キウォフハート通販!犬フィラリアに効果的な薬ならペットくすり

メニュー

0¥0
ホーム
複数購入

キウォフハート

表示 1 ~ 3 / 3件中 (1 ページ)

キウォフハートとは?

1研究者が品質を徹底分析

「品質にとことんこだわって作りたい。」
そんな研究者の思いが形になりました。開発前に競合のフィラリア予防薬を徹底分析。改善点をつぶさに調べ研究を重ねた結果、完成した予防薬です。

2支持率が最も高かったミート味

お薬を飲むのが苦手なワンちゃん。できるだけ美味しく飲んでもらおうと、ワンちゃんの好みの味を徹底調査。食べ比べをした結果、最も食いつきの良かった「ミート味」でのご提供が決定しました。

3効き目の早さ!

薬を飲んでから効果が出るまでにどれくらい時間がかかるの?と不安を持たれる飼い主さんも多いはず。本品は投薬後30分以内に効き目が始まるスピードが魅力です。

キウォフハートとは、投薬しやすい錠剤タイプのフィラリア症予防薬です。キウォフハートは、動物用医薬品として日本で知られているカルドメックや、海外のフィラリア症予防薬として知られているハートガードのジェネリック医薬品になります。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、カルドメック等の新薬とまったく同じ成分と効き目を持っています。
キウォフハートはカルドメックチュアブルと同じく、フィラリア症の予防だけではなく、回虫や鈎虫といった消化管内寄生虫を同時に駆除できるといった特徴を持っています。
フィラリア症予防薬には錠剤タイプと滴下タイプのほか、チュアブルタイプの3種類が存在しています。
もしも滴下タイプの薬が苦手だというのであれば、錠剤タイプのフィラリア症予防薬であるキウォフハートを与えることができるでしょう。
また、キウォフハートは投薬後にすぐにシャンプーをすることができるので、入浴や水遊びが大好きなワンちゃんに特におすすめです。
さらに、滴下タイプのフィラリア症予防薬の場合にはペットが舐めて嘔吐や流涎といった症状が出る恐れがありますが、キウォフハートならそのような心配はありません。
そのため、犬を多頭飼いしているご家庭や小さなお子様のいらっしゃるご家庭では、キウォフハートのような錠剤タイプの薬の使用がおすすめです。
キウォフハートは犬専用のフィラリア症予防薬ですから、ほかの動物への使用は避けるようにしましょう。
2014年に発売されたキウォフハートは、インドの製薬会社サヴァメディカのグループで、動物用医薬品を製造しているサヴァ・ヴェットによって製造・販売されています。
比較的新しい薬ですが、フィラリア症の予防薬として世界トップブランドであるハートガード、そして20年以上の販売歴を誇るカルドメックと同じ成分が配合されているので、安心して使用することができるでしょう。
キウォフハートは国内の動物病院で入手することができないため、インターネットを通して海外から購入する必要があります。
ジェネリック医薬品ですから先発品よりも値段が安いというメリットがあり、日本で動物用医薬品と認定されているカルドメックよりも安価で入手することができるでしょう。
フィラリア症の感染予防のために定期的に投薬する必要のある薬ですから、ペットの健康維持のためにも、お求めやすい価格で購入することができるキウォフハートを選んでいる方もいらっしゃるようです。

