小城 で 動物病院

小城で動物病院を探している場合、通販や個人輸入を考えてみるのも良いかもしれません。通販や個人輸入を利用することのメリットは、動物病院にわざわざ行かずにフィラリアの予防薬を手に入れることができるという点です。仕事などで忙しく、ペットを動物病院につれていく時間がなかなかないと感じている方にとっては便利なサービスといえるでしょう。通販や個人輸入で販売されているペット用の薬は、動物病院で処方されている予防薬と変わらないものですので安心して使うことができます。フィラリアの予防薬には、ドッグフードに混ぜるタイプや、スポットオンタイプのものなどがありますので、ペットに合わせてタイプを選ぶこともできます。

小城で動物病院をお探しですか?フィラリアとは別名を犬糸状虫といい、蚊が媒介する寄生虫です。フィラリアにかかっている動物の血を吸ったフイラリア蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内に入り込んで刺された動物がフィラリアに感染してしまいます。 フィラリアは心肺機能を低下させ、場合によっては死に陥る恐ろしい病気ですが、予防薬によって防ぐことができます。 フィラリアの薬を投与するためには、採血によってフィラリアに感染していないかをまず調べます。感染していなければ月に1度、薬を投与していきます。薬といってもおやつのようになっているのでペットも好んで食べます。薬を与える時期は地域によって異なりますが、基本は5~12月の間です。獣医の指示に従って正しく処方しましょう。

小城で動物病院をお探しでしたら、フィラリアの予防薬を使用する前に気を付けなければいけない事もあります。 フィラリアの予防薬はフィラリアにまだ感染していないペットだけが使用する事ができるのです。 そのために始めてフィラリアの予防薬を服用するペットは、フィラリアに感染していないかどうかを検査しなくてはいけません。 これはフィラリアに感染しているペットがフィラリア予防薬を使用する事で、急激に体内のフィラリアが死滅しその死骸で重いアレルギーがおこってしまう事があるからです。 これはペット達には命に関わることです。 また、フィラリアの内服予防薬は1ヵ月おきに一定の期間服用を続けなければいけません。 もし服用し忘れてしまった月があれば、同じ年に服用した今までの薬の効果が無駄になってしまうので、できるだけ早く獣医に相談する必要があります。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりはお陰様で今年で9年目を迎えました。日頃からご利用いただいているお客様、新しくいらっしゃるお客様に気持よくお買物していただけるよう、日々努めております。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミはペスト、パスツレラ症、猫引っかき病など多くの疾病を媒介したり、ノミアレルギー性皮膚炎を引き起こします。ノミの被害を受けないためには早期発見と早めの駆除が必要です。フロントラインプラスは動物用ノミマダニ駆除のペット医薬品としては世界一の知名度です。

ペットを病気から守る

加齢が原因で目の水晶体の酸化が進んで、白濁していき、最悪の場合失明するという病気、白内障には「キャンC」、「シーナック」がご検討頂けます。キャンCは眼球の水溶液に直接入り込み、強力な酸化防止剤として働き、白内障を治療します。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品