小笠原村 で 動物病院

小笠原村で動物病院をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

小笠原村の動物病院 を探す時、どのように探しますか?動物病院で購入ができるフィラリアの薬は毎月一回飲むことになっていますが、もし飲み忘れた場合はどうすればよいでしょうか。フィラリアの薬は通常1ヵ月半くらいの効果があるので、服用日から数日遅れて飲み忘れに気がついた場合は、気がついた日に1回分を飲ませて、その後は飲ませた日から1か月ごとに飲ませればよいようです。ただし、感染してしまったペットにフィラリアの薬を飲ますと副作用が出ることがあるので、飲み忘れ期間が長い場合は獣医さんに感染してないことを確認してもらってから薬を与える方がよいでしょう。 フィラリアの薬は飲み忘れをしないのが一番です。決められた日にきっちりと投与してあげましょう。

小笠原村にある動物病院では、カルドメックというフィラリアの予防薬を取り扱っているところが多くあります。カルドメックは、動物用医薬品分野の世界におけるリーダー格的な存在であるメリアル社が販売している薬です。ちなみに、カルドメックは日本向けの商品名で、海外ではハートガードプラスという商品名で販売されています。どちらも同じ成分が含まれていて、当然ながら効能も一緒ですので、ネットショップでこれらの商品を見かけたら、安い方を購入するようにしたら良いと思います。フィラリアの予防薬を販売しているネットショップの中で信頼性が高いのはペットくすりという個人輸入代行で動物用医薬品を取り扱っているお店です。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は新薬の後に開発された後発医薬品です。新薬は10~15年ほどの歳月と数百億円以上の研究・開発費用がかかります。 ジェネリック医薬品は、安全性や有効性が確認された有効成分を使用している為、短い期間、費用も安く開発できるため、新薬に比べて安く購入することができます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

世界中にノミは約1500種類,日本国内には約80種類いるといわれています。ノミには宿主適応性があり、猫にはネコノミ、犬にはイヌノミがつくとされていました。しかし現在ではそのほとんどがネコノミであると言われています。そんなノミからペットを守ってくれるのが「フロントラインプラス」です。

ペットを病気から守る

バクテリア感染、寄生虫感染の治療には、合成抗生物質で抗原虫剤として「フラジール200mg」がご検討いただけます。犬猫のジアルジア症に処方されます。日本ではアスゾールという名称です。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品