キウォフハートの効果

キウォフハートは、フィラリア症を予防する効果があります。一般的に、フィラリアの赤ちゃんであるミクロフィラリアを宿した蚊に吸血されることで、犬の体内にフィラリアの幼虫が侵入します。
キウォフハートは、ペットの皮下に潜んでいる第3成長段階から第4成長段階にいるフィラリアの幼虫の神経と筋細胞に働きかけ、駆除効果を発揮します。
ペットの体内にいるフィラリアの幼虫を駆除することで、フィラリア症を発症させないようにして予防をすることが可能となっています。
さらに、キウォフハートには、犬回虫や犬鈎虫といった消化管内寄生虫を退治する効果も持っています。
キウォフハートを投薬すると、薬の効果で痙攣を起こしたり麻痺を起こしたりした消化管内寄生虫が腸内に留まることができずに糞便中に混じって体外へ排出されます。
おなかの虫と呼ばれるそれら消化管内寄生虫を一掃することで、発育不良や消化不良、下痢や貧血などの症状を解決することができるでしょう。
フィラリア症の予防および、消化管内寄生虫の駆除を同時に行えるキウォフハートの効果は1カ月の間持続しますから、毎月投薬を忘れずに行いましょう。
フィラリアは感染リスクが高く、蚊が活動する時期から活動の終息時期後しばらくまで定期的な予防薬の摂取が求められます。
また、消化管内寄生虫を完全に駆除しようと思うのであれば、1回のみの投薬では思ったほどの駆除効果は得られません。そのため、毎月1回の定期投与が必要とされます。
キウォフハートは経口摂取する錠剤タイプの薬ですから、滴下タイプのフィラリア症予防薬よりも簡単に投薬できるかもしれません。
ペットの中には、滴下タイプのフィラリア症予防薬の投薬を嫌がる子もいるでしょう。投薬時に大人しくできないワンちゃんであれば、キウォフハートのような経口摂取する予防薬がおすすめです。
もしも錠剤をそのまま飲み込むのが難しいのなら、錠剤を半分に割って少しづつ与えることができるかもしれません。
ジェネリック医薬品であるキウォフハートの使用を不安に思う人もいらっしゃるかもしれません。
ですが、有効成分の効き目や品質の点でキウォフハートが、ほかのフィラリア症予防薬より劣ることはありません。
価格が安いキウォフハートですが、国内で動物用医薬品に認定されているカルドメックと同じ効果を発揮し、安全性の点でも同じく高い評価を得ています。

キウォフハートの有効成分

キウォフハートには、イベルメクチンが主成分として配合されています。イベルメクチンは規定の用量を守るなら、妊娠中や授乳中の犬でも使用できるほど安全性が高い成分で、多くのフィラリア症の予防薬に配合されています。
キウォフハートを投薬すれば、フィラリアの幼虫が成虫になる前に駆除することができ、フィラリア症の発症を予防することが可能になります。
しかし、すでにフィラリアの幼虫が成虫になってしまっている場合には、イベルメクチンの作用でペットがショック状態に陥る可能性があるため、キウォフハートの投薬は控える必要があります。
キウォフハートを投薬すると、有効成分であるイベルメクチンがペットの体内にいるフィラリアの幼虫の神経と筋細胞に作用します。
神経・筋細胞にあるグルタミン酸作動性CI-チャンネルにイベルメクチンが結合し、CI-が細胞に流入して過分極が引き起こされます。
通常、細胞膜を仕切りにして細胞の外と細胞の中ではイオン組成が異なります。しかし、イベルメクチンによって神経細胞内のイオンがマイナス方向に変化し、神経の抑制を行う過分極の状態になります。
この状態に陥ると、フィラリアの幼虫の神経が麻痺して、死に至らせることができます。
また、イベルメクチンはヒゼンダニが原因となる疥癬にも効果を発揮します。ヒゼンダニ症とも呼ばれている疥癬は強烈なかゆみをもたらす伝染性の皮膚病で、ペットだけではなく人にも感染します。
キウォフハートは主にフィラリア症の予防薬として知られていますが、疥癬を患っているペットの治療にもイベルメクチンが使用されているため、疥癬の改善を期待することができるでしょう。
キウォフハートにはイベルメクチンのほかにも、パモ酸ピランテルが有効成分として配合されています。
パモ酸ピランテルは蟯虫や回虫、鈎虫の駆除に効果を発揮する成分です。消化管内寄生虫の神経接合部位に作用し、脱分極を引き起こして神経を遮断します。
脱分極によって神経遮断されると痙攣性の麻痺が起こり、消化管内寄生虫を駆虫することができます。
ただし、キウォフハートを使用するのであれば、ピペラジン系駆除薬との併用を控えるようにしましょう。
回虫を駆除するために使用されるピペラジン系駆除薬とキウォフハートを併用すると、互いの内部寄生虫駆除の効果が打ち消されてしまいます。
もしも、キウォフハートとほかの薬を併用しようと思うなら、獣医師に相談してから服用するようにしたほうが良いでしょう。

キウォフハートのご使用方法

キウォフハートの使い方は、下記の通りです。

01

パッケージを開け、ミシン目に沿って1回分を切り離します。

02

1パッケージ6錠入りですが、1回分1錠を取り出します。

03

そのまま与えることもできますし、おやつなどに混ぜて与えても良いでしょう。

フィラリア症の予防とおなかの虫の駆除を同時に行えるキウォフハートは、まさに一石二鳥の薬だといえるでしょう。
そんなキウォフハートには、体重別に下記の3種類が存在します。

