小田原 で 動物病院

犬・猫のお薬を小田原で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。ペットのお薬は最寄りの動物病院で処方してもらう方法と、個人輸入代行ショップから通販する方法の2つがあります。フィラリア予防薬に限らずペット薬は個人輸入と言って通販ショップを介して海外から処方箋無しで購入が認められています。フィラリアは犬猫の寄生虫でほぼ年中予防薬での対策が必要です。フィラリア薬と言えばカルドメックが有名で、案かなジェネリックではダイロハートですね。動物病院では安価なジェネリック薬は処方されなため個人輸入代行サイトから通販することができます。多忙な方や近くに動物病院が無い方もフィラリア薬やノミダニ薬などのジェネリックを自宅で通販できるので便利な時代になりましたね。

小田原の動物病院をお探しの方は、どうやってフィラリアが感染が広がるかをご存知ですか。既にフィラリアに感染しているペットの血にはフィラリアの幼虫が住んでいますが、この幼虫はとても小さいので、感染したペットの血を蚊が吸うとフィラリアの幼虫も一緒に吸い込みます。このフィラリアの幼虫を吸った蚊が他のペットを刺すと、フィラリアの幼虫が皮膚から入りこむのでフィラリアが感染していきます。フィラリアは糸状の寄生虫で体内で大きく成長していき、成虫になると長さ30センチのそうめんのようになります。成虫は心臓に住み付いて赤ちゃん(ミクロフィラリア)を産み、それを蚊が吸って他のペットに感染させる「感染のサイクル」が繰り返されます。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、小田原の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは他の個人輸入代行サービスとの違いは、メーカーとの関係がとても強固なことです。ペットくすりは特定のメーカーと、5年以上に渡って取引をしているため、強い信頼関係が結ばれており、いわば独占的に取り扱える商品も数多くございます。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は後発医薬品ですが、新薬とは違い、研究にかかる期間や費用が少なくなるため、お薬の値段も安く、さらに飲みやすいように錠剤の大きさを小さくしたり、コーティングを工夫するなど、ジェネリック医薬品を選ぶメリットが有ります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ペットの状態をしっかりと把握しておくことは大切なポイントの1つですね。特に暑くなってくる時期はノミ・ダニ・マダニの要注意時期です。フロントラインプラスはスポットオンタイプでノミ・ダニ駆除、繁殖を防ぐことができるオススメのお薬です。

ペットを病気から守る

急性嘔吐の予防、乗り物酔いによる嘔吐の予防には、「セレニア160mg」というお薬があります。セレニアは急性嘔吐の抑制および予防、乗り物酔いによる嘔吐の予防に効果を発揮します。胃腸疾患、腎機能障害、膵臓疾患(膵炎)、肝臓疾患(肝機能障害)による嘔吐、抗ガン剤の副作用による嘔吐に。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品