬の効果が薄れて、フィラリア症感染やノミ発生の機会を与えてしまう恐れがあるでしょう。
もちろん投薬してから2時間以上経過していれば問題はありませんが、もしもシャンプーをする予定であれば、投薬前日までにシャンプーを済ませておいたほうが良いかもしれません。

レボリューションの副作用

レボリューションの副作用は、主に下記の通りです。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 流涎
  • 息切れ

レボリューションを投薬する際には、ペットが薬液を舐めてしまわないように、首元付近の背面皮膚に滴下します。
投薬後はすばやく皮膚に吸収され、速乾性が特徴となっているレボリューションですが、ペットが毛づくろいをして薬液を舐めてしまった場合に、下痢や流涎、そして嘔吐などの副作用の症状が起こる場合があります。
特に、ペットを多頭飼いしているケースでは、投薬後にお互い毛づくろいし合う可能性があり、副作用が起こってしまわないように注意する必要があるでしょう。
動物用医薬品データベースによると、レボリューション12%の重篤な副作用例は犬2件、猫が1件報告されています。また、レボリューション6%の場合の重篤な副作用情報としては、平成18年から平成29年の間に猫25件、そしてウサギが1件報告されています。
しかし、これまで動物用医薬品データベースに報告されてきた副作用情報の多くは、レボリューション投薬と副作用の因果関係がはっきりしていないものがほとんどです。
むしろ、レボリューションに配合されている有効成分の影響というよりも、指定されている用法や用量をきちんと守らない、投薬日のペットの体調を考慮しないなどの誤った投薬方法で、副作用の症状が発症した可能性が高いといえるでしょう。
レボリューションは2005年に発売されてから約13年間におよび、たくさんのペットをフィラリア症感染やノミ・ダニから守ってきた薬です。
実際、ファイザー社では、各種試験によってレボリューションの安全性が確認されています。
例えば、6週齢のペットに10倍量までのレボリューションを経皮投与をした試験で、安全性が確認されました。また、イベルメクチン感受性コリーに5倍量までのレボリューションを経皮投与した試験でも、安全性が認められています。
また、ファイザー社の調べによると、レボリューションの毒性は経口摂取するタイプの寄生虫駆除剤と同じくらい低いことが明らかにされました。
(参照サイトURL https://www.zoetisus.com/global-assets/private/revolution6_news_vol04.pdf  )
ちなみに、レボリューションは生後6週齢の子猫や子犬だけではなく、妊娠中や授乳中のペットにも使用することができます。
レボリューションであれば、フィラリア症予防薬として有効成分にイベルメクチンが配合されている駆除薬を避けたほうが良いコリー犬種に投薬することもできるかもしれません。
いずれにせよ使用上の注意に留意して正しく用いることで、副作用が発症する心配なく安全に使用することができるでしょう。

ランキングから人気商品を見てみよう!

ペットくすりはお得なセールがいっぱい!