津久見 で 動物病院

犬・猫のお薬を津久見で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。フィラリアと言えば犬猫の寄生虫で大敵です!フィラリアは春先から冬前までほぼ年中注意する必要があるペットの病気で、フィラリア予防薬で対策します。有名なフィラリア予防薬と言えばダイロハートで、世界中で有名なペットのフィラリア予防薬カルドメックのジェネリック薬にあたります。レボリューションというブランドも有名なフィラリア薬です。ちなみにフィラリア薬を購入する場合2つの方法があり、1つ目はご存じ動物病院でペット薬を処方してもらうことで、2つ目はフィラリア薬を個人輸入する方法です。ペットのお薬は個人輸入で処方箋無しで通販が認められているので、案かなジェネリックのダイロハートなどフィラリア予防薬も自宅で購入できるんです。

津久見の動物病院 を探す時、どのように探しますか?動物病院やペットショップではフィラリア対策のアドバイスを行ってます。蚊といえば「夏」のイメージがありますが、蚊が活動する温度は15~38度。最近は気温が高めなので、室内では冬でも蚊を見かけることもあります。フィラリアの薬は蚊がいる期間と、蚊を見かけなくなったその次の月まで月1回服用して、その年のフィラリアを完全に取り除いてあげることが大切です。最後に1回服用しなかったために感染してしまったというケースは少なくありません。お住まいの地域によって蚊が現れる期間が異なりますので、初めてのフィラリア対策が不安な方は動物病院で投薬期間を相談してみましょう。

大切なペットの健康の維持に欠かせない、いろいろなお薬。 元気で病気の無いペットでも、毎年のダニ対策やフィラリア予防のお薬などは欠かせません。 津久見で動物病院をお探しでしたら、ペット用のお薬の中には、市販のものも動物病院で処方を受けないと入手できないものもあります。 このようなお薬はペット用医薬品と呼ばれています。 実はペット用医薬品には、人間の医薬品と同じようにジェネリック医薬品があります。 人間の医薬品を作るメーカーがペット用の医薬品も作っている場合も多く、人間の医薬品の流通と良く似ている部分も多いのです。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットくすりでも扱っている「フロントラインプラス」の成分は、Fipronil(フィプロニル) 100g/L、S-Methoprene(S-メトプレン) 90g/Lです。首筋に垂らすだけ!簡単に投与が出来ます。ノミ・マダニ、シラミ、ハジラミ、成虫だけでなく、卵と幼虫の駆除に最適です。

ペットを病気から守る

ペットの白内障はこれまで手術で水晶体を除去し、人工の眼内レンズを入れる以外に効果的な治療方法はありませんでした。しかし、現在では(キャンC)Nアセテルカルノシン目薬Nアセテルカルノシン(NAC)という複合アミノ酸を目に投与することにより白内障の改善が見込めます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品