宮津 で 動物病院

宮津で動物病院をお探しですか?ペット薬が必要になるケースのトップ2は、ペットの寄生虫フィラリアとノミダニの対策薬のようです。いずれのペット薬も毎年必要で、特にフィラリア、ノミダニが活発になる時期は春先から冬前までの季節です。動物病院が近くある場合は病院でペット薬を処方してもらえますが、最寄りの動物病院がない場合に便利なのがペット薬の個人輸入です。実は人間のお薬も個人輸入で海外から通販できるんです。個人輸入と言っても日本語サイトでペット薬を通販するだけですし、お薬の個人輸入の場合は処方箋が不要なんです。フィラリアや薬のハートガード、ダイロ―ハートなどのペット薬も個人輸入で自宅から通販できるので便利ですね。

犬・猫のお薬を宮津で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。「ペットくすり」は、数多くのペット用のお薬・ケアグッズなどを取り扱うインターネットショップです。中でも注目なのは後発医薬品のジェネリックが豊富に揃っていることです。もちろん正規品もありますので、飼い主さんは幅広い選択肢の中からお買い物することができます。 ジェネリック医薬品は正規品に比べるととても格安です。ペットの薬は保険がきかないので、少しでも安く買えると嬉しいですね。サイトには成分表記も記載されているので初めてのジェネリックでも安心して買うことができます。人気商品の中には生産待ちのものもあるので、早めに注文しておくようにしましょう。 定期的に獣医の診察を受けながら、上手にお薬と付き合っていきたいですね。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 宮津で動物病院を探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりのご利用者の70%が女性、30%が男性となっております。 ペットに対しての健康管理意識も高まり、毎年新規のお客様も多いのですが、半分以上のお客様がリピーターとして再購入してくださってます。 いつもありがとうございます!

お得なジェネリック医薬品

最近では当たり前になっている「ジェネリック医薬品」。人間の薬だけでなく、動物ようのジェネリック医薬品もあります。後発医薬品といい、先発医薬品と同じ成分、同じ効果があり、そして先発医薬品より安価で手に入る所も魅力です。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除、フィラリア予防の2つが1度でできることで人気の「レボリューション」。投与もとてもかんたんで、月1回投与するだけ!フィラリア・ノミダニを同時予防できます。経口薬が苦手なペットに最適な垂らすだけのスポットオンタイプです。

ペットを病気から守る

犬に寄生する犬回虫を駆除するには、「ドロンタールプラス」というお薬があります。犬回虫の管理のために、出産後2週間から離乳期まで2週間ごとに雌親に使用します。子犬に対しては、2週令から2週間ごとに12週令まで使用し、その後、3ヶ月のインターバルをおいて、治療をします。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品