小清水町 で 動物病院

犬・猫のお薬を小清水町で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。フィラリアと言えば犬猫の寄生虫で大敵です!フィラリアは春先から冬前までほぼ年中注意する必要があるペットの病気で、フィラリア予防薬で対策します。有名なフィラリア予防薬と言えばダイロハートで、世界中で有名なペットのフィラリア予防薬カルドメックのジェネリック薬にあたります。レボリューションというブランドも有名なフィラリア薬です。ちなみにフィラリア薬を購入する場合2つの方法があり、1つ目はご存じ動物病院でペット薬を処方してもらうことで、2つ目はフィラリア薬を個人輸入する方法です。ペットのお薬は個人輸入で処方箋無しで通販が認められているので、案かなジェネリックのダイロハートなどフィラリア予防薬も自宅で購入できるんです。

動物病院で処方されるフィラリア予防薬では「カルドメック」が有名ですね。 またペットがノミやマダニに苦しむ事が無いように使う、ダニ駆除剤では「フロントライン」が有名ではないかと思います。 どちらもペットに欠かす事が出来ないお薬ですが、このダニ駆除とフィラリア予防の両方の効果を持つペット医薬品もあります。 小清水町で動物病院をお探しでしたら、このような複数の効果の薬が1つで済むペット医薬品もいかがでしょうか。 このような複数の効果を持つ医薬品には特別な利点もあります。 皮膚の弱いペットのノミ・ダニ対策が内服の薬で出来る場合や、 反対に内服のくすりをなかなか食べてくれないペットに塗布でフィラリア予防が出来ることもあるのです。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 小清水町で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりは運営歴9年。今では同様のサービスも多く参入してきていますが、この業界では一番始めにサービスを開始したということもあり、おかげさまで会員数は10万人を突破しました。どんなことでもお答えさせて頂きます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お得なジェネリック医薬品

ペットくすりでは、FDAまたはWHO cGPMの承認商品をご紹介させていただいております。FDAとは、United States Food and Drug Administrationの略で、食品医薬品局です。 WHO cGPMとは、WHO Good Manufacturing Practiceの略で、WHOによる医薬品の製造と品質管理に関する国際基準のことです。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

フロントラインプラスは、投薬後24時間でノミの成虫を駆除、マダニも48時間で駆除できます。毎月1回、肩甲骨の間にお薬を垂らすだけの簡単投与。ノミの卵の孵化、発育までブロック!ノミ・マダニ駆除にオススメです。

ペットを病気から守る

バクテリア感染、寄生虫感染の治療には、合成抗生物質で抗原虫剤として「フラジール200mg」がご検討いただけます。犬猫のジアルジア症に処方されます。日本ではアスゾールという名称です。ジアルジア症とは鞭毛虫綱に属し、腸管系に寄生する原虫です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品