  • キウォフハート小型犬用 (体重11kg以下の犬用)
  • キウォフハート中型犬用 (体重12kg~22kg以下の犬用)
  • キウォフハート大型犬用 (体重23kg~45kg以下の犬用)

もしも超大型犬でペットの体重が46kgを超える場合には、体重1kg当たりに対して、キウォフハートの主成分であるイベルメクチン6㎍を摂取できるようにうまく製品を組み合わせて投薬する必要があります。 比較的安全性の高い薬ですが、イベルメクチンの過剰摂取にならないためにも、投薬前には必ずペットの体重に合わせた用量を与えるように心がけましょう。

キウォフハートの投薬時期

キウォフハートの投薬時期は、フィラリアを媒介する蚊が活動しはじめてから1カ月後、そして蚊がいなくなってから1、2カ月後までとなります。
日本国内でフィラリアを媒介する蚊の種類は16種類ほど存在しますが、地域によって蚊の活動時期にズレがあります。
蚊の活動に適した気温は25℃~30℃ですが、それぞれ種類ごとに活発になる温度が異なります。
例えば、アカイエカは25℃前後がもっとも活動的になる気温とされていますが、ヒトスジシマカは30℃前後がもっとも活発に活動する気温となっています。
蚊が活発に活動しはじめると、蚊に刺されるリスクも高まります。ですから、気温が高い時期には忘れずに投薬をするようにしましょう。
中には、蚊の姿を頻繁に見かけるようになる夏の時期だけ、フィラリア症の予防薬を投薬すればよいと考える人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、気温が25℃~30℃に達しなくても蚊は活動しています。
蚊の発生は地域によって異なりますが、だいたい3月か4月頃には吸血活動を行うようになり、11月くらいまで活動します。
予防薬の投薬忘れを恐れて1年中投薬するという人もいらっしゃるようですが、少しでも投薬期間を短くしたいと思うなら、1年のうち8カ月、もしくは9カ月間だけキウォフハートを投薬することができるでしょう。
キウォフハートの予防効果は1カ月間持続しますから、毎月1回の定期投薬が欠かせません。
数日ほど投薬が遅れてしまったくらいではなにも問題ないかもしれませんが、1カ月以上投薬をし忘れた場合、どうすれば良いのでしょうか?
一般的には、1回の投薬忘れでフィラリア症に感染する確率はごくわずかだといわれています。
ですから、投薬忘れに気付いた時点ですぐにキウォフハートを摂取させることができるでしょう。
しかし、フィラリアの成虫が体内にいる状態でキウォフハートを投薬することは、ペットの命にかかわる場合もあります。
そのため、前回の投薬から次の投薬まで1カ月以上期間があいてしまったという場合、まず医師の判断を仰ぎ、指示に従うようにしましょう。

キウォフハートのご使用上の注意

フィラリア症予防薬のキウォフハートを投薬する際には、使用上と使用後の注意点に注意して安全に使用するようにしましょう。

キウォフハートの使用上の注意点

  • 投薬前にはフィラリアの検査を受けましょう。
  • フィラリア症を発症しているペットへの使用は控えましょう。
  • 定められた使用法と用量を守りましょう。
  • ペットの体重を正確に計測しておきましょう。
  • ペットの体重に合った製品を使用しましょう。
  • ペットの体重が45kg以上の場合には、体重1kg当たりイベルメクチン6μgを投薬できるように製品を組み合わせて与えましょう。
  • ペットの体調が良好なときに投薬するようにしましょう。
  • 離乳前の子犬への投薬は控えましょう。
  • 生後6週齢以上から使用することができます。
  • 子どもが誤飲した場合には直ちに医療機関を受診しsましょう。
  • ピペラジン系駆除薬との併用は避けましょう。

キウォフハート投薬後に副作用を発症しないためにも、ペットの体重に合わせた用量を厳守する必要があります。
キウォフハートは安全性の高いフィラリア症予防薬のため、妊娠中や授乳中のペットにも使用することができます。
ただし、高濃度のイベルメクチンをコリー犬種に投薬すると、神経症状の副作用を発症する場合があります。
通常、血液脳関門の毛細血管内皮細胞の細胞膜状にあるP糖タンパク質の働きが、イベルメクチンの脳への侵入を阻みます。
ところが、コリー犬種であるオーストラリアンシェパードやシェットランドシープドックなどの犬は、先天的にイベルメクチンの脳への侵入をブロックする機能が弱く、イベルメクチンに対して中毒性を示す可能性が高いといわれています。
キウォフハートに配合されているイベルメクチンは低濃度なため、安心して使用できるとはいえ、使用上の用量を守って投薬する必要があるでしょう。
また、キウォフハートにはフィラリア症予防薬としての効果だけではなく、犬回虫や犬鈎虫を駆除する効果もあります。
これはパモ酸ピランテルが配合されていることによりますが、同じく回虫駆除薬として使用されているピペラジン系駆除薬と併用すると、パモ酸ピランテルによる内部寄生虫駆除の効果が減弱します。
そのため、キウォフハートとピペラジン系駆除薬とを併用することは避けるようにしましょう。

