刈羽村 で 動物病院

刈羽村でフィラリア薬を処方してくれる動物病院をお探しですか?フィラリアとはペットの犬猫の大敵ペスト、いわゆる寄生虫です。毎年やってくるのでフィラリア予防薬をあげて守ってあげましょう。そんなペットのフィラリア薬ですが、ジェネリック薬もあるんです。ほぼ年中気を付けるペットの病気なので安価なジェネリック薬で予防するのも良いでしょう。ちなみにフィラリアの予防薬で有名なのはカルドメックでこのお薬のジェネリックがダイロハートと言います。ペットのサイズによって種類を選べます。ただしダイロハートはジェネリックで海外では有名ですが、日本ではまだ特許のため認可されてないので、動物病院では処方できず、個人輸入で通販することになります。個人輸入と言っても楽天のようなペット薬の通販ですが、お薬は海外から送料無料で億てくれるので安心です。あなたのペットに合った動物病院を見つけましょう。

刈羽村の動物病院を探す時、どのように探しますか?動物病院ではフィラリアの薬が購入できますが、フィラリアの薬を1か月に1回服用するには理由があります。フィラリアを予防するには蚊にさされないのが一番ですが、それは難しいのはお分かりでしょう。フィラリアの薬はフィラリアが大きくなって成虫になってしまうと十分な効果がありません。フィラリアの幼虫は50日~70日で脱皮して大きくなるので、毎月服用しておけば例え蚊にさされて感染しても、大きくなるまでに駆除ができます。 一方、フィラリアに感染しているのに気がつかずに予防薬を与えると、ショック症状が起きたり、薬の作用で死んだフィラリアが血管に詰まって突然死につながることもあるようです。

フィラリア予防薬として国内の動物病院でよく処方されている「カルドメック」は メリアル社という米国の動物用医薬品メーカーが製造していますが、海外では「ハートガード」という名前で販売されています。 成分の内容は「カルドメック」と変わりません。 「カルドメック」の有効成分はイベルメクチンとピランテルですが、海外では同じ成分を含むジェネリック医薬品である「ダイロハート」も予防薬として用いられています。 このようなフィラリア予防薬は日本国内では要指示医薬品という分類であり、動物病院に行って処方してもらう必要があります。 このような特別なペット医薬品は個人輸入によって手に入れる事もできます。 刈羽村で動物病院をお探しでしたら個人輸入もいいかもしれませんね。

業界No.1!ペットくすり

ペットくすりで取り扱っている商品は、ワンちゃん用のものが多いですが、ネコちゃん用もありますよ!個人的に今後はネコ用商品もドンドン取り扱って行きたいと思います★ご希望の商品がありましたら、是非お問合せください。取り扱えるかどうか確認いたします。

お得なジェネリック医薬品

人間も病院に行くと、ジェネリック医薬品にするかどうか患者が選べるのと同じように、動物にもペット用のジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、先発医薬品と同等の成分、同等の効果であるものとして製造販売が承認されたお薬のことを言います。

オススメのノミ・ダニ駆除薬

ノミは犬・猫の身体の表面で卵から孵化し繁殖します。各世代で成虫はたった5%の割合で、残りは卵・幼虫・サナギの世代であり、ノミの成虫予備軍は19倍存在することになります。屋内では卵、幼虫、サナギの掃除機による吸引、ペットの寝床の洗浄などを完全にコントロールできるまで定期的に繰り返し、ペットには定期的な駆除剤の投与を行います。

ペットを病気から守る

耳を非常に痒がり、しきりに掻いたり、頭を激しく振ったりしたら、耳ダニかもしれません。耳の中を見ると、黒い耳垢(ワックス状で臭いがキツイ)が沢山たまっているのが特徴です。これを放置しておくと、外耳炎や、耳の周囲にまで拡大するので早めの対策が必要です。


お客様の声

多くのお客様から好評価をいただいております!
おすすめ商品