歌志内 で 動物病院

犬・猫のお薬を歌志内で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。フィラリアと言えば犬猫の寄生虫で大敵です!フィラリアは春先から冬前までほぼ年中注意する必要があるペットの病気で、フィラリア予防薬で対策します。有名なフィラリア予防薬と言えばダイロハートで、世界中で有名なペットのフィラリア予防薬カルドメックのジェネリック薬にあたります。レボリューションというブランドも有名なフィラリア薬です。ちなみにフィラリア薬を購入する場合2つの方法があり、1つ目はご存じ動物病院でペット薬を処方してもらうことで、2つ目はフィラリア薬を個人輸入する方法です。ペットのお薬は個人輸入で処方箋無しで通販が認められているので、案かなジェネリックのダイロハートなどフィラリア予防薬も自宅で購入できるんです。

はじめは血管の中にいた目に見えないほど小さなフィラリアの幼虫は、犬やネコの身体の中でどんどん増殖し、大きく育ってしまいます。 オス、メスのフィラリアがペットの体内でつがいになり、何匹もペットの身体の中で増えてしまうのです。 増えたフィラリアはペットの心臓や肺の側に入り込み、ペットの突然死などを引き起こします。 歌志内で動物病院をお探しでしたら、 フィラリアは、ィラリア予防薬で防ぐことができます。 このフィラリア予防薬は市販されていないため、動物病院で処方してもらう事で手に入れる事ができます。 安価なので毎月のおくすりを個人輸入で手に入れる飼い主さんもおられるようです。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、歌志内の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬で人気の「フロントラインプラス」は、毎月の投薬がとても簡単です。肩甲骨の間にお薬を垂らすだけの簡単投与でノミを予防。ノミ・ダニを駆除することはノミアレルギーを防ぐのに最も効果的です。

ペットを病気から守る

マクロライド系の抗生物質で細菌の蛋白質の合成を阻害し増殖を防ぐ場合は、ジスロマック(ファイザー)のジェネリック医薬品の「アジー100mg」がオススメです。「アジー100mg」は細菌が原因の様々な病気に用いる抗生剤です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品