坂城町 で 動物病院

犬・猫のお薬を坂城町で探す場合、インターネットで動物病院の情報を探すと思います。フィラリアと言えば犬猫の寄生虫で大敵です!フィラリアは春先から冬前までほぼ年中注意する必要があるペットの病気で、フィラリア予防薬で対策します。有名なフィラリア予防薬と言えばダイロハートで、世界中で有名なペットのフィラリア予防薬カルドメックのジェネリック薬にあたります。レボリューションというブランドも有名なフィラリア薬です。ちなみにフィラリア薬を購入する場合2つの方法があり、1つ目はご存じ動物病院でペット薬を処方してもらうことで、2つ目はフィラリア薬を個人輸入する方法です。ペットのお薬は個人輸入で処方箋無しで通販が認められているので、案かなジェネリックのダイロハートなどフィラリア予防薬も自宅で購入できるんです。

坂城町の動物病院 を探す時、どのように探しますか?動物病院で購入ができるフィラリアの薬は毎月一回飲むことになっていますが、もし飲み忘れた場合はどうすればよいでしょうか。フィラリアの薬は通常1ヵ月半くらいの効果があるので、服用日から数日遅れて飲み忘れに気がついた場合は、気がついた日に1回分を飲ませて、その後は飲ませた日から1か月ごとに飲ませればよいようです。ただし、感染してしまったペットにフィラリアの薬を飲ますと副作用が出ることがあるので、飲み忘れ期間が長い場合は獣医さんに感染してないことを確認してもらってから薬を与える方がよいでしょう。 フィラリアの薬は飲み忘れをしないのが一番です。決められた日にきっちりと投与してあげましょう。

蚊が発生する4~11月の間は、ペットにはフィラリアの予防薬をあげる事を忘れない事が大切です。 フィラリアの予防薬は1ヵ月ごとにペットに飲ませるようになっています。 また蚊が飛び始めてから1ヵ月後にその年の最初のフィラリア予防薬をあげ、蚊が飛ばなくなって1ヵ月後がその年の最後のフィラリア予防薬をあげる時期になります。 そのため平均的な日本の気候では、蚊の出る4月~10月に合わせて5月~11月までフィラリアの薬をあげる場合が多くなっています。 1ヵ月ごとですから、坂城町の場合は5月、7月、9月、11月がペットがフィラリアの薬を飲まなくてはいけない月になるのです。 動物病院を忘れないように、早めに準備をしておきましょう。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりではジェネリック医薬品が人気です。(先発ブランド医薬品)の特許期間が切れた後に製造される医薬品です。ブランド医薬品と全く同じ成分で作られているので効果も同じです。日本でのジェネリック薬の使用率は、15%程度ですが、アメリカやイギリスなど欧米諸国では、使用されている医薬品の実に6割以上が ジェネリック医薬品となっております。

お得なジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品です。新薬よりも安価に、個人輸入ができます。当店でご紹介させていただいているジェネリック商品はFDAまたはWHO cGPMの承認商品です、安心してご利用いただけます。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミ・ダニ駆除薬として人気がある「フロントラインプラス」ご使用方法はとても簡単です。毎月1回。一ヶ月以上間隔があいてしまった場合にはその時点から再度月一回ご使用ください。また、フィラリア予防の効果のある「レボリューション」もオススメです。

ペットを病気から守る

ペットの白内障はこれまで手術で水晶体を除去し、人工の眼内レンズを入れる以外に効果的な治療方法はありませんでした。しかし、現在では(キャンC)Nアセテルカルノシン目薬Nアセテルカルノシン(NAC)という複合アミノ酸を目に投与することにより白内障の改善が見込めます。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品