米子 で 動物病院

フィラリアはまれに人に感染することがあります。人にうつった場合、多くは無症状ですが、ペットと同じように咳や呼吸困難などの症状が見られることもあります。あなたが感染しないようにするためには、ペットがフィラリアにかからないように予防することが大切です。 フィラリアはフィラリアの薬を飲ますことで発症を防ぐことができます。あなたのペットに合う動物病院を見つけておくことが大切です。お住まいの米子でフィラリアの薬が買える動物病院が分からない場合は、個人輸入代行業者などを利用してみましょう。自宅からインターネットを通じて購入できるので便利だし、価格もお得です。あなたのペットに合うフィラリアの薬を選ぶサポートもしてくれるでしょう。

米子で動物病院をお探しの皆様はご存知かとおもいますが、夏の時期に心配されるのが犬フィラリア症の発症す。室内で飼っているから大丈夫などと考える人は少なくありません。しかし、実際には室内犬でも犬フィラリア症を発症することはありますから注意が必要です。犬フィラリア症の発症を予防するためにはお薬の投与が欠かせませんが、いつするのかという点も知っておくことが必要となります。蚊は気温が15℃以上のところであれば季節を問わず活動します。最近では地球の温暖化が進んでいるため、冬でもしばしば蚊を見かけるようになりました。そのため、冬だから大丈夫といった油断も危険となっています。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 米子で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは9年目を迎えました。長年に渡りお付き合いしているメーカーと強い繋がりがあるため、フィラリア予防薬、ノミ・ダニの駆除薬、皮膚病のお薬なども格安にご提供できるようにしております。お客様からの商品リクエストにも可能な限り対応させて頂きます!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は新薬の後に開発された後発医薬品です。新薬は10~15年ほどの歳月と数百億円以上の研究・開発費用がかかります。 ジェネリック医薬品は、安全性や有効性が確認された有効成分を使用している為、短い期間、費用も安く開発できるため、新薬に比べて安く購入することができます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

フロントラインプラスがノミ・ダニ駆除に効果的な理由は、投薬するとペットの皮膚の下の皮脂腺をフィプロニルという有効成分が流れます。その後体表や被毛に分布しノミやマダニの中枢神経にのみ強く作用するからです。

ペットを病気から守る

耳ダニ治療、耳にある傷からの感染を防いだり、かゆみを和らげるには、「トロイイヤードロップス」がご検討いただけます。抗真菌/抗寄生虫/抗菌効果があります。耳ダニ治療、かゆみの緩和に1日2回、4から8滴を耳の中に垂らし、耳の付け根から揉むようにしてお使いいただくことで効果を発揮します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品