キウォフハートの使用後の注意点

  • 直射日光を避け、湿気の少ない場所で保管しましょう。
  • 子どもの手の届かないところに保管しましょう。
  • おやつに混ぜて与える場合、すべて摂取したかどうかを確認しましょう。
  • 投薬後に薬剤を吐き出した場合には、もう一度投薬するようにしましょう。
  • 副作用の症状が見られた場合には速やかに獣医師に相談しましょう。
  • 毎月1回の定期的な投薬を行いましょう。

経口摂取するタイプのフィラリア症予防薬であるキウォフハートは、摂取用量をきちんと守ることで薬の効果を最大限に発揮することができます。
ですから、もしもペットが投薬後に薬剤を吐き出してしまった場合には、再度投薬を行う必要があります。
また、キウォフハートを細かくちぎっておやつやフードに混ぜて与えた場合、食べ残してしまう可能性もあるでしょう。
そのような場合には薬剤をすべて摂取するために、ペットが食べ残さないよう飼い主が確認する必要があります。
フィラリア症の発症を防ぐためには、キウォフハートを定期的に投薬することが求められます。
投薬をし忘れていた間にフィラリア症に感染する恐れがありますから、投薬が必要な期間中は毎月定期的にキウォフハートを与えるようにしましょう。

キウォフハートの副作用

キウォフハートに含まれている有効成分は人間の感染症予防にも用いられており、安全性の高い薬として知られています。
しかしながら、どんなに安全性の高い薬でも副作用は起こり得るもので、キウォフハートも例外ではありません。
キウォフハートの副作用は、下記の通りです。

  • 食欲不振
  • 下痢もしくは便秘
  • 腹痛
  • かゆみや発疹
  • 倦怠感
  • 発熱
  • 吐き気

キウォフハートに配合されているイベルメクチンがもたらす副作用として、腹痛や下痢などの消化器症状やかゆみや発疹などの皮膚症状、そして倦怠感や吐き気などの肝機能障害などが起こる可能性があります。
また、歩様異常や痙攣のほか、流涎などの副作用が見られる場合もあるようです。
これらの副作用の症状が見られた場合には、直ちに動物病院で診察を受けることをおすすめします。
キウォフハートの投薬による副作用発症のリスクを少しでも抑えたいなら、定められた用法と用量をしっかり守るようにしましょう。
主にフィラリア症の感染予防のために用いられているキウォフハートは、すでにフィラリア症に感染してしまっているペットに用いることはできません。
フィラリアの赤ちゃんであるミクロフィラリア、およびフィラリアの成虫が体内に存在しているペットの場合、キウォフハートを投薬することでショック状態に陥ったり、急性犬糸状虫症を引き起こしたりする可能性があります。
大静脈症候群と呼ばれている急性犬糸状虫症は、呼吸困難や血尿、虚脱などの激しい症状を発症してペットを死に至らせる場合もあります。
もしもキウォフハートを投薬して急性犬糸状虫症を発症したのであれば、速やかにフィラリア成虫の摘出手術を受けるようにしましょう。
一方、ミクロフィラリアが血液中に存在する状態でキウォフハートを投薬すると、大量のミクロフィラリアが死滅します。
すると、血液中に存在するミクロフィラリアの大量の死骸がアレルギー物質として体内で働き、アナフィラキシーショックを起こします。
アナフィラキシーショックが起こると皮膚や呼吸器、消化器や粘膜など全身にアレルギー症状が発生し、血圧の低下や意識障害を引き起こします。
急激な血圧の低下で意識を失うなどのショック症状は、非常に危険な状態です。
アナフィラキシーショックにより死に至ることもありますから、キウォフハートを使用する前には必ずフィラリアに感染していないかどうかを確認するようにしましょう。

ランキングから人気商品を見てみよう!

ペットくすりはお得なセールがいっぱい!