新地町 で 動物病院

新地町で動物病院は見つかりましたか?犬や猫などペットを飼っている家庭が多い割には動物病院の数が少ないのが現実です。ペットの場合、フィラリアやノミダニなど寄生虫予防、駆除は毎年の必須事項ですので、放置すると大切なペットの健康被害につながります。特に犬、猫のペットを飼っている場合、動物病院が必要になるのはやはりフィラリアやノミダニの予防や治療ですね。フィラリアやノミダニは春先から冬前までにかけて活発になるのでフィラリア予防薬やノミダニのお薬は欠かせません。動物病院が近くにある場合は良いですが、近くにない場合は通販でお薬を購入することもできます。ペットのお薬を動物病院で購入する場合は処方箋が必要ですが、お薬の個人輸入の場合、処方箋無しでもフィラリア薬やノミダニ薬のフロントラインなどを自宅から通販できるので、毎年必要なお薬は通販なら便利ですね。

フィラリアはしっかりと薬を投与していれば発症を防げる病気です。フィラリアの薬はいろいろなタイプがありますが、口から飲むタイプと皮膚に滴下するタイプと注射剤や滴下剤タイプに大きく分けることができます。 口から飲むタイプには錠剤・粉剤・チュアブル剤などがあります。口に入れてから吐いたりせず吸収させているかなどの確認が必要ですが、長年使われている安心感や手軽さがあります。また、チュアブル剤はペットがおやつのような感覚で食べられるように製剤されており、味も美味しく抵抗なく服用してもらえるでしょう。あなたのペットにどのタイプのフィラリア薬を与えるか迷う時は新地町の動物病院を探してみると良いでしょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、新地町の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、配送の際、万が一配送中の事故などで、内容物が破損したり大きな汚れが生じた場合や、注文した商品と異なっていた場合は、 再送もしくは返金を100%保証しています!

お得なジェネリック医薬品

新薬と同じ有効成分で作られた後発医薬品をジェネリック医薬品と言います。ジェネリック医薬品は、お薬の品質、有効性、安全性などの様々な厳しい基準をクリアしたお薬です。効き目、安全性が新薬と同じだと認められたお薬のみ発売されます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除、フィラリア予防の2つが1度でできることで人気の「レボリューション」。投与もとてもかんたんで、月1回投与するだけ!フィラリア・ノミダニを同時予防できます。経口薬が苦手なペットに最適な垂らすだけのスポットオンタイプです。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品