桶川 で 動物病院

桶川でフィラリア薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリアとはペットの犬猫の大敵ペスト、いわゆる寄生虫です。毎年やってくるのでフィラリア予防薬をあげて守ってあげましょう。そんなペットのフィラリア薬ですが、ジェネリック薬もあるんです。ほぼ年中気を付けるペットの病気なので安価なジェネリック薬で予防するのも良いでしょう。ちなみにフィラリアの予防薬で有名なのはカルドメックでこのお薬のジェネリックがダイロハートと言います。ペットのサイズによって種類を選べます。ただしダイロハートはジェネリックで海外では有名ですが、日本ではまだ特許のため認可されてないので、動物病院では処方できず、個人輸入で通販することになります。個人輸入と言っても楽天のようなペット薬の通販ですが、お薬は海外から送料無料で億てくれるので安心です。あなたのペットに合った動物病院を見つけましょう。

桶川でペット薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?動物病院といえば、フィラリアの薬を探している方が多いですね。フィラリア症とは、フィラリア(別名:犬糸状虫)という寄生虫が原因で起こる病気です。フィラリアは蚊を媒介してうつります。フィラリアの蚊に吸血された動物にはフィラリアの幼虫が植えつけられます。フィラリア幼虫は動物の心臓めがけて移動し、さらに幼虫を生みます。それらが血液にのって全身に行き渡り、しばらく経つと血液の循環がうまく機能しなくなり様々な病気を引き起こします。 フィラリア症は、犬以外の動物でも、室内飼いの場合でもかかります。 しかしながら、きちんと投薬を続けることで予防できる病気でもあります。フィラリアの薬は蚊が飛び始めて1ヶ月後から、蚊が飛ばなくなって1ヶ月後まで、投薬します。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 桶川で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、配送の際、万が一配送中の事故などで、内容物が破損したり大きな汚れが生じた場合や、注文した商品と異なっていた場合は、 再送もしくは返金を100%保証しています!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分で作られた後発医薬品です。例えば、カルドメックのジェネリック医薬品には、「ダイロハート錠剤タイプ」があります。かわいいハート型の錠剤でバニラの香りがします。投与の際は、ドッグフード等に混ぜて食べさせると投与が簡単になります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬を探す時、みなさんはどのようにして情報を集めているでしょうか?きっと、多くの方はネットを使って費用や効果、さらにはそこの評判などを調べると思います。お薬の情報を集めておくと、やはり安心感が違うものです。

ペットを病気から守る

フィラリアの予防薬などは、ペットが病気にならないために必要なことですが、その際にも食べやすいカタチのものを選びたいと思います。おすすめなのは、おやつのように食べることができるチュアブルタイプの予防薬です。わんちゃんが薬だと認識しないタイプなので、確実に食べてくれます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品