南あわじ で 動物病院

南あわじで動物病院をお探しですか?特に多いのが犬、猫のフィラリア予防やノミダニに駆除ですね。通常の動物病院ではこれら寄生虫の予防・治療は一般的ですので最寄りの動物病院でフィラリアの予防薬やノミダニの治療薬を処方してもらえます。ただし、お住まいの場所によっては動物病院が近くになくてペットの症状の診断やお薬の処方ができないと言う方も多いのではないでしょうか。近くに動物病院が見つからない場合は、ペットのお薬を個人輸入で通販することもできます。 特に春先から秋あたりはフィラリアやノミダニなど寄生虫が繁殖する季節のため、フィラリア予防薬やノミダニ駆除薬などを通販して自宅に常備しておくと安心ですね。

南あわじで動物病院をお探しの皆様はご存知かとおもいますが、夏の時期に心配されるのが犬フィラリア症の発症す。室内で飼っているから大丈夫などと考える人は少なくありません。しかし、実際には室内犬でも犬フィラリア症を発症することはありますから注意が必要です。犬フィラリア症の発症を予防するためにはお薬の投与が欠かせませんが、いつするのかという点も知っておくことが必要となります。蚊は気温が15℃以上のところであれば季節を問わず活動します。最近では地球の温暖化が進んでいるため、冬でもしばしば蚊を見かけるようになりました。そのため、冬だから大丈夫といった油断も危険となっています。

フィラリアはウィルスや菌ではなく、寄生虫です。 幼虫の段階ではとても小さく、血液の中に棲息しています。成長するとペットの体内で血流にのって心臓の周囲に移動します。 そこでたくさんの幼虫を生んで増殖します。 心臓で増殖したフィラリアは感染したペットの心臓や肺に致命的な病気を引き起こし、大切なペットの突然死などを引き起こします。 フィラリアに感染した動物が蚊に刺されると、フィラリアの幼虫は蚊の体内に移動します。 体内にフィラリアのいる蚊が、感染していないペットの血を吸うとペットの体内にフィラリアの幼虫が入り感染してしまうのです。 そのため蚊の出るシーズンの間は、幼虫が増殖する前に寄生虫を駆除する薬を定期的にペットにあげる必要があるのです。 南あわじで動物病院を探した後は、フィラリア対策も忘れないでくださいね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりでは、フィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除薬など、様々な商品を取り扱っております。品質・安全性はもちろん日本の動物病院で提供されているものと全く同じものですが、価格は3分の1〜5分の1でございます。

お得なジェネリック医薬品

動物用医薬品、海外ではペット用として様々な種類の動物用ジェネリック医薬品も使われています。 ジェネリック医薬品ですから有効成分はメジャー医薬品と同じもので、メジャー医薬品よりも安価です。 中にはメジャー医薬品を製造するメーカーの子会社が製造している、ほぼ同じ内容の医薬品がある場合もあります。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

フロントラインプラスは投薬後24時間でノミの成虫を駆除します。マダニも48時間で駆除できます。妊娠中のペットや授乳期の母犬・猫、生後8週齢からの子犬や子猫への投与試験において安全性が確認されています。入浴や泳いだ後も効果は持続します。

ペットを病気から守る

犬アトピー性皮膚炎、激しい乾癬が気になる場合は、「アトピカ」をご検討いただけます。通常4週間以内くらいはアトピカを毎日一度、または1日おきに使用してください。アトピーの兆候が軽減されてきた場合には、3~4日間毎に与えるようにしてもいいでしょう。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品